スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 / Yankees : Roster Analysis No.33 & 11

2009年10月06日 12:36

前エントリーに続いてヤンキース外野編pt.2 今回は ♯33 ニック・スウイッシャー ♯11 ブレット・ガードナー


Nick Swisher / 33 #33 Nick Swishar / RF [ ニック・スウィッシャー ] 

2009 / 試合数 150 / 打率 .249 / 本塁打 29 / 打点 82 / 出塁率 .371 / 盗塁 0 /

“レッドブル愛す エナジーみなぎるMr.意外性”

シーズン序盤は投手としてマウンドに上がるなどの珍事もあり、まさに投打での活躍を見せたスウィッシャー。 毎年スロースタートなヤンキースだっただけに彼の活躍はチームにとって良い潤滑油となったことも事実だが、前エントリーで書いたカブレーラ同様に打撃にムラも多く、いまひとつ安定性に欠けるプレーヤーでもある。

打撃スタッツで特筆すべきは三振数と 四球数。選球眼の良さは四球数がその結果に反映していると言えるが、その見分ける目とそれを仕留める技術は別物という事だろう。 (  )はA.Lランク

※ 三振数/ 127 (12 ) K% = 25.3% ( 10 ) 四球数 / 97 ( 2 ) BB% = 16.3% ( 1 )   
※ O-swing% = 17.4% ( 5 ) 因みに悪球打ちのLAA・ゲレーロ / O-swing% = 44.1%
※ Z-contact% = 85.3% (15 ) NYY・カノー / 95.8% ( 2 )

スイングからしてもどんな球にでも上手くアジャスト出来る様な順応性はあまり見られないというのがシーズン通して見た彼の印象。たぶん大振りなイメージもそう思わせる要因の一つだろう。

意外性と言えばヤンキースのプレーヤーの大半が新球場という事もあってHRを量産する中、スウイッシャーは29HR中の21本がアウェイ戦でのHR、打率においても [ HOME /.226 ] に対し[ AWAY / .268 ] とAWAY巧者という今年のヤンキースの打陣しては珍しいタイプのプレーヤーの一人。

守備は主にライトにつく事が多く、その守備能力は平均クラスだが守備範囲は広めの印象。
チームを救う好捕も多い一方で凡ミスも多い。※ヤンキースの外野陣の中ではトップタイの失策数/5
 
人柄はご存じの通り。チームも風貌も変わったがプレースタイルと中身は変わらないタフなムードメイカー。良くも悪くも意外性のある男とも言える。下記のVIDEO / Girardi chats with Swisherは彼の人柄が良く出た迷シーンで相互の関係を例えるならば “いかりやと志村”・・・とりあえず必見。

[ External Link ]
Nick Swishar / STATS by yankees.com
Nick Swishar / SPLITS by ESPN
VIDEO / 2009.09.08 / Swisher's walk-off shot
VIDEO / 2009.08.07 / Girardi chats with Swisher


Brett Gardner / 11  #11 Brett Gardner / CF [ ブレット・ガードナー ]

2009 / 試合数 107 / 打率 .270 / 本塁打 3 / 打点 / 23 出塁率 .345 / 盗塁 26 /

“ 次塁を睨むピッチ走法の暴走韋駄天 ”

最大の特徴は何と言ってもその俊足。走り出した初速からトップスピードに乗るまでの時間が恐ろしく
速いのもその足の魅力だろう。その最大の武器となる俊足だが如何せんその足を過信してか暴走が多いのも玉に瑕。そういった瞬時の状況判断能力が乏しい事も彼の当面の課題である。よって起用
は簡単だが用途は慎重を期するべき走り屋とも言えるだろう。※( 盗塁数 /失敗 ) 09年 ( 26 / 5 )

打撃フォームの特徴はテイクバックはほとんど取らず、腰の回転とスイングスピードに重きをおいた
バッティングだが、軸足とステップする足の両方が伸びきってしまい上半身だけのスイングになってしまうのが悪い癖。
去年と今年とでは打席数も半数ほど違うが、去年よりはその足を活かした内野安打も多くその率も上昇。
あとは左方向への打球が飛ぶ様になる事と、バントの精度が上がれば尚一層に内野安打は増えてえくるだろうと思う。※09年 バント安打 / 1 
※ ( 内野安打数 / IFH% ) 08年 ( 7 / 4.4% ) 09年 ( 17 / 16.0% ) 因みにイチローもIFH%=16.0%

守備においては根っからのダイビング狂。どんな試合状況でもダイビングキャッチを試みるなど前途し
た様に状況判断能力は乏しいが捕球能力はトップクラスと言ってもいい。しかし肩は平均以下。
守備固めにセンターで起用される事もしばしばあるがそれは今年のヤンキースの七不思議の一つ。

[ External Link ]
Brett Gardner / STATS by yankees.com
Brett Gardner / SPLITS by ESPN
VIDEO / 2009.09.14 / Gardner touches the dish
VIDEO / 2009.07.11 / Gardner's diving catch





[ 関連記事 ]
2009 / Yankees : Roster Analysis No.18 & 53

スポンサーサイト

Game125 TEX@NYY [ L 10 - 9 ]

2009年08月26日 21:43

August 25, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Texas
0 2 0 5 1 0 2 0 0  10160
NY Yankees
4 0 0 1 0 0 0 0 4  9120

Game125 ヤンキース 9 × レンジャーズ 10 [ NYY 78勝47敗 ]

9回裏の遅すぎた猛追及ばず・・・TEXシリーズ初戦は当然の敗戦 → 悔やまれる敗戦に。

▼まずはだらしのなかったNYYの投手陣から。 J・チェンバレン & T・ゴーダン
先発のチェンバレンは本来の球威に戻りつつあるものの、TEX打陣にボールが高く浮いたところを
狙われ痛打されるパターン。それでもいつものスライダーを決め球に三振はとれたが今日は2死から
何故かピリッとせず失点は全て四球+2死からの7失点。 因みに何故か今年はHOMEを苦にしている模様。

HOME [ 試合数13 / ERA 4.73 / 3勝2敗 / AVG .254 / BB40 ]
AWAY [ 試合数10 / ERA 3.15 / 5勝1敗 / AVG .260 / BB22 ]

そのチェンバレンの後にマウンドに上がったのはT・ゴーダン。こちらもクルーズのHR以外は
四球絡みの2死から失点。印象的だったのはその後のクルーズに対しカウント2ストライクから
あっさりと四球だしたりと・・・内容から見ても所詮は穴埋め要因のBクラスの投手といった印象。
勿論、先発とリリーフの両面をカバーするイレギュラーな形態だけになかなかリズムを掴みづらいとは思うが
それに近い境遇であったヒューズ程のポテンシャルは素人目には見出せなかったというのが本音。


▼ラストは「当然の敗戦」から「悔やまれる敗戦」となった9回裏 空騒ぎの猛攻劇 ( 撃 )

9回裏 [ TEX 10 × NYY 5 ] 5点を追う敗戦濃厚のNYYの攻撃

安打→四球→四球→適時打→適時打→適時打( 2点 ) = 一挙4得点で1点差。

無死1.2塁 / 打席:8番スウイッシャー → 犠牲バント → 失敗 ( サードフライ )
1死1.2塁 / 打席:9番カブレラ → ショートライナー ( ランナー戻れず ) 併殺 → ゲームセット
 
結果的には最悪の併殺打でゲームは落としたが、あくまで個人的な意見を言わせて頂くと
犠牲バントの選択に異論はない。前BOSシリーズで15打数5安打のスウィッシャーだが
今日ここまでの成績は [ 三振・左飛・中飛・二ゴロ ] とヒットはおろか内容も良くない。
ただこれだけのスタッツなら強攻策に及ぶかもしれないが気になるのは下記の数字 

スウィッシャー : 今季の三振数はチームトップの100. / キャリア7つの犠牲バントのうち3つが今季によるもの。

そして個人的に一番に頭をチラついたのは今季ヤンスタでのサヨナラ劇6回のうち3回の主役が
次打者のカブレラの一撃だったという浅はかな想念と幻影・・・。
何れにしても最低限を選択した事が結果的に最低の結末を誘発してしまった事は事実。この辺の緻密さと精度の
向上が10月への課題になった気がする。

「余禄」

ショートライナー併殺・・・・1死1.2塁のあの内野シフトなら不可抗力な気がしますが・・・ また明日です。



Recap: TEX 10, NYY 9
Yankees' four-run ninth


Game007 NYY@TB [ 5‐15 ]

2009年04月14日 23:34

April 13, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 1 1 0 1 2 0  591
Tampa Bay
4 5 1 0 1 1 3 0 X  15170

昨日の今日でこの敗戦。

TBのシートバッティングが7回まで続いて、8回にはBサイドの守護神スウィッシャーが登板し、見事に草野球に成り下がったところで余興終了。
NYYサイドから見たゲームのハイライトがスウィッシャーの力投だなんて・・・素直に笑えよんよ。

先発は不安的中の王 建民

王 建民 : 1回 0/3 61球 被安打6 奪三振1 四球3 死球1 失点8 自責点8

初回の41球が今持てる彼の現状態。前ゲーム以上にコンディションは下降していた気がする。
投球内容までは割愛するが、次回の登板の出来次第ではそろそろ何らかの措置をとるのかも知れない。最初はウェイト増の関係かとも思ったけどどうやらその範疇ではなさそう。

今日ゲームでもリリーフとしてマウンドに上がったコーク。
開幕から4回目の登板だが、昨シーズン終盤の様な働きは出来ておらず、一向に上昇の兆しが見えて来ない。
昨日のKC戦では打たれて失点はしていたけど結果と数字ほど内容が悪いとは思わなかったのだが、今日の様なほぼ大勢が決まったシチュエーションであの内容ではとてもじゃないが切迫した状況では今の状態では使いづらい。
右打者に対してインサイドへのアプローチが上手くいっていないのが気懸り。どうしても去年の彼が頭にあるだけに・・・。
それでも十分に伸びしろはあると思うし、まぁ、その分に期待も大きくなるわけだが、なんとか踏ん張ってほしい。
今はブルーニーの調子良いだけに焦る事もない。


TBのチームについて書こうと思ってはいたが、今日のゲームを見ればおおよそ分かるとは思う。
今年も変わらず言わずもがなのRun-and-Runスタイル。去年のON THE RUNはフロッグではない事がよく分かった。
外野のディフェンス力を含め、故障がない限りは攻守限らず『足』は活かせるし、スランプもない。まぁ、NYYが苦手するスタイルだと思う。

NYY打陣についてはやはり特別な感情論抜きで松井が心配。
今日は1打席目を見終えた時点でカズミアには・・・と思ってしまった。 結果は1ゴロ×3 明日はオフの日か?


明日、このカード2戦目はNYY先発 : A.J バーネット 是非、相棒はモリーナを指名して頂きたい。



[余録]
本日の主役は良くも悪くも投打に奮起している N・スウィッシャー。 我がチームもRed Bull導入検討中です。

     

            



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。