スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game102 vs BOS L6-3

2010年07月27日 20:36

▼7/27 Game102 : BOS 6 @ LAA 3    Wrap >>>


▼ダン・ヘイレン: 4.2IP 被安打 7 失点 2 奪三振 8 HR 1 負け投手 (W7-L9) ※長打×3

やはり気になったのは今季の被安打率と長打の多さ。もともとフライレートが高い投手ではあるが、今日も打たれた7本の安打のうちHRを含む3本が長打とまさにデータ通りの展開になってしまった。現地の記事によれば昨年あたりから1mph程ストレートの球速が落ちたとあったが、今日の内容はその球威というよりも制球の問題。勝ち越しHR打ったオルティスの内容はさて置き、そこは流石、リーグ1番の長打力を誇るBOS打線。いくら最近は打線低調とはいえ簡単には失投を見逃してはくれなかった。

ゲームは5回表、2死からユーキリスの打球がヘイレンの右前腕部に直撃しそのまま負傷降板。その日にX線等の検査はせずに明日改めて検査する予定。今のところはっきりしている事は″打撲″という事しかわかっていない。

※ESPN : STATS / Dan Haren #15
※Video : Haren's injury (7/27 BOS@LAA)

※以下のスタッツは前回登板終了時点での数字
奪三振数 今季(141) ←リーグ2位 三振率(今季/通算/MLB平均値)(23%/20%/17%)
被安打率 (今季/通算/MLB平均値) (.285/.254/.265)
長打率 今季(.471) 被本塁打数 今季(24) ←リーグ2番目で多い 得点圏被安打率 今季(.301)

▼Cause of Defeat

・2回裏: 無死満塁⇒内野フライ×2+外野フライ×1=無得点

・9回表: 1点ビハインドの展開で今日がメジャーデビューとなるコーンへ継投

今日の敗因は上記の通り。いつもならダラダラとここで理屈をこねるのがこのブログのお決まりだが、今日の内容はとてもそんな気にもなれない。特にに8.9回の継投に関しては″ないモノねだり″は禁物だとは理解していながらも、これほど左のワンポイントを渇望した事はなかった。

※vs左 (打率/出塁率/長打率) オルティス(.186/.259/.268 )ドリュー(.172/.257/.242)

< External Link >
Video : Matsui's reviewed homer (7/27 BOS@LAA)
Video : Recap: BOS 6, LAA 3 (7/27 BOS@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。