スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 / Yankees : Roster Analysis No.2 & 24

2009年10月06日 20:25

Derek Jeter / 2 #2 Derek Jeter / SS [ デレク・ジーター ]

2009 / 試合数 153 / 打率 .334 / 本塁打 18 / 打点 66 / 出塁率 .406 / 盗塁 30 /

“ Yankees Symbolist ”

今年は300盗塁達成やルー・ゲーリッグの持つヤンキースの安打記録を更新する等、公私ともに何かとトピックの多いシーズンとなったジーター。WBC後に衰えを囁かれた事もあったがシーズン終わって見ればご覧通りのスタッツと相変わらずの安定感でその説を自ら身をもって一蹴した。特に安打数・出塁率・盗塁数は改めてその存在が浮き彫りになる様な数字。
※ 安打数/212 ( キャリア3番目に多い安打数 ) 出塁率 = A.L3位 盗塁数/30 ( 3季ぶり )

今年も伝家の宝刀の右打ちは変わらず、そのバッティングについては今更説明をする必要もないと思うので、それについては松井秀喜のコメントを援用する。

「彼のバットはどんなボールに対しても同じ角度から出ている。内角の球を一塁手の後ろに詰まりながら落とすのが好き。あれはなかなかできない」

一方で例年よりも数字を落としたのが得点圏打率。今年は彼らしいクラッチぶりはあまり発揮されなかったという印象だが、この辺りは技術が結果に直結する様な事でもないのでP.Sというレギュラーシーズンとはまた違ったステージで彼の持つクラッチぶりに改めて期待したい。
※ 08年 [ 得点圏打率 /.317 ] 09年 [ 得点圏打率 /.259 = キャリア15年でワースト2 ]

守備ではキャリア15年にして12年ぶりの1ケタ台の失策。今年はカノーの守備面の成長もあってか
二遊間のコンビワークも安定した印象。不安視されたスローイングおいては彼のトレードマークプレイでもある、逆シングルで捕球した際のJeter's strong throwを見てもらえばわかると思う ※失策数/8

キャプテンとしての印象としては言葉ではなく体現で牽引する統率者のイメージ。メディアに対する対応も含め、日本にこういうキャプテンシーを持ったプレーヤーがいるのか・・・そんな事を思うほどのプレーヤー。

[External Link]
Derek Jeter / STATS by yankees.com
Derek Jeter / SPLITS by ESPN
VIDEO / 2009.09.11 / Jeter passes Gehrig
VIDEO / 2009.09.09 / Jeter's 300th stolen base


Robinson Cano / 24 #24 Robinson Cano / 2B [ ロビンソン・カノー ]

2009 / 試合数 161 / 打率 .320 / 本塁打 25 / 打点 85 / 出塁率 .352 / 盗塁 5 /

“ 右肩上がりのNo.7 ”

今年はキャリア初の安打数200本超えを達成するなど、まさに成長著しいヤンキース5年目の26歳。
ルーキー時は緩慢なプレーも多く、安定感などは感じなかったが今では替わりの利かない200安打、
25HR.3割超えの7番打者。

守備能力は例年に比べると守備範囲は勿論、スローイングに至っても明らかにその水準は上がっている。
特にその中でも今年は2塁手ではよく使うスナップスローの精度はかなり高く、捕球してから送球するまでのスピードも向上。その辺は前述したジーターとの二遊間のコンビネーションを見てもよく分かる。
失策数は例年とそれ程変わりはないが、その違いはいわゆる“質”の問題。正直に言うと今年は厳しい判定も多かった事も付け加えておく。

打撃においては腰のキレ×スイングスピード = 強い打球を広角に打つというバッティングスタイルで
ヒットを量産。特に左打者でありながらも左方向 ( レフトのライン際 ) に長打を打てる技術はバットをしっかり振り切る事に重きを置く姿勢とバットコントロールの巧さ、即ちバットにボールを当てる技量が結果となって表れているモノだと考えられる。特に今季の長打率は顕著な特色。 ( )はA.Lランク = 少ないランク
※打席数/640 → 三振/64 ( 11 ) 三振率/9.9% ( 2 ) 四球数28 ( 6 ) 四球率/4.3% ( 5 )
※08年 長打率 .410 → 09年 .520 ( 17 ) 因みに松井秀喜の長打率 .509

今年、気になるのは得点圏打率の低さと併殺数の多さ。特に併殺打においてはポサダが前打者にいるケースが多い事もその数字に加味してるとも言える。※併殺数/22 ( A.L ワースト4位 )
一方で得点圏での勝負弱さについては今年だけの一過性のものだと判断するのが適当だろう。去年のケースと安打200本も打つ事の出来るプレーヤーである事を考えればさらにその思いは強くなる。
※08年 [ 得点圏打率/.263 得点圏2死/.295 ] 09年 [ 得点圏打率/.207 得点圏2死/.204 ]

物足りないのは盗塁数。安打数も多く、走れない足ではないので少々もったいない気もする。正確に言うスタートの悪さがカギ。※ 盗塁数 5 / 失敗 7

性格は極めて明るく、カブレーラ同様に好捕後や安打後の笑みはドミニカンコンビならではのシーン。
因みに名前のロビンソンはジャッキー・ロビンソンにちなんで付けられた名前とのこと。


[ External Link ]
Robinson Cano / STATS by yankees.com
Robinson Cano / SPLITS by ESPN
VIDEO / 2009.08.29 / Cano's strong throw
VIDEO / 2009.08.28 / Cano's walk-off homer





[ 関連記事 ]
2009 / Yankees : Roster Analysis No.18 & 53
2009 / Yankees : Roster Analysis No.33 & 11

スポンサーサイト

Game068 NYY@FLA [ L 2 - 1 ]

2009年06月21日 20:39

June 20, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 1 0 0  152
Florida
0 1 0 0 0 1 0 0 X  250

すべきことを如何に遂行出来るかが勝敗を左右する大きな要素。云わば勝負事の掟です。
その掟を破った典型がこのゲーム。先発A.Jの出来が良かっただけに・・・これぞ悔やまれる敗戦。


8回表 先頭 代打:松井 [ 右安 ] 代走:ガードナー盗塁 → 無死2塁 代打:ロドリゲス [ 四球 ] →
無死1,2塁 ジーター:2ゴロ併殺 2死3塁 デーモン:三振・・・無得点。

ジーターのたった一回のバントミスが祟ってのこの結果。打てない事を責める事はないがバントが出来ないとなると話は別。
因みに二遊間はセカンドベースよりの併殺シフト。相手の目論見通りの結果となった格好。

9回表 先頭 テシェイラ:右安 → ポサダ:ショートフライ → カノー:二ゴロ併殺・・・ゲーム終了。

野球観で賛否が分かれるところではあるが個人的にはポサダにバントをして欲しかった。
(勿論、今季ポサダがランナーありでの打率.340という事も承知の上)
それでも1点取らなくては先がない場面。ましては前イニングの事もある訳で・・・。
( この打席でセルベリ( 今季犠牲バント4つ )の顔が浮かんだ私は野球偏差値が低いんだろうな。)


sports_ledes_2.jpg
自責点1の敗戦投手。決勝点がデーモンの失策・・・なかなか波に乗れませんね。



「余録」

明日の先発はCCサバシア・・・通算:88打数23安打 打率.261 3HR 13打点・・・一つ見どころでしょうか。





Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。