スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Athletics : A Look Back at 2010-11

2011年09月30日 16:59

2011年のアスレチックスを「4つの誤算」と共に振り返ってみた。


▼誤算① トリオの不発
77c4ad9bbe33a5582310e1310fcba2c3-getty-121152137.jpg

オフには最大の課題だった得点力不足を補う為、地味なメンツながらも新トリオ(デヘスース⇒松井秀喜⇒ウィリングハム)を獲得して挑んだシーズンだったがそのうちの2人が完全に不発。松井ファン、そして当然本人にとっても去年同様に不本意なシーズンとなってしまった。

デヘスースは持ち前のシュアな打撃は鳴りを潜め、終って見ればキャリアワーストの打率を含む低調な成績。その不振の影響か守備ではまさかのエラー(凡ミス)も目に付いた。
松井秀喜の前半戦は解雇話が囁かれるほど不振を極めたが、メルビン就任後一変。出場(守備)機会と共に安打数も増え、得意とする夏にはまさにゴジラが火を吹く活躍を見せるもシーズン終盤にはまたも失速。 本人が口癖のように言っていた「ちょっとしたズレ」を修復する時間が例年以上に長い1年だった。松井の同地区チームとの対戦成績もチームにとっては大きなマイナスで、打線を牽引する勝負強い男とは程遠い内容でメジャー9年目のシーズンをキャリアワーストの成績で静かに終えた。

因みに今季のチーム本塁打数と得点は低迷している過去5年と比較しても4番目に低い数字。全てが主軸のせいとは言い難いが、やはり松井の長打不足とデヘスースの勝負弱さは大きくこの結果に響いたと思う。

※ESPN: Hideki Matsui Stats
※松井 vs (TEX/LAA) 打率(.173/.196) 打点(7/5) HR(2/0) 長打率(.327/.250) OPS(.569/.531)
※チームHR数: 115 得点: 647
※松井のOPS.696 デヘスースの得点圏打率.218

▼誤算② 先発ローテ崩壊

ご自慢だった先発ローテもシーズン序盤に3名(ブレイデン⇒マカーシー⇒アンダーソン)が故障で戦線離脱と予期せぬ緊急事態に手を焼いた前半戦。ロスやアウトマン、ゴドフリィーなどの即席ローテでやりくりするも戦力ダウンは否めず、低調な打線にも足を引っ張られチームの不振はさらに続いた。
後半戦は復帰したマカーシーやモスコーソの踏ん張りでなんとか形にはなったものの、肝心の2本柱(ケーヒル&ジオ)がスランプ突入。特にケーヒルは軸となるシンカーが安定せず、制球を意識しすぎてか球速は平均約1マイル半も減速した。その後はチェンジアップやカーブを多投するも本来の投球とはいかず、ケーヒルはエースとして挑んだ2年目のシーズンを前年を大きく下回る成績で終えた。

シーズン後半のチーム防御率は大幅に悪化したが、打線の復調でチーム勝率は5割をキープ。2本柱のスランプとリリーフ陣の怪我さえなければもう少し上位を狙えた見応えのある後半戦だったかもしれない。

※ESPN: Oakland Athletics Pitching Stats - 2011
※T.ケーヒルのオールスター前後の成績 (前/後) 防御率(3.12/5.86) 被安打率(.240/.309)
※A'sのオールスター前後の成績 (前/後) 打率(.233/.258) HR(50/64) 防御率(3.23/4.48)

▼誤算③ 拙守

堅いとされていた守備面も開幕戦からいきなりの5失策。守りを支える役となるはずだったクーズマノフとバートンは乱守と打撃不振でシーズン中盤にはラインナップから名前が消える始末。ペニントンも好守と凡ミスが交差する不安定な守備がシーズンを通して続いた。

今季1点差で敗れたゲーム数を見ても分かるように、僅差で競り勝つ事が義務付けられるようなチームにとっては拙守が招いた損失は言うまでもなく大きかった。アスレチックスはその後も改善なくリーグワーストの失策数でシーズンを終了。

※A'sの失策数124
※1点差で敗れたゲーム25回 (サヨナラ負け10回) 

▼誤算④ 代役の台頭
11f64e171e28fe991f06b679b1bf3a4f-getty-120182226.jpg

主力が怪我で離脱する一方でウィークスやモスコーソという素質ある選手がここぞとばかりに活躍した。投手では勝ち星には恵まれなかったが投げっぷりのよい勢いのあるストレートで好投を見せたモスコーソ。ルーキーで言えばまだ荒削りながらも球種改善で一変の気配もあるデロスサントスも面白い存在だった。
なかでもウィークスは度重なる怪我でメジャーデビューが遅れたもののシーズン中盤からエリスの存在を忘れるほどの躍動感でレギュラーに定着。100試合に満たない出場数ながら2塁打26本、3塁打8本と非力タイプでありながらも持ち前のミート力と俊足で長打も期待できるナンバ走りのリードオフマンは来季のアスレチックスの打線を牽引する楽しみな存在だろう。

※ESPN: Jemile Weeks Stats
※ESPN: Guillermo Moscoso Stats (AVG.212)


余録: 松井の打撃考察に関してはまた気が向いたら別のエントリーで書く予定です。


▼External Link
Baseball-Reference.com: Oakland Athletics Team History & Encyclopedia

▼External Link 2
Twitter: 裏432ka1(ura432ka1)on Twitter
Baseball Blog: MLB×BLOG

スポンサーサイト

Athletics : Game009 @ MIN W5-3

2011年04月11日 20:26

▼Athletics 5 @ Twins 3 (April 11, 2011) Wrap >>>

A's 今季初の勝ち越し

▼B.マカーシー: 2試合 (15.1IP) 四球 1 ゴロアウト数 22 フライアウト数 4

不安視されていたマカーシーが予想に反し、内容のある好投を続けている。前登板時は味方の失策と救援失敗で勝ち星を逃したが、先発としては十分に役割を果たした内容だった。今季初勝利となったこの日も低めを意識した丁寧なピッチングで安定感のある制球力を披露(無四球)。ビデオを見てもらえれば分かる様に、長身から投げ下ろされるスライダーのキレがとにかく抜群。今季初のスタメンマスクとなったパウエルのリードもコーナーを上手く使った配球が印象的だった。個人的にはゴロレートの安定(維持)が彼の好不調のポイントなのではないかと思っている。

※マカーシーは09年9/8以来となる勝利
※2試合: 被安打数17 被安打率.288

▼4番 松井秀喜 今季第1号HR
G009.jpg

ここ最近の松井の状態を見ても、当分ホームランは出ないと思っていた。右ひじ(脇)が開き、ヘッドが下がる。バットの軌道は波を打ち、インパクトの瞬間はバットがボールを下から迎えにいく、不振時によく見る光景が続いた。甘い絶好球も捕えられなかった事も多かった。これでは長打はおろか強く伸びのある打球は期待できない。そんな最中の第1号…意表を突かれた松井ファンも少なくないと思う。その内容はヘッドを利かせたどちらかというとコンパクトなスイング。それでも飛距離は121M(推定)と申し分ない。ただ、その後の4.5打席目(5打席目は記録ナシ)のスイング(振り遅れ)を見ても、それほど何が変わった様には思えなかった。

ここまでのゲームを見ても、先発は予想以上に優秀なのが分かる。あとは打線が奮起するのみ。意表を突かれようがなんだろうが主役(松井)のバットが勝敗に与える影響はかなり大きい。

※松井秀喜: ターゲットフィールドでのHRはキャリア初。
※9試合: チーム打率.233(9) 得点数 29(11) 先発陣の防御率 2.47(1)  ( )はA.Lランク

▼Up Next for Athletics (4/12 @ CWS)
明日はブレイデン×バーリーの完全試合達成者同士のマッチアップ。相手先発が左腕という事もあり、ゲレンはジャクソン&ラローシュの起用を示唆。松井秀喜の出場が気になるところ。

▼Video
Recap: OAK 5, MIN 3
McCarthy's strong start
Matsui's solo home run
Willingham's solo home run

▼松井秀喜
nikkansports.com: 松井とびきりの笑顔で「いい打球だった」
Sponichi Annex: 松井 繰り上がり 初の4番で1号「ラッキーだった」
Sportsnavi: (4/11 @ MIN) 松井秀喜 全打席詳細

▼External Link
Twitter: 裏432ka1(ura432ka1)on Twitter
Baseball Blog: MLB×BLOG

Athletics : Godzilla came ashore in A's

2010年12月15日 21:53

sp-as15_PH2_0502704973.jpg

松井秀喜のアスレチックス入りが決定した。これで来季もアメリカで野球をする彼が見れる。それだけで勿論ファンにとっては嬉しいのだが、そこは松井ファン、フォア・ザ・チームを信条とする彼を応援するからには松井だけではなくチームの現状を把握し、チームそのものを応援する必要がある。言ってみればお互いに不本意な形ではあるが松井からの宿題みたいなものかな…という訳で僭越ながら、OAKファン1週間目の青二才が来季におけるアスレチックスの気になる部分を簡単にまとめてみた。宿題の参考にして頂ければと思う。

▼OAK: HR 109(13) 長打率 .378(12) 得点 663(11) 得点圏打率 .241(13) ※( )はA.Lでのランク

ご覧の通り、打撃面はリーグ屈指の貧打線。そこを補う為に松井に白羽の矢が立った訳だが、正直に言えば松井の力だけでは劇的な変化は望めないだろう。新加入組のデヘスス&松井で勝負強さ(得点圏での一打)や長打力の面での上積みは出来そうだが、やはりデービスの移籍で50盗塁の走力がなくなるのは大きな割引き要素。「HR<適時打」というのは覆る事のない比率な訳だから、単純に考えても得点の要となっていたその足を失う事による損失は大きい。
松井に関して言うならば、不振時に頻発する三塁側へのスタンドに入っていたファールも本拠地のパークファクターを考えれば来季からはそのあたりも少し厳しくなるだろう。

※oaklandathletics.com: Hitting Stats, 2010
※得点圏打率(2010/08~10) デヘスス(.287/.340) 松井秀喜(.287/305) スウィーニー(.298/.291)
※盗塁(チーム全体/デービス)(156/50)

▼OAK: 防御率 .356(1) 先発 3.47(1) リリーフ 3.83(7)

一方の投手陣は、30代不在という若手の成長著しい先発ローテを筆頭に、タレントは少ないながらもクローザーのベイリーをはじめとした左右バランスの取れたブルペン陣と、投手力には自信の持てる布陣が揃ろっている。
課題を挙げるなら先発5番手とワ―ツの復調で、前者は今のところ先日獲得したばかりのマッカーシーと獲得の噂のある元OAKのハーデンが候補に挙がっているが、どちらも故障明けの状態。特に後者なら故障個所が再発を繰り返してる利き腕のヒジだけにその不安要素は少なくない。ワ―ツに関しても昨季は09年の反動があるとはいえ、肩腱炎で出遅れ、そのまま不本意な成績でシーズンを終えた。問題の球速(ストレート)が復調の鍵になってくるだろう。

※oaklandathletics.com: Pitching Stats, 2010
※FanGraphs: Michael Wuertz - Pitch Type  ストレートの平均速度(09/10)(91.0/89.6)

▼Vision for the 2011

松井: 「いかに点を取るか」 まさに来季はこの一言に尽きる。来年の紅葉時期には新緑達がが勢いよく声をあげていますように。

西地区の勢力図などについてはまた次の機会に。


< External Link 1 >
MLB DepthChart.com: Oakland Athletics 2011 (来季の予想ラインナップ)
スポーツ報知: 松井に聞く…熱心に誘ってくれた

< External Link 2 >
Twitter: 裏432ka1(ura432ka1)on Twitter
Baseball Blog: MLB×BLOG

Angels : Game102 vs BOS L6-3

2010年07月27日 20:36

▼7/27 Game102 : BOS 6 @ LAA 3    Wrap >>>


▼ダン・ヘイレン: 4.2IP 被安打 7 失点 2 奪三振 8 HR 1 負け投手 (W7-L9) ※長打×3

やはり気になったのは今季の被安打率と長打の多さ。もともとフライレートが高い投手ではあるが、今日も打たれた7本の安打のうちHRを含む3本が長打とまさにデータ通りの展開になってしまった。現地の記事によれば昨年あたりから1mph程ストレートの球速が落ちたとあったが、今日の内容はその球威というよりも制球の問題。勝ち越しHR打ったオルティスの内容はさて置き、そこは流石、リーグ1番の長打力を誇るBOS打線。いくら最近は打線低調とはいえ簡単には失投を見逃してはくれなかった。

ゲームは5回表、2死からユーキリスの打球がヘイレンの右前腕部に直撃しそのまま負傷降板。その日にX線等の検査はせずに明日改めて検査する予定。今のところはっきりしている事は″打撲″という事しかわかっていない。

※ESPN : STATS / Dan Haren #15
※Video : Haren's injury (7/27 BOS@LAA)

※以下のスタッツは前回登板終了時点での数字
奪三振数 今季(141) ←リーグ2位 三振率(今季/通算/MLB平均値)(23%/20%/17%)
被安打率 (今季/通算/MLB平均値) (.285/.254/.265)
長打率 今季(.471) 被本塁打数 今季(24) ←リーグ2番目で多い 得点圏被安打率 今季(.301)

▼Cause of Defeat

・2回裏: 無死満塁⇒内野フライ×2+外野フライ×1=無得点

・9回表: 1点ビハインドの展開で今日がメジャーデビューとなるコーンへ継投

今日の敗因は上記の通り。いつもならダラダラとここで理屈をこねるのがこのブログのお決まりだが、今日の内容はとてもそんな気にもなれない。特にに8.9回の継投に関しては″ないモノねだり″は禁物だとは理解していながらも、これほど左のワンポイントを渇望した事はなかった。

※vs左 (打率/出塁率/長打率) オルティス(.186/.259/.268 )ドリュー(.172/.257/.242)

< External Link >
Video : Matsui's reviewed homer (7/27 BOS@LAA)
Video : Recap: BOS 6, LAA 3 (7/27 BOS@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Weekly Report (July 8, 2010)

2010年07月09日 20:01

▼7月の得点数 : 2○→1X→2X→11○→2X→1X→2X→0X (7/1~8) ※○=勝ち X=負け

打撃好調だったチームも7月からは一転、打線は沈黙モードに突入。松井秀喜やアブレイユのスランプに加え走塁ミスやサインミス・バント失敗など、やるべき事を怠った挙句、逸機するという悪循環がもろに結果に反映した恰好だ。それはモラレス不在によるの影響や6月の反動などと言った尤もらしい理由も通用しない明らかな拙攻だったという事も付け加えておくと同時に、今日のサンタナの完投を含め先発陣の好投を見殺しにした敗戦だったという事も強調しておきたい。

※Video : Kendall tags out Hunter (KC@LAA)
※Video : Pierzynski's strong throw (LAA@CWS)
※6敗のうちの4ゲームがQS(クオリティースタート)勝ちゲームを含めれば計6ゲームのQS

▼P.マクナルティー(1塁手) & C.オルドリッジ(外野手) ⇔ R.クィンラン(1塁手) & S.オサリヴァン(リリーフ)

マイナーから2人の野手をコールアップ。リベラの視覚障害や、低調した打線の事も考慮しての昇格だとは思うが、ハッキリ言ってここまでは参加賞クラスの能力といった印象しかない。特にマクナルティーに関しては昇格後の三振数が示す通り、基本的には変化球で50%、それに加え左投げであればほぼ確実に打ち取れる様な印象のスイング。出塁率の乏しく、軟投派に苦戦するチームが求める様なタイプの打者にはとても見えなかった。               

そんな苦肉とも言えるコールアップをせざるを得ないチーム状況。6月は効果覿面だったソーシアの日替わりオーダーも拙攻続きとハンターとケンドリック頼みの打線ではさすがにその効果も望めそうにない。
オールスター・ブレイクまで残る3戦。今年は家主がサブで1名と少し寂しいオールスターだが、それが各選手にとって良き休養になってくれればそれはそれで良い。

浮上のきっかけを掴めずにいる松井秀喜に関しては後日改めて書く予定。

※Angelsbaseball.com : Paul McAnulty / Stats
※Angelsbaseball.com : Cory Aldridge / Stats
※マクナルティー : 4試合(11打数1安打 9三振)
※関連記事 : Game066 @ LAD W6-5

< External Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。