スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game121 @ BOS L7-5

2010年08月19日 18:34

▼8/19 Game121 : LAA 5 @ BOS 7 Wrap >>> 

lose 9 Games in a row

▼S.カズミア: 8勝10敗 20登板(108ip) 防御率6.40 被安打率.275 四球数56

制球難でカウントを悪くしあっさり四球、それらでランナーを背負っては、そのピンチを回避出来る様な決め球もなく、球数はみるみる増えて早期降板…今季のカズミアを簡潔に言うとこんなところだろうか。今日もカヤスポの再三にわたる好守があってこその5イニングだったと思う。
当初は怪我の影響で球速が2mphほど落ちた事が不安視されてはいたが、今季を見てもどうもそんなレベルではない事がよく分かった。一時はブルペン転向の話しもあったがこの立ち上がりの悪さと四球率、そして左vs左の法則が通用しないところをみるとそんな話しもお蔵入りで終わるだろう。

※ESPN : STATS / Scott Kazmir #19
※Video : Callaspo flashes the leather (8/19 LAAB@BOS)
※四球率11.3% MLB平均値8.6%
※カズミア vs 左打者: 被安打率.321

▼8回裏: 1点ビハインド ⇒ M.カーンに継投 ⇒ M.カーン: 被安打2 四球1 失点1

点差や1番から始まる好打順を考えても、これが後がないチームの最善の継投とはとても思えなかった。ロドニーを起用しなかったのはスクータロとの相性もあるとはいえ、そもそもロドニーとカーンでは素人が見てもモノが違いすぎる。おまけに前BOSシリーズでも全く同じ継投で失敗している事も付け加えて強調しておきたい(※詳しくは下記リンク: 参考記事) 因みに抑えのフエンテスは8/10以来登板していない。

一方のBOSは途中出場したナバが一打同点の場面にレフトにてイズトゥリスの打球をダイビングキャッチ。しかも驚くべきは今日2安打のマクナルドに代えての代打起用。これが結果オーライであるかは別として、ここで9連敗(vs.BOS)を覚悟した人も多かったと思う。

※ロドニー vs スクータロ: 3打数3安打(通算)
※参考記事 : Angels : Game102 vs BOS L6-3
※Video : Nava's great diving catch (8/19 LAAB@BOS)

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 5, BOS 7
SANSPO.com : 松井秀喜 4試合連続安打 「状態は悪くない」

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


スポンサーサイト

Angels : Game102 vs BOS L6-3

2010年07月27日 20:36

▼7/27 Game102 : BOS 6 @ LAA 3    Wrap >>>


▼ダン・ヘイレン: 4.2IP 被安打 7 失点 2 奪三振 8 HR 1 負け投手 (W7-L9) ※長打×3

やはり気になったのは今季の被安打率と長打の多さ。もともとフライレートが高い投手ではあるが、今日も打たれた7本の安打のうちHRを含む3本が長打とまさにデータ通りの展開になってしまった。現地の記事によれば昨年あたりから1mph程ストレートの球速が落ちたとあったが、今日の内容はその球威というよりも制球の問題。勝ち越しHR打ったオルティスの内容はさて置き、そこは流石、リーグ1番の長打力を誇るBOS打線。いくら最近は打線低調とはいえ簡単には失投を見逃してはくれなかった。

ゲームは5回表、2死からユーキリスの打球がヘイレンの右前腕部に直撃しそのまま負傷降板。その日にX線等の検査はせずに明日改めて検査する予定。今のところはっきりしている事は″打撲″という事しかわかっていない。

※ESPN : STATS / Dan Haren #15
※Video : Haren's injury (7/27 BOS@LAA)

※以下のスタッツは前回登板終了時点での数字
奪三振数 今季(141) ←リーグ2位 三振率(今季/通算/MLB平均値)(23%/20%/17%)
被安打率 (今季/通算/MLB平均値) (.285/.254/.265)
長打率 今季(.471) 被本塁打数 今季(24) ←リーグ2番目で多い 得点圏被安打率 今季(.301)

▼Cause of Defeat

・2回裏: 無死満塁⇒内野フライ×2+外野フライ×1=無得点

・9回表: 1点ビハインドの展開で今日がメジャーデビューとなるコーンへ継投

今日の敗因は上記の通り。いつもならダラダラとここで理屈をこねるのがこのブログのお決まりだが、今日の内容はとてもそんな気にもなれない。特にに8.9回の継投に関しては″ないモノねだり″は禁物だとは理解していながらも、これほど左のワンポイントを渇望した事はなかった。

※vs左 (打率/出塁率/長打率) オルティス(.186/.259/.268 )ドリュー(.172/.257/.242)

< External Link >
Video : Matsui's reviewed homer (7/27 BOS@LAA)
Video : Recap: BOS 6, LAA 3 (7/27 BOS@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Game030 @ BOS L11-6

2010年05月07日 19:58

▼5/6 Game030 : LA Angels 6 @ Boston Redsox 11  Wrap >>>

4試合ぶりとなる先制点(4点)も報われる事なく今日も敗戦。浮上のきっかけすら掴めず、チームは9年ぶりの7連敗 (2001年以来)

▼ここ7試合 : 防御率 7.83 被安打率.344 WHIP 2.11 四球数 32 合計54失点
                                             
上記のスタッツは全てA.Lのワーストの14位。連敗の全てが投手陣だけの責任とは言えないまでも、流石にここまで崩れるとゲームはおろかチームの立て直しも容易ではないのも事実。ましては打線も芳しくない今のエンジェルスにとっては、とてもワンチャンスだけでは全てを清算、またそれ以上の上積みは期待できない。今は先発の好投が勝利の条件・・・こんな事言ってる時点で勝利はおろか選手までも否定してるようで堪らなくなるが、ウィーバー、ピネイロ、サンタナのこの3人だけは何としても立て直してほしい。

※angelsbaseball.com : Pitching Stats,2010
※angelsbaseball.com : Hitting Stats, Last 7 Days 2010 (7連敗中の打撃スタッツ)

▼ここ7試合 : 失策10

負の連鎖はディフェンスにまで及び、その失策が尽く失点に繋がる悪循環。特に走者を背負った際にミスが多発する傾向が強く、それが四球絡みの走者だったりするからなおタチが悪い。
このシリーズも3戦目、ベルトレイの先制打となった3塁線の当たりだが、記録上は失策にはならなかったものの、ウッドは正三塁手で起用されている以上はせめて体で止めるくらいの姿勢は見せてほしかったというのが本音。

Video : Beltre's RBI single (5/5 LAA@BOS)
※B.ウッド : 失策数 5 (チーム最多)

▼NOTE : Team Headlines

M.イズトゥリスが肩の故障により近いうちにDL入り(15日間)する模様。(現地月曜のBOS戦での守備の際に再発) 前述したようにウッドの守備が安定しない中での、このイズトゥリスの離脱。その堅実な守備だけではなく今季はチャンスに強い打撃でも貢献度が高かっただけにチームとしては大きな穴が開くのは避けられそうもない。個人的には今のチーム状態からしてウッドよりも正三塁手が適任だと思っているプレーヤー。

※The OCR : Injury to Izturis hampering Scioscia
※angelsbaseball.com : Maicer Izturis / Stats
※得点圏打率.500 (12打数6安打) 得点圏2死の打率.800 (5打数4安打)

▼5/6 : Today's note

流石に敗戦のムードが漂うと毎度の様に静かになる Twitter のタイムライン。そんな中でつぶやいてるのは解説気取りのお気楽な外野さん達…楽勝ムードで羨ましい限りです。エンジェルスファンも負けずにこんな時こそどんどんPOSTしていきましょう。

< External Link >
Video : Recap: LAA 6, BOS 11

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


Game156 BOS@NYY [ W 4 - 2 ] Bombers Kings of AL East

2009年09月28日 19:15

gal_wrap_0928.jpg

September 27, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Boston
1 0 1 0 0 0 0 0 0  280
NY Yankees
0 0 1 0 0 2 0 1 X  4101

Game156 ヤンキース 4 × レッドソックス 2 [ NYY 100勝56敗 ]

[ 本日の前菜 ]

宿敵BOSをSWEEP+5シーズンぶりとなる100勝目+A.L最高勝率を確定+3季ぶりのA.L東地区優勝

前菜にしてはボリューム満点でウマく出来過ぎな感もありますが、あくまでメインディッシュはワールドシリーズ・・・と言いつつもメイン前にシャンパンで祝福し合うNYY戦士の姿は何度見ても素敵な光景・・・ まずは美味しく頂きました、御馳走様です。
VIDEO / Recap: BOS 2, NYY4

しかもそんなゲームにESPN が “Player of the Game”に選んだのは殊勲打を放った松井秀喜。
その後、涼しい顔して1塁ベース上に立っている松井の姿はさらに痺れる光景・・・もうお腹いっぱいです。 
VIDEO / Matsui's two-run single
             
今日ばかりは細かい事は書きませんよ。

本日は Matsui's Space さんより【祝】1万アクセス突破のお礼として松井ファンの皆さんにプレゼントという事なのでそちらをどうぞ。


                    2009 Hideki Matsui Home Run Watch 
                The All-American Rejects “Another Heart Calls” Ver

       



[ External Link ]
Yankeesjp on Twitter
松井秀喜選手応援サイト / Matsui's Space



              

Game124 NYY@BOS [ W 8 - 4 ]

2009年08月24日 21:57

August 23, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
1 1 2 1 2 0 0 1 0  8102
Boston
0 2 0 1 0 1 0 0 0  490

Game124 ヤンキース 8 × レッドソックス 4 [ NYY 78勝46敗 ]

ゲーム差6.5でスタートしたこのBOSシリーズという事もあり、このシリーズ特有の独特な
緊張感もあまり無く正直なところSWEEPさえ喰らわなければという感じだったが終わってみれば結果は
お見事。これにて6シリーズ連続の勝ち越しとし、それと同時に地区優勝のマジックを32とした。

▼ベケットは今日を含めたここ2戦で被本塁打は8 [ TOR・3発 / NYY・5発 ← 1試合5被弾はキャリアワースト ]
ライバルチームのエースのこの時期の異変には興味はあるが、それにしてもNYY打陣はよく打てた。
8得点中6点がHRからの得点。これが強い勝ち方であるかははさておきゲームを終始優位に進行
出来た事は非常に大きかった。

その中でも何といってもこのシリーズ4HR・9打点の現在超ホットな男 松井秀喜。

                  ↓

matsui 20&21 HR  bos-done.jpg



Game122 @BOS ボウデン・ラミレス×松井秀喜 20号 & 21号HR


Game124 @BOS ベケット×松井秀喜  22号 & 23号HR


▼22号HR / 松井には珍しく初球のアウトハイのストレート( ボール球 ) を強振。右中間スタンドに飛び込むソロHR。

ゲーム終了後のインタビューで1本目のHR ( 22号 ) について松井は‘甘い球’だったとコメント。
率直に言うとコレには驚いた。これまで今季の彼の打席を見ても決して松井の言うところの‘甘い球’とは思えなかったからだ。
そんな事もありこちらのTwitterでも書いたがその打席内容に関しては少し不安も頭を過った。それは
前ゲーム、BOS先発の田沢に対して甘い球を待つスタイルの松井がその日は難しいボール球を
尽く強振し結果は0/5無安打。
その光景がこの打席内容とリンクして・・・その時はそんな印象だったが2本目のHRでまんまと御見逸れした。
それはまさに この通りの23号ソロHR そしてその技術的な事も然ることながらこの展開での追加点も
チームとしては意義ある1本だった。※ NYY打陣が9人連続凡退後 → 終盤8回表2死からソロHRでの追加点

▼04年以来のHR30本・・・07年以来の100打点・・・。

残り38ゲーム( 実質・出場機会は20強ぐらいか ) で7HR・・・久しく味わっていなかった期待値
高ぶる感覚が実に懐かしい。残る後者は松井自身がチームに貢献出来てそれが結果としてその数字に
近づいてくれればいい。これが純粋な♯55松井ファンならではの想いだろう。
順当にいけば今年は10月も野球が見れる・・・いや、今年はそれだけでは物足りないシーズンになりそうだ。


「余禄」

デーモン22本 テシェイラ31本 ロドリゲス22本 松井23本 スイッシャー21本 

今年は2004年以来の5人が20本以上HRをマーク。チームレコードは1961年の6人20本以上。
因みにその年はワールドシリーズ制覇。残すところはカノーがあと1本でレコードタイです。



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。