スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game025 vs DET L3-2

2010年05月02日 15:13

▼5/1 Game025 : Detroit Tigers 3 @ LA Angels 2   Wrap >>>

9回裏、大方の予想は裏切らず … 5月は黒星 & 負け越しスタート。

▼S.カズミア → K.ジェプセン → F.ロドニー → S.シールズ

今季のシールズの登板内容やその役割を見ても、何故にこの展開での継投なのかという疑問一点に尽きる。ましてはタイガース打線を引っ張る絶好調の1番、2番相手、制球に苦しむ今季のシールズを見れば結果がホームランの1発ではないとしても大方の予想は付いた継投。さらにはサヨナラHRを打ったデイモンとの相性や前タイガース戦のシールズの結果を見てもやはりこの継投の理由がわからない。

※S.シールズ : 6.1IP 8四球 9/BB 11.37 WHIP 2.68 (今季)
※前タイガース戦(4/20@LAA) 0.2IP 3四球 3失点 ※S.シールズ vs J.デイモン 21打数5安打→2HR
※VIdeo : Damon's walk-off homer (5/1 LAA@DET)
※関連記事 : 2009 / Yankees : Roster Analysis No.18 & 53

▼5/1 : Today's note

相手より多い11安打を打ちながらも僅か2得点のエンジェルスは連日多発する失策も絡み、このシリーズもトラ退治失敗。明日はJ.バーランダー×J.ウィーバーのエース同士のマッチアップ。タイガースの強固なブルペンを考えるとエース攻略がSWEEP阻止の条件になりそう。それだけに今日の松井のホーム憤死の判定はその補殺者も含め痛恨事だった。

※angelsbaseball.com : Halos hoping to catc1h Verlander during slide
※タイガースのリリーフ陣 : ここ14試合 防御率1.11

< External Link >
Video : Recap: LAA 2, DET 3 (5/1 LAA@DET)
Video : Matsui's nailed at home (5/1 LAA@DET)
nikkansports.com : 松井憤死 「足が入っていたと思うけど…」

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

スポンサーサイト

Angels : Game016 vs DET L4-3

2010年04月22日 18:55

▼4/21 Game016 : Detroit Tigers 4 @ LA Angels 3  Boxscore >>>

連夜の1点差も今日は逃げ切れず、チームの連勝は5でストップ。今日はその敗戦の決め手となった継投について気になった部分を書いてみる。

▼ブライアン・フェンテス : 0.2IP / 被安打2 四球2 三振1 失点2 (負け投手)

9回のマウンドに上がったのはDL明けの復帰登板となったクローザーのB.フェンテス。故障明けで1点差という展開での登板や、同点とされたカブレラのソロHRまでは目を瞑れても、勝ち越しのランナーを得点圏に置いた時点で継投に至らなかったソーシアの采配はやはり理解が出来ない。いくらブルペンに使える駒がないとは言っても今日の4人の打者に対するフェンテスの内容を含め、相手が代打攻勢で右打者を送ってきた事を考えてもその続投には大いに疑問が残る。それに加え、逆転後にマウンドに上がったのは右打者に強いB.ストークスというチグハグな継投。
因みにビデオを見てもらえば分かると思うが、勝ち越し打を打った8番のサンディアゴ (長打率 .238) の打球を処理したレフト・リベラの外野シフトもいささか疑問が残る内容ではあった。

※Video : Cabrera's game-tying homer (4/21 DET@LAA)
※Video : Santiago's go-ahead single (4/21 DET@LAA)
※G.レアード vs (右投手/左投手) (.218/.248)
※B.ストークス vs (右打者/左打者) (.219/.330)
※F.ロドニー & K.ジェプセンは共にここ7試合で5試合登板。

″余禄″ エースで4連戦シリーズの勝ち越しを確定出来なかったエンジェルス。明日のマッチアップを考えると尚更痛い敗戦になりそう。

< External Link >
Video : Recap: DET 4, LAA 3 (4/21 DET@LAA)
Video : Morales' two-run homer (4/21 DET@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


Angels : Game015 vs DET W6-5

2010年04月21日 18:35

▼4/20 Game015 : Detroit Tigers 5 @ LA Angels 6    Boxscore >>>

勝って5連勝も、6回始まるまで6点のリード→そこからは5人の継投→終わって見れば最少得点差の辛勝。

▼リリーフ : 防御率5.72 (13) 自責点25 (13) 四球数28 (13) ( ) はA.L 全14チームでの順位

すでにブルペンの脆弱さは言うに及ばず。正直これでは先発が好投する以外に勝てる術はない。そんな中でも故障のB.フェンテスの代わりにクローザーを務めるF.ロドニーが安定してきたのは唯一の救いだが、制球難の持病持ちだけに信頼するにはまだ早い。長いシーズン、リリーフで勝ちを如何に拾える事が出来るかがチーム上昇の一つのカギになる訳で先発好投の5連勝も先を考えれば素直には喜べないところが本音でもある。

※angelsbaseball.com : Pitching Stats, As a Reliever 2010
※angelsbaseball.com : American League Pitching Stats, As a Reliever 2010
※Video : Kazmir's strong start (4/20 DET@LAA)
※Video : Rodney earns the save (4/20 DET@LAA)
※F.ロドニー : 9/BB (2009 / 通算) (5.0 / 4.6) BB% (12.4 / 11.6)
※ここ5ゲームの先発による四球数と防御率 (37IP) : 四球 (1) 防御率 (1.22)

▼NOTE : Team Headlines

昨日のゲームでK.ジェプセンのワンバウンドを捕球する際に右手首を負傷した捕手のJ.マシスが15日間のDL入り。診断結果は骨折で完治までには4週間~6週間はかかる模様。それに伴い再びAAAからR.クィンランをコールアップ。こちらについてはその処置を含め次回詳しく書く予定。

※angelsbaseball.com : Wrist fracture puts Halos' Mathis on DL
※関連記事 : Angels : Spring Game vs CHC

今季、エンジェルスの本拠地で行われる″2010 オールスターゲーム″の投票開始。松井秀喜もDHでノミネート。オンライン投票は → The Online All-Star Ballot

※MLB.com : VOTE NOW / Ballot unveiled for ″2010 All-Star Game″

″余禄″ 今日のキーマンは3打点のケンドリックと言いたいところですが、出塁率2割台前半だったモラレス&リベラの合計4出塁をあえて挙げます。それにしても松井秀喜のダメ押し2点タイムリーが結果的には決勝打点とは…。

< External Link >
Video : Recap: DET 5, LAA 6 (4/20 DET@LAA)
Video : Abreu's 350th stolen base (4/20 DET@LAA)
Video : Matsui's two-run double (4/20 DET@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Game021 NYY@DET [8 ‐6]

2009年04月30日 23:59

April 29, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 7 1 0 0 0 0  890
Detroit
0 0 1 0 0 0 0 0 5  670

世界の相手はブタさんですがコチラの相手はトラさん。いずれの2勝も集中打でなんとか勝ち越し、トラ退治に成功。

先発は今季4度目の登板となるJ・チェンバレン:7回 88球 被安打3 奪三振6 四球3 失点1 自責点1 今季初勝利

今季最長の7イニングを投げ球数88球で初勝利。決して良い時のイメージ程までとはいかないものの、変化球のキレは◎、
ブレーキの利いた縦割りのカーブも精度が高かった。課題はセットからの投球での球威と制球力。球数はこの展開が加味した様な気がする。


チェンバレン → ( 8回 ) コーク → アルバラデホ → ( 9回2アウト5点差 ) リベラという継投。

なんとも解せないのがコークとリベラの起用。コークに関しては残りのイニング考えても7点差はセーフティーライン。
コークを出すまでの妥当性はなく同じ左投の選択ならマルテ、右ならローバートソンもいたはず。( 3者共に前登板はGame17のBOS戦 )
終いはリベラのお出ましで3ランの被弾。こちらは中4日、BOS戦で同点被弾を喰らった以来の登板で登板間隔の調整なら9回の頭からいくはずで5点差のアウト一つとればゲームセットという状況で出てくる様な役割ではない。


明日からホームでLAA4連戦。リリーフ陣の不甲斐なさは五分の両チーム。NYY:6.65 [A.L13位] LAA:6.82 [A.L 最下位]



「余録」

打って走る松井さんが見れて満足の2試合。沈黙のテシェイラに敬遠 ・・・ ムカッときた後のスカッと感。やっぱりたまらんわ~。





Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。