スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game125 @ MIN L4-0

2010年08月23日 19:07

▼8/23 Game125 : LAA 0 @ MIN 4 Wrap >>> 

Under .500

▼5回裏: 2死ランナーなし⇒3BH⇒敬遠⇒四球⇒(2死フルベース)⇒5番カダイアー: 走者一掃の2BH

ウィーバーはソロHRを含む実質3本のヒットで4失点。マウアーへの敬遠はそのケースや相性的にも想定内だったが、何より誤算だったのは次打者クーベルに対してのストレートの四球だった。
今日、ゲーム序盤に Twitter でも書いたが、気になったのはカウントを整えに行くいつもの緩いカーブをほとんど投げずにいたことで、結局勝負を決めたカダイアーに対しても計9球を要しながらもその何れもストレートとスライダーのみの投球。相手がリーグNo1の打率を誇る打線とはいえ、今日はその配球にも少し疑問が残る内容だったと思う。

一方のLAA打陣も先制のチャンスを逸機するなど今日もエースを援護出来ない展開。いくらエースとは言ってもこのランサポートでは正直しんどい。ハッキリ言って某金持ち球団ならすでに15勝はくだらないと思う。

※ウィーバー vs マウアー: 18打数6安打(通算)
※Video : Cuddyer's nine-pitch at-bat (8/23 LAA@MIN)
※オールスター後、ウィーバーの登板8試合でチームの平均得点2.1

▼NOTE : Team Headlines

イズトゥリスが右肩の炎症により15日間のDL(今季3度目) ⇒ 前シリーズのBOS戦でローウェルの打球を処理(ダイビング)した際に古傷に痛みを覚え今季3度目となるDL入り。それに伴いAAAより右投げの22歳J.ウォルデンをコールアップ。

そのウォルデンはスライダーとチェンジアップ、MAX102mphのストレートを武器とする右投げの22歳。実際に見た感じでは伸びのあるストレートは魅力的ではあるがやはり課題はその制球力。その辺は今季、このチームをずっと見てきた人なら痛感してると思う。現地の記事によれば昨年は左打者に苦戦していたらしい。

※Video : Walden's Major League debut (8/23 LAA@MIN)
※FanGraphs : Jordan Walden / Stats - Minor League (AAA)
※今季 : (AA 38+AAA 6) 合計44試合 49IP 24四球 41奪三振 WHIP 1.530

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 0, MIN 4

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


スポンサーサイト

Angels : Game003 vs MIN L4-2

2010年04月08日 18:45

▼4/7 Game003 : Minnesota Twins 4 @ LA Angels 2 Boxscore>>>

結果、安打数ではツインズ打陣を上回りながらも2戦目同様に序盤の好機をモノに出来ずにツインズ相手に痛い連敗。このゲームもリリーフ陣が奮起していただけに尚更その序盤が悔やまれる敗戦となった。早速、今日のゲームで気になった点をいくつか挙げてみる。

▼E.サンタナ : 6回 105球 被安打5 三振4 四球1 自責点4 HR2 (W0-L1)

先発としては何とか役割を果たした恰好だが、やはり残念だったのは4回表の3番J.マウアーに対し、ほぼ勝負を避ける様な形で四球出塁させた場面。その後の4番モウノーに被弾されたのは仕方ないとしても1死ランナーなしの場面で例え相性が悪い事がその理由だとしても簡単に勝負を避けるようでは何とも情けないとしか言うほかない。ましてはホームランを打たれた4番モウノーに対しての過去の対戦成績を見れば尚更その四球の理由が分からない。

※対 J.マウアーの対戦成績 : 17打数10安打 打率.588
※対 J.モウノーの対戦成績 : 15打数5安打 (その安打数うち2本がホームラン)
※Video : Morneau's two-run blast (4/7 MIN@LAA)

▼4/6 : Team RISP(1-for-7) LOB(7) 4/7 : Team RISP(2-for-7) LOB(7)

4番松井秀喜の3安打もエンジェルス打陣は相手C.パバーノの多彩な変化球を前にここ一番の場面で1本が出ずに敗戦。今日は特にその1本は愚か所謂″最低限の仕事″すら2回、8回の好機の場面に出来なかったのはチームとしてはやはり痛かった。
まだシーズンは始まったばかりとは云え、機動力と確率の高い野球を売りとしたエンジェルス野球だけに明日は何とか持ち味を発揮し、開幕カードをタイで〆たいところ。

▼NOTE

松井秀喜は明日のゲーム、公式戦としては2008年6月15日以来となる左翼手として先発する予定。エンジェルス先発がゴロアウトピッチャーのJ.ピネイロというのもその理由とのこと。

同カード2戦目にリリーフとして2イニングを登板したM.パーマーは当初の予定通り4/9のvsOAKでカズミアの代わりに先発登板する予定。

※The OCR : Matsui OF experiment goes live Thursday
※関連記事 : Angels : Starting Pitcher Rotation 2/2


< External Link >
Video : Recap: MIN 4, LAA 2 (4/7 MIN@LAA)
Video : Rivera's RBI single (4/7 MIN@LAA)
Video : Napoli's RBI single (4/7 MIN@LAA)
angelsbaseball.com : Nothing doing for Angels' offense

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter

Angels : Game001 vs MIN W6-3

2010年04月06日 22:12

▼4/5 Game001 : Minnesota Twins 3 @ LA Angels 6 Boxscore>>>

2010年エンジェルスの開幕戦は要所をキッチリ押さえる新エースのJ.ウィーバーと、頼れる静かな必殺仕事人が結果を残し、クローザーのB.フェンテスが3点の安全圏で危なげなく〆るという松井秀喜ファンにとっても刺激的なゲームだった。

▼Revenge is Sweet / J.ウィーバー : 6回 94球 被安打5 三振6 四球2 自責点3 HR1 W1-L0

先発ウィーバーは幾度もランナーを背負いながらも粘り強いピッチングで開幕戦にて今季初勝利。3失点のうちの何れも内野安打で出塁したランナーからの失点と考えればツキのない不運な失点だったとも言えるし、そんな中でも大きく崩れないところは流石に他の先発陣とは一枚違うというところも見ていて感じる事が出来た。
今年、新しく習得したツーシームも投球数としては少ないながらも先ず先ずの出来で十分に可能性を感じたし、何よりそれらを上手く配球していた捕手であるマシスのリードも陰ながらに大きく貢献していたよう思える。ちなみにウィーバーは自身2度目の開幕投手で初めての勝利。ツインズに2年前の借りをキッチリ返した恰好となった。

※Video : Weaver's solid start (4/5 MIN@LAA)
※関連記事 : Angels : Starting Pitcher Rotation 1/2

▼Quiet Assassin / 松井秀喜 : 4打数2安打 2打点 1HR
Matsui Hideki 4/5 MIN@LAA 

新天地での静かな仕事人の堂々たる開幕デビュー。松井ファンが騒ぐのも無理もないが個人的には昨季のワールドシリーズでのセンセーショナルな活躍で多少は肝が座ったのではないかと思っていたが第3打席目の大きなファールの時点で手汗がジワリ、その直後に打った勝ち越しタイムリーでは軽く震えていたw そして第4打席の貴重な追加点となる今季1号目のソロホームランで開幕早々に一足早いお涙エンディング。新生を誓い新天地で仕事をする静かな仕事人を、涙を潤ませ大騒ぎしながら見ている自分は今年も去年と何も変わらない自分だった。

と言う訳でもうすでに今日は技術的な事は頭にない。何故にあの球が右中間スタンドに飛んだとか、そのボールを松井が何故「ラッキーだった」と表現したのか分からないし、正直今日はそんな事はどうでもいい。ただ改めて再認した事は、赤いユニフォームも着ても松井秀喜は何も変わらず寡黙に仕事やってのけるという事だ。
おかげで今日のTwitterは国内外問わず″Matsui″や ″Godzilla″の歓喜の声が文字となってタイムライン上で埋め尽くされている。今日はそれらを見ながら多少余韻に浸っていたい気持ちもあるが、私も私なりの仕事をする為に松井を見習い今日はブリブリ文句を言わず仕事に向かうことにする。

※angelsbaseball.com : Matsui makes himself right at home
※Video : Matsui's RBI single (4/5 MIN@LAA)
※Video : Matsui's solo shot (4/5 MIN@LAA)
※Video : Broadcasters call Matsui's homer (4/5 MIN@LAA)
※Sponichi Annex : 松井秀と一問一答「それが一番、大きい」
※関連記事 : WHO IS YOUR HERO ? #55


『余禄』 今日は敢えて苦言は封印し良点だけを書いてみましたが実際はブルペンを含め、一歩間違えれば昨日のヤンキースの様になるところでしたね。分かっていたとはいえ流石に左のワンポイント不在はこれから諸に影響が出るかも。

< External Link >
Video : Recap: MIN 3, LAA 6
MLB.com : Angels Video Highlights

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter

ALDS / Game3 : Yankees 4 × Twins 1 @Metrodome

2009年10月13日 13:49

October 11, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 2 0 2  470
Minnesota
0 0 0 0 0 1 0 0 0  170

ALDS / Game3 ヤンキース 4 × ツインズ 1 [ 3戦3勝 → ALCSへ ]

2戦目もこの3戦目もゲームの結末はどちらに転んでもおかしくない展開。正直、相手の悪走塁での自滅やゲームの局面を大きく変える“一発”がMINになかった事もかなり大きく、おまけに守護神ネイサンの出来もNYYとしてはうれしい誤算だったように思う。※ネイサン 2.0IP 被安打5 失点2

▼Game2 [ 4回表:2死1.2塁 → 右安 → ゴメスの走塁 → 先制点ならず ]
  Game3 [ 8回裏:無死2塁 → 内野安打( ショートゴロ ) → プントの悪走塁 → 同点ならず ]  
 
VIDEOを見てもらえれば分かる様に特に後者の走塁は判断が云々と言うよりランナーコーチを見過ごすという走塁の基本を無視した暴走。ジーターのホームに迷わず送球するという好判断があったとはいえ、あまりにも双方にとって大きな走塁。※ジーターが捕球後3塁のロドリゲスの位置を確認して本塁に送球。 捕球した時点での3塁ロドリゲス位置関係がポイント。※VIDEO:Twins baserunning analysis

▼NYY = 6本 [ 同点HR×3 逆転HR×2 追加点HR×1 ]  MIN = 0本

ALDSでの両軍のHR数は上記の通り。短期決戦のHRに大きいも小さいもないのは分かっていながらも、その場面とそれによる効果においては何れも只者ではないHRが多かった。これぞ良くも悪くも “ ザ・ヤンキースクオリティー ” ( 個人的には先々を考えると負のイメージの方が強い。)

▼NYY = ERA/1.55 ( 1 ) 先発/1.42 ( 1 ) リリーフ/1.80 ( 2 ) ※3戦終えての各防御率 ( )はALDS出場の4チームでのランク

如何せんHRの数とそのド派手な印象があまりに強かった為に打撃陣についつい意識がいってしまうが、
投手陣、特に先発の踏ん張りは目を見張るものがあった。HR以外の打撃スタッツはNYYよりも高いMINを相手に毎回に亘る焦れる様な展開でのこの数字とパフォーマンスは改めて評価出来る。MINが意外にも小技が少なかった事も少なからずその数字に加味していると考える。
※MIN = 3戦合計で先頭出塁8回も犠牲バントは0 → そのうち進塁打になったのも僅かに1つ → 得点も1
( MINはリーグ№1を誇るシーズンでの犠牲バント / 55 )


▼NEXT STAGE “赤い天使 × 悪の帝国”

殺傷能力抜群だが命中精度の低い長距離カノン砲 vs ソーシア大佐率いる高精度がウリの地上戦専門MK11射撃班・・・あまり良いイメージが湧いてこないのは気のせい? 松井ファンとしてはポサダとの起用法も気になるところ。その辺はまた機会があれば・・・。


gal_yankees_twins_23.jpg
ビールを浴びてる人の活躍は半端じゃなかった。次は注いでる人の番でしょ。


余禄・・・MIN・BOS・COLとクローザー大崩壊・・・よりによってこんな時期にって思うのか、こんな時期だからこそなのか、いずれにしてもその役割が確立してるだけでそれが100%の鉄板ではナイって事か。


[ External Link ]
VIDEO / Recap: NYY 4, MIN 1
VIDEO / A-Rod goes yard
VIDEO / Posada's solo jack
Twitter / Yankees_jp on Twitter
Twitter / ura432ka1 on Twitter

Game038 MIN@NYY [ 6 ‐ 7 ]

2009年05月19日 21:51

May 18, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Minnesota
2 0 0 1 0 1 0 1 1  6131
NY Yankees
6 0 0 0 0 0 1 0 X  7130

クマ狩りシリーズを4頭まるっと仕留めSWEEP劇。
このMIN戦から始まったホーム10連戦は予想もしていない幸先良い滑り出しでNYYは連勝を「6」に伸ばした。

今日は簡潔にこのゲームで気になったところ( ケチ・注文 )だけ・・・。

キャリア初のセーブをマークしたP・コーク。
8回表 2死1塁 NYYが2点リードの場面でコーク投入 打者はこのシリーズも確変中の4番モルノー。( 左打者 )
結果から言うとモルノーは三振。コークの投球内容は抜群に良く注文の付け様がなかった。

ただ解からなかったのは何故このケースでコークの投入に至ったかという事。
確かに投入できる選択肢は少なく現状況のブルペンで左投げはコークただ一人だが、今季のモルノーは対左.391 対右.293 というスタッツ。
現に今日の先発のペティット( 左投げ ) からこのゲームこれまで4打数4安打と左投手から結果を残している。
しかも先日モルノーに対してコークはHRを被弾。それと同時にこのシリーズ、ブルペンで失点しているのはコークのみで失点内容は共に2つのHRによる計3失点。

このケースで最も警戒すべきは言うまでもなく1発な訳で、この選択は正より負の要素が多いのは明らか。
高校野球なら精神論で事無きを終え後に美談にもなるがココの舞台では通用しない事は去年に学習したはずだと思ったんだけど・・・。


次戦は早くも3シリーズ目となるBAL3連戦。クマが倒せてトリが倒せない訳がありません。( まさにこれこそ精神論か。)



「余録」

ホーム戦が良いリハビリとなったかは別としてこのカード攻守共に貢献したテシェイラ。

このカード16打数8安打 9打点 HR3 ・・・ 沈黙者から一気にチームトップの28打点と10HR.
それにしても打の貢献もさることながらココイチでの好守・・・改めて「守れる」って松井ファンには羨ましくもあり妬ましい限りです。





Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。