スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Rethink

2010年09月08日 19:13


エンジェルスのプレーオフへの道はそのゲーム差は勿論のこと、戦力的な事も含めてもすでに絶望的と言ってもいい。それ故にここから一ヶ月の戦い方も来季に向けての試用期間という意味合いが強くなってくる。それは単に個々の戦力を見定めるだけの時間だけではなく、今季出来なかった事に対しての見直しと改善を図る重要な一ヶ月にもなってくる。

例えば、再三このブログでも取り上げてきた走塁ミス(盗塁死も含む)などは、そのほとんどが状況判断のミスによるもので、走力の有無(フィジカル面)がネックになっていない以上は訓練次第で改善は十分可能になってくる。
犠打や進塁打の精度を高くする事にしても同じ事。下位打線があれだけ厳しい状況なら自ずとそういった機会は増えてくるだろうし、もっと言えば主砲モラレスを失った時点で″繋ぐ野球″への意識はより強くなくてはならなかったはず。まさに今の様に貧打が続き、1点が遠い近況にあるチームにとっては尚更その為の手順や手段が得点するためキーになってくるはずだろう。

チームが″確率の高い野球″を取り戻すには重いバットを振り回す事よりも、今はそんな一つ一つの細かな精度を上げる事が勘を取り戻すきっかけになってくると思う。残されたゲーム数は23.せめて最後ぐらいはエンジェルス″らしさ″を取り戻してシーズンを終えてほしい。

※盗塁(成功/失敗/成功率)(86/46/65%) そのうち3塁への盗塁は11度の成功、9度の失敗(ハンター×5)
※送りバントの成功率 = 60% リーグで3番目に低い成功率
※先制した時のチーム成績が9勝2敗 先制された時の成績は3勝16敗(過去30ゲームが対象)
※関連記事 : Angels : Game075 vs LAD L10-6

▼September call up: ロースター枠拡大(セプテンバー・コールアップ)により昇格した5名は以下の通り

M.トランボ(1塁手) H.コンガー(捕手) K.フランドセン(3塁手) M.パーマー(投手) R.カセーバー(投手)

中でも注目されているのは地元アナハイム出身、期待の若手マーク・トランボ(24歳) この昇格によりチームは現在1塁手と捕手で起用できる野手が各4名づつになる。当然松井秀喜の起用にもこのトランボの昇格は影響はしてくると思う。
ソーシア曰く今のところトランボを毎試合起用するプランはないとのことだが、チームの状況やDHというポジションの特性上を含め、今までの様にそのイスを独占する事は現実的に厳しくなるだろう。

なお、そのトランボはシーズン終了後、ベネズエラにて行われるウィンターリーグで外野手としてプレーをする予定。これは当然ながらモラレスが来季に復帰する事を考慮に入れての措置だと考えられる。

※M.トランボ : 打率.301 HR36 打点122 長打率.578 OPS.947(今季/AAA)
※Reference.com : Mark Trumbo Minor League Statistics & History
※Los Angeles Times : Angels' Mark Trumbo to play outfield in winter league

< Eternal Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。