スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game125 @ MIN L4-0

2010年08月23日 19:07

▼8/23 Game125 : LAA 0 @ MIN 4 Wrap >>> 

Under .500

▼5回裏: 2死ランナーなし⇒3BH⇒敬遠⇒四球⇒(2死フルベース)⇒5番カダイアー: 走者一掃の2BH

ウィーバーはソロHRを含む実質3本のヒットで4失点。マウアーへの敬遠はそのケースや相性的にも想定内だったが、何より誤算だったのは次打者クーベルに対してのストレートの四球だった。
今日、ゲーム序盤に Twitter でも書いたが、気になったのはカウントを整えに行くいつもの緩いカーブをほとんど投げずにいたことで、結局勝負を決めたカダイアーに対しても計9球を要しながらもその何れもストレートとスライダーのみの投球。相手がリーグNo1の打率を誇る打線とはいえ、今日はその配球にも少し疑問が残る内容だったと思う。

一方のLAA打陣も先制のチャンスを逸機するなど今日もエースを援護出来ない展開。いくらエースとは言ってもこのランサポートでは正直しんどい。ハッキリ言って某金持ち球団ならすでに15勝はくだらないと思う。

※ウィーバー vs マウアー: 18打数6安打(通算)
※Video : Cuddyer's nine-pitch at-bat (8/23 LAA@MIN)
※オールスター後、ウィーバーの登板8試合でチームの平均得点2.1

▼NOTE : Team Headlines

イズトゥリスが右肩の炎症により15日間のDL(今季3度目) ⇒ 前シリーズのBOS戦でローウェルの打球を処理(ダイビング)した際に古傷に痛みを覚え今季3度目となるDL入り。それに伴いAAAより右投げの22歳J.ウォルデンをコールアップ。

そのウォルデンはスライダーとチェンジアップ、MAX102mphのストレートを武器とする右投げの22歳。実際に見た感じでは伸びのあるストレートは魅力的ではあるがやはり課題はその制球力。その辺は今季、このチームをずっと見てきた人なら痛感してると思う。現地の記事によれば昨年は左打者に苦戦していたらしい。

※Video : Walden's Major League debut (8/23 LAA@MIN)
※FanGraphs : Jordan Walden / Stats - Minor League (AAA)
※今季 : (AA 38+AAA 6) 合計44試合 49IP 24四球 41奪三振 WHIP 1.530

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 0, MIN 4

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


スポンサーサイト

Angels : Game069 vs MIL W5-1

2010年06月17日 19:58

▼6/16 Game069 : MIL 1 @ LAA 5 Wrap >>>  

″傷だらけの天使″

▼エリック・アイバー : 左膝半月板損傷 | マイサー・イズトゥリス : 左腕の疲労(張り) ⇒ DL(15day)入り

″Good Trip″ から一転、ホームに戻った途端、負傷者2名という散々な結果に終わったMILとの3連戦。失った2名はチームの得点頭を含む1.2番コンビで、その機動力は勿論のこと今回はモラレスの一件とは違い、ポジションがポジションなだけに守備力のダウンも避けられそうもない。特にアイバーの負傷に関してはマギー自身による死球への報復プレーによるモノだったが、1塁手だったフランドセンの送球次第では避けられた可能性もあっただけに、見方よっては守乱が招いた事故とも言える内容。

因みにこの日のゲームは、1番ケンドリック⇒2番ナポリという打順で、前者は勝負強いが出塁率に乏しく、後者はチーム一番の三振王。そんな選球眼が良いとは言えない両者が1.2番を務めざるを得なかったオーダーを見ても、幾らパッチワークが得意なソーシアといえども今回の穴は簡単には誤魔化せそうもない。

※Video : Aybar's injury (6/14 MIL@LAA)
※Video : Izturis' diving stop (6/15 MIL@LAA)
※E.アイバーは現地18日の金曜日に再検査の予定で、結果次第ではDL入りの可能性もあるとのこと。
※H.ケンドリック : 出塁率.300 ※M.ナポリ : 三振数 66 (A.Lワースト4位)

▼NOTE : Team Headlines

J.マシス 現地金曜日のカブス戦から戦列復帰 ⇒ 左手首の骨折とマイナーでのゲーム中、ワンバウンドの処理の際に親指を負傷し復帰が遅れていたJ.マシスが休み明けの6/18日から行われるカブスとのシリーズにて戦列復帰する予定。ソーシアによれば ″M.ナポリを一塁手で起用するプランが多くなるだろう″ とのこと。

カブス戦×松井秀喜 ⇒ 現地金曜日から行われる@カブスとの3連戦で松井秀喜は2試合でレフトを守る予定。

< External Link >
Video : Recap: MIL 1, LAA 5
Video : Angels Video Highlights

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Game032 @ SEA W4-3

2010年05月09日 18:51

▼5/8 Game032 : LA Angels 4 @ Seattle Mariners 3  Wrap >>>

意地の一振りで延長戦に決着。(敬遠後→決勝タイムリー)

▼Godzilla's 1500th RBI sinks Seattle

節目となる日米通算1500打点目がチームに勝利を呼ぶ決勝タイムリーとなった松井秀喜。打球自体は好調時の松井らしい痛烈な当たりではなかったが、しっかりとバットを振り切れた事が功を奏したと言える様な内容のバッティングだった。以下はゲーム後の松井のコメント。松井ファンなら思わずニンマリする様な如何にも松井らしいコメント…これだから松井狂はヤメられない。

Q : 打点へのこだわりは

松井 : 「走者がいる場面で長い間打っているので意識するのは間違いない。そういう(打点を稼ぐ)役割も担っているが、こういう数字にきたのはボクだけの力ではない。自分でホームを踏んだのは本塁打だけで、それ以外は他の選手が返ってきてくれた。今まで一緒にやってきたチームメートの力です」

※Video : Matsui's go-ahead single (5/8 LAA@SEA)
※SANSPO.COM : 松井秀、記録に 「また積み上げていくだけ」
※時事ドットコム : 献身的なクラッチヒッター=松井秀、信念貫き1500打点 - 米大リーグ
※関連記事 : Angels : Game031 @ SEA W8-0
※明日は開幕始まって以来初の休養の予定。

▼NOTE : Team Headlines

M.イズトゥリスが肩の炎症により15日間のDL入り → AAAからK.フランドセンをコールアップ

昇格したのは内外野を守れるユーティリティープレイヤーのK.フランドセン(27) 早速、今日のゲームで3安打と好守でチームに大きく貢献。アンチ・ウッドファンの心中は容易に想像が出来るが、個人的には昨日のR.バディー同様に新戦力の活躍がチームの活性に繋がってくれればそれだけで今のところは十分。

※angelsbaseball.com : Izturis lands on DL; Frandsen called up
※Video : Fransden's three hits (5/8 LAA@SEA)
※ESPN : Kevin Frandsen / Stats

< External Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Game030 @ BOS L11-6

2010年05月07日 19:58

▼5/6 Game030 : LA Angels 6 @ Boston Redsox 11  Wrap >>>

4試合ぶりとなる先制点(4点)も報われる事なく今日も敗戦。浮上のきっかけすら掴めず、チームは9年ぶりの7連敗 (2001年以来)

▼ここ7試合 : 防御率 7.83 被安打率.344 WHIP 2.11 四球数 32 合計54失点
                                             
上記のスタッツは全てA.Lのワーストの14位。連敗の全てが投手陣だけの責任とは言えないまでも、流石にここまで崩れるとゲームはおろかチームの立て直しも容易ではないのも事実。ましては打線も芳しくない今のエンジェルスにとっては、とてもワンチャンスだけでは全てを清算、またそれ以上の上積みは期待できない。今は先発の好投が勝利の条件・・・こんな事言ってる時点で勝利はおろか選手までも否定してるようで堪らなくなるが、ウィーバー、ピネイロ、サンタナのこの3人だけは何としても立て直してほしい。

※angelsbaseball.com : Pitching Stats,2010
※angelsbaseball.com : Hitting Stats, Last 7 Days 2010 (7連敗中の打撃スタッツ)

▼ここ7試合 : 失策10

負の連鎖はディフェンスにまで及び、その失策が尽く失点に繋がる悪循環。特に走者を背負った際にミスが多発する傾向が強く、それが四球絡みの走者だったりするからなおタチが悪い。
このシリーズも3戦目、ベルトレイの先制打となった3塁線の当たりだが、記録上は失策にはならなかったものの、ウッドは正三塁手で起用されている以上はせめて体で止めるくらいの姿勢は見せてほしかったというのが本音。

Video : Beltre's RBI single (5/5 LAA@BOS)
※B.ウッド : 失策数 5 (チーム最多)

▼NOTE : Team Headlines

M.イズトゥリスが肩の故障により近いうちにDL入り(15日間)する模様。(現地月曜のBOS戦での守備の際に再発) 前述したようにウッドの守備が安定しない中での、このイズトゥリスの離脱。その堅実な守備だけではなく今季はチャンスに強い打撃でも貢献度が高かっただけにチームとしては大きな穴が開くのは避けられそうもない。個人的には今のチーム状態からしてウッドよりも正三塁手が適任だと思っているプレーヤー。

※The OCR : Injury to Izturis hampering Scioscia
※angelsbaseball.com : Maicer Izturis / Stats
※得点圏打率.500 (12打数6安打) 得点圏2死の打率.800 (5打数4安打)

▼5/6 : Today's note

流石に敗戦のムードが漂うと毎度の様に静かになる Twitter のタイムライン。そんな中でつぶやいてるのは解説気取りのお気楽な外野さん達…楽勝ムードで羨ましい限りです。エンジェルスファンも負けずにこんな時こそどんどんPOSTしていきましょう。

< External Link >
Video : Recap: LAA 6, BOS 11

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG




Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。