スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game058 NYY@BOS [ L 7 - 0 ]

2009年06月10日 20:42

June 9, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 0 0 0  021
Boston
0 4 1 1 0 0 1 0 X  790

完膚無きまでの完敗で今季対BOS戦は6戦6敗。
それプラス58ゲーム目にして今季初の完封負けのおまけまで戴いたNYY。

勝てる気がしないとは言わないまでも今日の様なゲームを見ると多少の善からぬ邪推は抱かずにはいられない。
しかしこんな情けないゲームでも敗因がはっきりとしているのは唯一の救い。
あえてここでは「相性」という言葉はそっと胸にしまって早速、その敗因の一つから。

先発のA.Jバーネットはシーズンワーストの3回を投げ切れず5失点で降板。
どの球種も不安定で数字通りの今季で最も悪いといってもよい内容。

A.Jバーネット:2回2/3 84球 被安打5 奪三振1 与四球5 失点5 自責点3  3敗目( 4勝 )

終始制球に苦しみ全打者18人対し3ボールになるカウントが9人。
それ故に四球になる確率は上がり( 四球数5 ) → ストレートが多くなり(65球) → ソレを狙われるというよくあるパターン。

柔軟性のないポサダのリードにも責任はあるとはいえ、フィギィア化していたオルティズに
HRを打たれる辺りはバーネットの今後が多少の気懸り。
特に靴下破りがお得意だった彼だけに・・・。( 対BOS戦キャリア5戦5勝→今季は2戦白星なしのERA12.91 )

一方、ベケットの前に今季初の完封負け喫したNYY打陣とは対照的に
やはりこのゲームでも感じたのは印象通りの勝負強いBOS打陣。[ BOS:2死からの得点圏打率.289 ]
これにおいては数字以上に明晰な事は言えないがチームの対戦成績の相性とやらよりもこの数字のほうが遥かに不気味で恐い数字である事を再確認した。


再確認繋がりで言うと18戦連続無失策レコードが途絶えたその日から
今日まで7戦連続の失策をマークしているNYY。幸運にもその失策が致命傷となった
ゲームがないのは救いというだけで何れもその可能性がないとは言いきれないのが失策というモノ。
その内容も凡ミス多いだけにある種メンタルエラーだと思われても仕方がない。
因みに意地悪な事を言うと記録が途絶えたのは彼の手によるもの。( これは相当意地悪いのは自覚しております。)


次戦はナックルボーラー×シンカ―ボーラーのマッチアップ。



「余録」

NBAファイナルGame 3 レイカーズ×マジック [ 104 - 108 ]
Game3を勝利しチーム創設以来ファイナルでの初勝利をおさめたマジック。

マジック : FG 40/64 FG% .645 ( ファイナルハイレコード )

レギュラーシーズンでやってきた事をやっと発揮出来、レコードのオマケまで付いてきたマジックですが、
その一方でそれでも相手に一方的なペースを譲らないレイカーズの経験値は
むしろ両チームの力関係をはっきりと露呈した様な気がします。

今日のコービーのFTが 5/10 ( 今季FT85.6% ) この辺りのあり得ない事が引き金にならない限りは
マジックは苦しむのではないかというのがこの3戦での印象です。

とは言いつつも断然マジックサイドの私ですが・・・。

スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。