スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Spring Game vs LAD ( on Twitter )

2010年04月03日 17:13

▼Angels : Spring Game / Dogders 3 Angels 4 (4/2)

本日のラインナップ 松井秀喜は4番レフトで出場。エンジェルス先発はE.サンタナ。残すオープン戦も今日を含めて2試合です。

エンジェルス先発のサンタナは初回から2本のヒットとワイルドピッチで1失点。 ただ球速は93~95mphと確実に戻りつつある状態。これは少なからず良い兆候。

松井秀喜の第一打席は2死1塁の場面で左腕のカーショウに対し三振。ここまで皆ストレートに振り遅れてる感じ。因みにカーショウは去年、防御率2点台、被安打率.200の投手。

松井秀喜の第二打席は1死ランナーなしの場面でカーショウのストレートに詰まりながらもセンター前ヒット。エンジェルスはこの回、ハンターのソロHRで1点返し、なおも攻撃中
Video : Hunter's solo homer

4回裏、リベラの犠牲フライでヒットで出塁した松井がホームに生還しエンジェルス同点。この回の松井秀喜はよく走ってますw

エンジェルス先発のサンタナは4.2/3を被安打5,四球3,三振9,自責点2で降板。ストレートは平均して92~93mph 今日はスライダーが何よりも良く三振の大半はそのスライダーによるもの。
Video : Santana's nine strikeouts

松井秀喜の第三打席は6回裏の2死ランナーなしの場面、J.ウィーバー(実弟はエンジェルスのJ.ウィーバー) に対し内野ゴロ。因みにここまでは守備機会はナシ。

7回表からエンジェルス主力の外野陣は皆ベンチへ。R.ウィリッツがDLで開幕するならセンターのP.ボージャスをベンチに入れても面白いと思うけど。

エンジェルスのリリーフ J.バルジャー、K.ジェプセンは共に1イニングを無失点。正直、この二人が機能してくれないと困る。何なら終い(C)も奪い取るくらいの気持ちがあってもいい。

9回裏、P.ボージャスのタイムリー2BHで同点→ その後、バントヒットもあって無死1.3塁も後続が決め切れず2死3塁→ステーシアのショートゴロをショートがまさかの失策でエンジェルスがサヨナラ勝ちw
Video : Bourjos scores to win it
Video : Bourjos' game-tying double 
関連記事 : Angels : Spring Game vs KC

#Angels : Spring Game vs #LAD  Boxscore やはりP.ボージャスを残す訳にはいかないか? (くりぃむ上田風) 明日のST最後のゲームはピネイロが先発予定です。


< External Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter

上記の様な事を Twitter にて時間が許す限りやっております。その他、ゲームのラインナップや松井秀喜情報、エンジェルス関連のニュースを中心にPOSTしておりますのでお気軽にどうぞ。 

スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。