スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game034 vs TB W5-4

2010年05月11日 19:37

▼5/10 Game034 : Tampa Bay Rays 4 vs LA Angels 5  Wrap >>>

思わぬ ″Walk-off″

▼ブライアン・フェンテス : 1IP / 被安打3 自責点3 四球1 (救援失敗) 防御率 7.04 WHIP1.57

9回、3点の安全圏も儘ならない状態にあるB.フェンテス。その投球内容は勿論のこと、球威がないぶん生命線となる制球力を失うとこの有り様。Twitterでは ″これが今のレイズの底力でしょ″ なんて的外れな意見もあったけど、そもそもどんな相手であろうとそれらに依存関係が生じるようなクローザーならその役割は務まらなくて当然。因みに同点後の2死2.3塁での場面、6番ジャソーの打席での捕手ナポリのキャッチング(好捕)がなければ、今日のサヨナラを見る事はなかったと思う。

※angelsbaseball.com : Brian Fuentes / Stats ※今季のセーブ失敗 = 2
※Video : Rivera's walk-off sac fly (5/10 TB@LAA)

▼NOTE : Team Headlines

″トリプルAからT.ベル(右投げ)をコールアップ → R.クィンラン(ユーティリティープレイヤー)を降格″

その昇格したばかりのT.ベルが11回表に登板し、僅か5球でキャリア2勝目をマーク。

″右手首を骨折したJ.マシスは来週にはギプスを外せる見通し。もう一人の捕手、左足首ねん挫でDL入りしたB.ウィルソンもリハビリを開始したとのこと。

※angelsbaseball.com : Angels recall Bell to bolster bullpen


< External Link >
Video : Recap: TB 4, LAA 5 F/11 (5/10 TB@LAA)
Video : Pineiro strikes out seven (5/10 TB@LAA)
Video : Hunter's great catch (5/10 TB@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

スポンサーサイト

Angels : Spring Game vs CHC

2010年03月15日 19:22

▼3/15 Spring Game 10 / Cubs 8 Angels 7 Boxscore>>>

#44 Mike Napoli (マイク・ナポリ) : G7 / 17打数7安打 4HR 7打点 打率.412 長打率.524
(オープン戦成績 : 3/15現在)

オープン戦、打撃絶好調のM.ナポリだがその打撃の特徴は日を改めて書くとして、今回は気になるエンジェルスの捕手二人に(起用法)ついて書いてみる。
もう一人の捕手J.マシスとの守備能力を比較すると盗塁阻止率は両者実質ほぼ変わらず共にMLB平均値以下というスタッツ。一方で防御率においてはやはりインサイドワークと堅守が売りのマシスが守備面においては分があるが、やはり通算打率2割という打撃スタッツはマシスを起用するにあたり大きな割引きが必要になるだろう。ただ個人的にはやはり″捕手は守れてナンボ″ というのが捕手としての条件としてある。その能力や技術がスタッツには表面化しづらいポジションである事も事実でキャッチングの得手不得手は勿論、勝負勘や投手が捕手に対する信頼度などはその典型的な例と言っていい。その辺りを考慮しても″捕手は守れてナンボ″ というのは改めて強調したいところである。
昨シーズン、両者の捕手としての出場数はナポリが17G多い96Gの出場。各投手との相性によってもその起用は左右されるが何れにしてもその二人の関係上、DHのポジションの松井秀喜の状態によっては去年のポサダ同様にナポリは松井ファンにとって悩ましく厄介な存在になるかもしれない。因みにM.ナポリの起用についてソーシア曰く現段階で分かっているのは松井が休養を必要としたときのDHのバックアップはナポリを起用するとのこと。

※ナポリ(2009/キャリア) : 盗塁阻止率(CS% : 22% / 23%) 捕手防御率(CERA : 4.86 / 4.36)
※マシス(2009/キャリア) :         (CS% : 25% / 23%)         (CERA : 3.99 / 3.97)
※MLB平均値 : 盗塁阻止率(CS% : 27%) 捕手防御率(CERA : 4.40)
※2009 : パスボール&ワイルドピッチ(ナポリ / マシス) (PB : 5 / 6) (WP : 40 / 26)

< External Link >
angelsbaseball.com : Napoli crushing Cactus League pitching
angelsbaseball.com : Stats / Mike Napoli #44
angelsbaseball.com : Stats / Jeff Mathis #5


#55 Hideki Matsui (松井秀喜) : G5 / 12打数2安打 1打点 打率.167 出塁率.231 長打率.167
(オープン戦成績 : 3/15現在)

オープン戦5ゲームで初となる打点を挙げた松井秀喜。たった5試合のサンプルではその状態を判別するまでに至らないが、このゲームにおいてはアウトになった打席も強い当たりが出だしたのは良い兆候。今は打球が上がる上がらないという段階ではなく強くバットが振れて如何にミート出来るかが大事だと思う。
下記の外部リンクにある今週日曜日テレビ朝日で放送された ″速報 ! スポーツLIVE″ は松井秀喜による自身の打撃フォームの解説などファンにとっては非常に興味深い内容なので見逃されたかたは是非。

< External Link >
VIDEO : CHC@LAA / Matsui's RBI single (3/14)
VIDEO : 速報 ! スポーツLIVE 松井秀喜×古田敦也 (提供 : MatsuiSpace)
angelsbaseball.com : Stats / Hideki Matsui #55

▼NOTE : R.ウィリッツがハムストリングの負傷 / 次戦(現地15日)vs LADは故障で出遅れたS.カズミアとF.ロドニー、その他 K.ジェプセンらが登板予定。

< External Link : 2 >
OC Rejister : Reggie Willits injures hamstring
angelsbaseball.com : Spring Training 2010 / Hitting Stats (打撃スタッツ)
angelsbaseball.com : Spring Training 2010 / Pitching Stats (投手スタッツ)
Twitter : ura432ka1 on Twitter


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。