スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALDS / Game3 : Yankees 4 × Twins 1 @Metrodome

2009年10月13日 13:49

October 11, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 2 0 2  470
Minnesota
0 0 0 0 0 1 0 0 0  170

ALDS / Game3 ヤンキース 4 × ツインズ 1 [ 3戦3勝 → ALCSへ ]

2戦目もこの3戦目もゲームの結末はどちらに転んでもおかしくない展開。正直、相手の悪走塁での自滅やゲームの局面を大きく変える“一発”がMINになかった事もかなり大きく、おまけに守護神ネイサンの出来もNYYとしてはうれしい誤算だったように思う。※ネイサン 2.0IP 被安打5 失点2

▼Game2 [ 4回表:2死1.2塁 → 右安 → ゴメスの走塁 → 先制点ならず ]
  Game3 [ 8回裏:無死2塁 → 内野安打( ショートゴロ ) → プントの悪走塁 → 同点ならず ]  
 
VIDEOを見てもらえれば分かる様に特に後者の走塁は判断が云々と言うよりランナーコーチを見過ごすという走塁の基本を無視した暴走。ジーターのホームに迷わず送球するという好判断があったとはいえ、あまりにも双方にとって大きな走塁。※ジーターが捕球後3塁のロドリゲスの位置を確認して本塁に送球。 捕球した時点での3塁ロドリゲス位置関係がポイント。※VIDEO:Twins baserunning analysis

▼NYY = 6本 [ 同点HR×3 逆転HR×2 追加点HR×1 ]  MIN = 0本

ALDSでの両軍のHR数は上記の通り。短期決戦のHRに大きいも小さいもないのは分かっていながらも、その場面とそれによる効果においては何れも只者ではないHRが多かった。これぞ良くも悪くも “ ザ・ヤンキースクオリティー ” ( 個人的には先々を考えると負のイメージの方が強い。)

▼NYY = ERA/1.55 ( 1 ) 先発/1.42 ( 1 ) リリーフ/1.80 ( 2 ) ※3戦終えての各防御率 ( )はALDS出場の4チームでのランク

如何せんHRの数とそのド派手な印象があまりに強かった為に打撃陣についつい意識がいってしまうが、
投手陣、特に先発の踏ん張りは目を見張るものがあった。HR以外の打撃スタッツはNYYよりも高いMINを相手に毎回に亘る焦れる様な展開でのこの数字とパフォーマンスは改めて評価出来る。MINが意外にも小技が少なかった事も少なからずその数字に加味していると考える。
※MIN = 3戦合計で先頭出塁8回も犠牲バントは0 → そのうち進塁打になったのも僅かに1つ → 得点も1
( MINはリーグ№1を誇るシーズンでの犠牲バント / 55 )


▼NEXT STAGE “赤い天使 × 悪の帝国”

殺傷能力抜群だが命中精度の低い長距離カノン砲 vs ソーシア大佐率いる高精度がウリの地上戦専門MK11射撃班・・・あまり良いイメージが湧いてこないのは気のせい? 松井ファンとしてはポサダとの起用法も気になるところ。その辺はまた機会があれば・・・。


gal_yankees_twins_23.jpg
ビールを浴びてる人の活躍は半端じゃなかった。次は注いでる人の番でしょ。


余禄・・・MIN・BOS・COLとクローザー大崩壊・・・よりによってこんな時期にって思うのか、こんな時期だからこそなのか、いずれにしてもその役割が確立してるだけでそれが100%の鉄板ではナイって事か。


[ External Link ]
VIDEO / Recap: NYY 4, MIN 1
VIDEO / A-Rod goes yard
VIDEO / Posada's solo jack
Twitter / Yankees_jp on Twitter
Twitter / ura432ka1 on Twitter

スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。