スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game075 NYY@NYM [ W 4 - 2 ]

2009年06月30日 04:54

June 28, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
3 0 0 0 0 0 0 0 1  440
NY Mets
0 0 0 2 0 0 0 0 0  250

後世に語り継がれる大落球でド派手に幕を開けたサブウェイシリーズはこれまた後世に語り継がれる
偉業で終幕。それと同時にインターリーグも全日程が終了がした。( NYY・インターリーグ:10勝8敗 )

@Citi Fieldでの第2ラウンドでは初戦は失策三昧・2戦目はバーネットに屈し・3戦目もやはり失策( 記録上はナシ)
が絡んでの敗退とストレスがたまるばかりの良いとこナシのNYM・・・故障者があれだけいれば無理もないのでしょうか。 



その3戦目に一つ大きな節目となる大記録が達成された。 M・リベラ 通算:500セーブ ( +1のオマケ付き )

M・Rivera 500+1


カットボールを武器にドラフト外からメジャー屈指のクローザーへと登り詰めたNYY一筋の最古参。

キャリア15年で881ゲームに登板。その積み重ねた数字も然ることながら抑えて当然だという多くの
外圧の中で15年もクオリティーとそのモチベーションを維持し、やるべき仕事を遂行出来る精神力はまさにタフ・ガイそのもの。
それと同時に勝利に直結しない表面的なレコードコレクターとは一線を画する事を改めて実感した。

この日もいつも通り歯を喰いしばりながら一寸狂わぬフォームから左打者のベルト目がけて投げるカットボール。
近年、バットを圧し折る程の球威までとはいかないもののその鋭角に変化するボールの軌道は未だに健在。
そこに来ることが分かっていながらも攻略出来ないのだから改めてそのボールの特異性を感じた。

おまけに偉業達成が敵地ではあるがニューヨークだったという事もファンにとっては貴重なプレゼントになったに違いない。

NYY@NYM Game075 Mariano's 500th career save + オマケ キャリア初出塁 & 初打点


NYYの次戦はSEA戦から始まる@ホーム7連戦。

今年は例年と一味違いアメリカンリーグ唯一のチーム・先発ERA3点台・リリーフも3.16 のSEA。
去年の様なバッティングセンターの様にはなりそうもありません。※去年vsSEA 6勝2敗 合計60得点


「余録」

先発として8度目の登板で今季初勝利を収めた王 建民。
意図せず球が浮く事とやはりスライダー > シンカーという選択が今の現状態なんでしょうね。
サインに首を振ってスライダーを投げているところを見るとホントの復活まではまだ時間がかかるのでは。



スポンサーサイト

Game070 NYY@ATL [ L 4 - 0 ]

2009年06月24日 21:53

June 23, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 0 0 0  041
Atlanta
0 0 3 0 0 0 0 1 X  471

低調ぶりが露骨になってきたNYY。このゲームも僅か4安打と沈黙し今季3度目の完封負け。
打撃にスランプの波があるのは理解出来ても得点手順にスランプがあるとなれば話は別です。

4回表:1死からカブレラ:中2塁打 → 1死2塁 ガードナー:ショートゴロ ( カブレラが3Bへ暴走もサードの捕球エラー )
     → 1死1,3塁 王 建民:送りバント→ 2死2,3塁 ジーター:四球 → 2死満塁 スウィッシャー:ショートゴロ・・・無得点。

フォーカスしたのは1死1,3塁での王 建民の打席。

不慣れな打席と最悪コースの併殺打を考慮してか選択したのは送りバント。( 去年の事もあってか? )
そもそも見す見す1死を献上してまでして2塁に送る程の必要性は全くなく、ましてはランナーが
俊足のガードナーともなれば盗塁という選択肢もあったはず。( 今季・盗塁:成功/15 失敗/2 )
同じアウト数を犠牲にするなら得点を演出できるスクイズという手順も十分、頭にあったはずだが・・・。
※但しこの打席、双方のサインミスがあったかは未確認 。( バント後の王 建民の顔が微妙な表情 )

打てない事が元凶なのも事実だがそれならそれなりのやり方もある。手順度外視で得点が
出来るならそもそもこんな風にはなってはいないしベンチで指揮をとる人間も不必要となってくる。
ほっとけば上がってくる打陣ではある事は確かだが結果がでていない時こそベンチワークの
役割要素が大きいのは言うまでもない。

Blankees


「余録」

今日から貯金シリーズに突入した首位のBOSとはこれでゲーム差 5 ・・・ 5 繋がりで言うと
敵地でのインターリーグも残り5戦 です・・・・ 彼がグラブを持つ日がくるのでしょうか ? ♯55・・・。



Game012 CLE@NYY [ 22‐4 ]

2009年04月19日 19:39

April 18, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Cleveland
0 14 1 1 4 0 0 1 1  22251
2 0 0 0 0 2 0 0 0  471

時間にすると37分間の惨劇。2回表 打者17人に13安打を許し14失点。1イニングでの14失点は球団ワースト記録らしい。
コチラが打ちたてた記録なら大歓迎だが、これはその逆でアチラに打ちたてられた記録。久しぶりにゲーム途中で見るのをやめた。

今季3度目の登板となる王 建民。 悪い意味でいつもどおりの内容。
2回 先頭のハフナーからチェ・シンスの3ランHRまでの3連打までは打たれはしたが、シンカーのキレと制球は悪くない様に見えた。が、見えたのはそこまででそれからはやはり今季に長患いしているボールが高く浮く症状は改善されていなかった。

原因が不明なのは不気味だが、まだシーズンは序盤。気分的な事も含め、時間を置いた方がよい段階かもしれない。

よって今日はここまでしか書く事が出来ません。

明日のNYY先発 : A.J.バーネット CLE戦は通算で W0 L3と勝ち星はないものの、これまでの登板は抜群の安定感。

一方、CLE先発は元NYYのC・パバーノ・・・まずはスタンドとの戦いになりそう。


余録・・・新スタジアムで3戦消化。両軍合わせ18本のHRが飛び交う、お祭りの様な3ゲーム。
裏を返せば投壊の証な訳で・・・せめて勝ってくれさえすれば・・・。まぁ、何はともあれスウィッシャーの登板がなかっただけでも良しとしときます。




Game007 NYY@TB [ 5‐15 ]

2009年04月14日 23:34

April 13, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 1 1 0 1 2 0  591
Tampa Bay
4 5 1 0 1 1 3 0 X  15170

昨日の今日でこの敗戦。

TBのシートバッティングが7回まで続いて、8回にはBサイドの守護神スウィッシャーが登板し、見事に草野球に成り下がったところで余興終了。
NYYサイドから見たゲームのハイライトがスウィッシャーの力投だなんて・・・素直に笑えよんよ。

先発は不安的中の王 建民

王 建民 : 1回 0/3 61球 被安打6 奪三振1 四球3 死球1 失点8 自責点8

初回の41球が今持てる彼の現状態。前ゲーム以上にコンディションは下降していた気がする。
投球内容までは割愛するが、次回の登板の出来次第ではそろそろ何らかの措置をとるのかも知れない。最初はウェイト増の関係かとも思ったけどどうやらその範疇ではなさそう。

今日ゲームでもリリーフとしてマウンドに上がったコーク。
開幕から4回目の登板だが、昨シーズン終盤の様な働きは出来ておらず、一向に上昇の兆しが見えて来ない。
昨日のKC戦では打たれて失点はしていたけど結果と数字ほど内容が悪いとは思わなかったのだが、今日の様なほぼ大勢が決まったシチュエーションであの内容ではとてもじゃないが切迫した状況では今の状態では使いづらい。
右打者に対してインサイドへのアプローチが上手くいっていないのが気懸り。どうしても去年の彼が頭にあるだけに・・・。
それでも十分に伸びしろはあると思うし、まぁ、その分に期待も大きくなるわけだが、なんとか踏ん張ってほしい。
今はブルーニーの調子良いだけに焦る事もない。


TBのチームについて書こうと思ってはいたが、今日のゲームを見ればおおよそ分かるとは思う。
今年も変わらず言わずもがなのRun-and-Runスタイル。去年のON THE RUNはフロッグではない事がよく分かった。
外野のディフェンス力を含め、故障がない限りは攻守限らず『足』は活かせるし、スランプもない。まぁ、NYYが苦手するスタイルだと思う。

NYY打陣についてはやはり特別な感情論抜きで松井が心配。
今日は1打席目を見終えた時点でカズミアには・・・と思ってしまった。 結果は1ゴロ×3 明日はオフの日か?


明日、このカード2戦目はNYY先発 : A.J バーネット 是非、相棒はモリーナを指名して頂きたい。



[余録]
本日の主役は良くも悪くも投打に奮起している N・スウィッシャー。 我がチームもRed Bull導入検討中です。

     

            

Game002 NYY@BAL [ 5-7 ]

2009年04月10日 13:55

 April 8, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 1 0 1 0 0 3  590
Baltimore
2 0 0 5 0 0 0 0 X  791

縁起良く勝ちゲームからココのゲームレビューをスタートしようと思っていたのですが、「勝ち」がいつになるか分からない様なので、
1stカード負け越しの決まったGAME002からのスタート。今年も宜しくお願い致します。

今日のゲームも開幕戦同様の印象と変わらずに「今年もこんな感じか?」というのがここ2戦の感想。
まだ2ゲームとはいいつつも今日の王建民のコンディションを見る限りは開幕戦で投げたサバシア以上に心配。

王 建民 3回2/3 73球 被安打9 三振0 四死球3 失点7

お得意のシンカーの軌道がどうのこうの以前の問題で兎に角、球が高い。低めに制球してゴロを打たせていた頃とは程遠い仕上がり。
3つの四球のうちストレートの四球が2つというのも今の彼の状態を物語っている内容だと思う。
ズラリと並んだ7人の左打者・・・その辺もあったのかもしれない。去年・対左[.261] 対右[.238] ここ3年・対左[.277] 対右[.258]
因みに3打数3安打3打点を叩きだした3番のマーケイキスに対しては16打数5安打[.313]
兎に角、目先の勘定よりも復調する事が先決。次回に改めて期待します。

一方のNYY打陣。1番ジーターから始まるイニングが初回を含めて4回。4番松井で終わるイニングが4回・・・。
今日に限っては1、2番の新ユニットの連動性は無かったが、相手のバッテリーとの関係もあり2死から何れも盗塁をしたりと、
好機は演出していたが、・・その後の4番松井のバットは残念ながら湿りっぱなし。

[3回 2死2塁 ショートライナー] [5回 2死2塁 レフトフライ]  [9回2死2塁 サードフライ]

初戦同様に好機で一本が出ていない。結果が勝ちゲームならまだいいがどちらも収穫なき敗戦。
1戦、2戦とケースがケースなだけに心象としては良いとは言い難い。本人曰く、調子は良好の様なのでなんとかそのうちに結果がほしい。
兎に角、今年はより一層、結果重視・・・落ちる事のない数字(HR・RBI)を特に期待したいのですが・・・。


このカード最終戦の次戦はデーゲーム ・NYY AJバーネットの先発 対BAL戦は通算 W6 L1と勝ち星的には好相性(ERA・5.19)


余録・・・上原 × 松井のマッチアップ・・・悔しいの~。 それにしてもBAL打陣のバットは良く振れとる。
4回、無死1・2塁 1点リードのケースで8番ゾーンにヒッティング・・・トレンブリーさん攻めますな~。







Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。