スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game023 vs CLE W4-3

2010年04月29日 14:06

▼4/28 Game023 : Cleveland Indians 3 @ LA Angels 4 Boxscore >>>

シリーズの勝ち越しを決めたのはH.ケンドリックによる、まさかの ″Walk-Off Bunt″

▼9回裏 - 2死1.3塁 → 7番ケンドリック : セーフティースクイズ(プッシュバント) ※次打者は8番ウッド

相手の2塁手の深い守備位置やピッチャーが右投げのC.ペレスだった事がポイントとだったとはいえ、このケースでケンドリックが自発的にセーフティースクイズを選択するのは考えづらく、おそらくベンチの指示によるものだと思うが、何れにしても全く考えすら及ばなかった、まさに奇襲劇。ましてはソーシア不在のベンチワークだっただけにその驚きはなお一層に大きかった。
一方、インディアンズのベンチは打率.188の8番ウッドではなく打率3割を超える7番ケンドリックでの勝負が裏目に出た恰好となったがウッドはこのシリーズだけで6安打、今日は無安打ながらも2割を切るウッドの存在が大きく加味したサヨナラ劇だったのかもしれない。

追記(4/30) SweetSpot Blog : Is walk-off bunt a breach of etiquette?
                      (昨日のサヨナラバントはエチケット違反(不作法) か?)

Twitterでも書いたけど、実に仕様もなく残念な議論。ノーヒッター阻止のバントでもあるまいし、ただ単に相手の準備不足が祟った結果に過ぎない。バントを処理して事なきを得たらきっと″ナイスアイデアだったよ″とか言ってるに違いない。

※Video : Kendrick's walk-off bunt (4/28 CLE@LAA)
※angelsbaseball : Howard Kendrick / Stats
※H.ケンドリック : 通算バントヒット数 4 (キャリア5年目)
※Wikipedia : スクイズプレイ

″余禄″ 今日はまさに質の低い審判に左右されるゲームでした。9回のハンターの2BHの2塁審判のジャッジ…走る方も走る方だけど、これが逆の立場だと考えるだけでゾッとするような判定。因みにソーシアの退場はこれでキャリア25度目らしいです。

※Video : Scioscia's ejection (4/28 CLE@LAA)
※Video : Hunter's double (4/28 CLE@LAA)

< External Link >
Recap: CLE 3, LAA 4 (4/28 CLE@LAA)
Hunter's three-run shot (4/28 CLE@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG



スポンサーサイト

Game051 NYY@CLE [ 5 ‐ 2 ]

2009年06月02日 20:17

June 1, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 1 0 0 0 4 0 0  560
Cleveland
0 0 0 1 0 0 1 0 0  240

キャリアハイの8イニングを快投したJ・チェンバレン。

8回 106球 被安打4 奪三振5 四球2 自責点2  今季3勝目

これまで懸念していた球速不足も今日のゲームではとりあえずは解消。
「YES」制作の球速表示が正常ならMAX98mphを マークしており、降板する8回になっても失速する事はなかった。
その特段に良かったストレートもあってさらに効果的だったのが鋭くブレーキの利いた縦割りのカーブ。

[ 球種の内訳 計106球 ストレート:67球 スライダー:20球 カーブ15球 チェンジアップ:4球 ]

今日の様に球威が戻ればストレート・スライダー・カーブの少ない球種で十分勝負になる。
球速の上がらなかった頃に投げざるを得なかったチェンジアップなどはあまり必要ない事が良く分かる内容だったと思う。

そのチェンバレンがもう一つ大きな仕事をしたこのシーン
内容と結果は勿論の事、まるで肉食動物の捕食映像の様な気迫溢れるプレーに心を強奪。
ファンにはたまらない特典映像になった事だと思う。( 私はまんまと捕食されたタイプです )


「余録」

いよいよファイナルを迎えるNBA。 キャブス戦で見せたマジックの総合力なら
悲惨な事にはならない様な気がします。ファイナルから復帰予定のネルソン・・・この起用がどう左右するでしょうか。




Game012 CLE@NYY [ 22‐4 ]

2009年04月19日 19:39

April 18, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Cleveland
0 14 1 1 4 0 0 1 1  22251
2 0 0 0 0 2 0 0 0  471

時間にすると37分間の惨劇。2回表 打者17人に13安打を許し14失点。1イニングでの14失点は球団ワースト記録らしい。
コチラが打ちたてた記録なら大歓迎だが、これはその逆でアチラに打ちたてられた記録。久しぶりにゲーム途中で見るのをやめた。

今季3度目の登板となる王 建民。 悪い意味でいつもどおりの内容。
2回 先頭のハフナーからチェ・シンスの3ランHRまでの3連打までは打たれはしたが、シンカーのキレと制球は悪くない様に見えた。が、見えたのはそこまででそれからはやはり今季に長患いしているボールが高く浮く症状は改善されていなかった。

原因が不明なのは不気味だが、まだシーズンは序盤。気分的な事も含め、時間を置いた方がよい段階かもしれない。

よって今日はここまでしか書く事が出来ません。

明日のNYY先発 : A.J.バーネット CLE戦は通算で W0 L3と勝ち星はないものの、これまでの登板は抜群の安定感。

一方、CLE先発は元NYYのC・パバーノ・・・まずはスタンドとの戦いになりそう。


余録・・・新スタジアムで3戦消化。両軍合わせ18本のHRが飛び交う、お祭りの様な3ゲーム。
裏を返せば投壊の証な訳で・・・せめて勝ってくれさえすれば・・・。まぁ、何はともあれスウィッシャーの登板がなかっただけでも良しとしときます。




Game010 CLE@NYY [ 10‐2 ]

2009年04月17日 19:05

April 16, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Cleveland
0 0 0 1 0 0 9 0 0  10131
NY Yankees
0 0 0 0 1 0 1 0 0  291

今日は新Yankee stadiumでの初の公式ゲーム。
冷静に考えれば160Gの中1Gに過ぎない訳だが、そうは言ってもグラウンドに立つ全ての選手に名前を刻めるチャンスのある特別な日。
スコアブックに記録される「お初」合戦もこのゲームの見物だったのだが・・・。 結果は以下の通り。

お初の「安打」と「HR」、「奪三振」はNYYがおいしいところは戴いたが、一番肝心な「勝ち」はモノに出来ずにワンサイドで敗戦。

一方のCLEはお初の「打点」、「得点」、お初の「満塁弾」を含むお初の「打者一巡」まで、ご丁寧に、
残酷なまでに手を抜かず・・・7回にNYYのリリーフ陣から一挙9点をあげゲームを決めた・・・そりゃ、負けんわ。


NYYの先発は今季3度目の登板となるCC・サバシア。

CC・サバシア : 5回2/3 122球 被安打5 奪三振4 四球5 失点1 自責点1

制球力があり、四球率の低い投手という印象だったが今季は今日を含めたこれまでの3戦で四球が10コと制球に苦しんでいる状態。
ランナーを出してからのセットポジションからの投球もイマイチ精彩を欠き、おまけにCLE打線はスタメンオーダーの1番、5番以外は全てがあまり相性の良くない右打者だったというのもこの結果として表れたのかもしれない。

去年:対右[.247] 対左[.205] ここ3年:対右[.255] 対左[.217]

ただの調整不足と思いたいのだが、一つ気になったのは逆球の多さと、やはり右打者に対してのインコースの制球と変化球。
もともと4月からフルスロットルで飛ばしてゆくタイプではないし、去年度はW1 L4とスロースタートだっただけに意外と楽観的に見てはいますが・・・。

一方、一挙9失点で炎上したリリーフ陣・・・去年、何度も見た光景だった気が・・・。
まずはベラス。この前の登板も出て来ていきなりの四球劇で降板していたが、本日も再び再演。
もう特筆して言う事もないけど、これでは信頼できるわけがない。首をブンブン振って投げている間はたぶんそうは一変しないと思う。

死球+野選+安打+押し出し四球+満塁HR+ソロHRのマルテ・・・。 ここは内容、共々しばし静観。


NYY打陣にも少し触れておくと、6回と8回以外は全て得点圏にランナーを置きながら、
ソロHRとシングルタイムリーヒットの2点のみ。チーム残塁は15に及ぶ寂しい結果だった。何れかで1本が出ればと「たられば」を言っても仕方ないが、ゲーム序盤に不安定だったクリフ・リーを攻め立てる事ができなかったのは悔やまれる。
それにしても、1、2番の新ユニットの連動性が早く見たいのは私だけでしょうか?


両軍合わせて18コもの四死球マークし、おまけにリリーフ陣の投壊で「敗戦」という結末となった実にだらしのない新スタ初の公式ゲーム。
別に固執する訳ではないけど「お初」のHRがポサーダってのが・・・う~ん。 

   


余録・・・7番DHの松井秀喜も地味にお初をマーク ・・・「初・進塁打」 「初・内野安打」・・・ 今日の調子だとやはりまだまだな感じでしょうか。






Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。