スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game121 @ BOS L7-5

2010年08月19日 18:34

▼8/19 Game121 : LAA 5 @ BOS 7 Wrap >>> 

lose 9 Games in a row

▼S.カズミア: 8勝10敗 20登板(108ip) 防御率6.40 被安打率.275 四球数56

制球難でカウントを悪くしあっさり四球、それらでランナーを背負っては、そのピンチを回避出来る様な決め球もなく、球数はみるみる増えて早期降板…今季のカズミアを簡潔に言うとこんなところだろうか。今日もカヤスポの再三にわたる好守があってこその5イニングだったと思う。
当初は怪我の影響で球速が2mphほど落ちた事が不安視されてはいたが、今季を見てもどうもそんなレベルではない事がよく分かった。一時はブルペン転向の話しもあったがこの立ち上がりの悪さと四球率、そして左vs左の法則が通用しないところをみるとそんな話しもお蔵入りで終わるだろう。

※ESPN : STATS / Scott Kazmir #19
※Video : Callaspo flashes the leather (8/19 LAAB@BOS)
※四球率11.3% MLB平均値8.6%
※カズミア vs 左打者: 被安打率.321

▼8回裏: 1点ビハインド ⇒ M.カーンに継投 ⇒ M.カーン: 被安打2 四球1 失点1

点差や1番から始まる好打順を考えても、これが後がないチームの最善の継投とはとても思えなかった。ロドニーを起用しなかったのはスクータロとの相性もあるとはいえ、そもそもロドニーとカーンでは素人が見てもモノが違いすぎる。おまけに前BOSシリーズでも全く同じ継投で失敗している事も付け加えて強調しておきたい(※詳しくは下記リンク: 参考記事) 因みに抑えのフエンテスは8/10以来登板していない。

一方のBOSは途中出場したナバが一打同点の場面にレフトにてイズトゥリスの打球をダイビングキャッチ。しかも驚くべきは今日2安打のマクナルドに代えての代打起用。これが結果オーライであるかは別として、ここで9連敗(vs.BOS)を覚悟した人も多かったと思う。

※ロドニー vs スクータロ: 3打数3安打(通算)
※参考記事 : Angels : Game102 vs BOS L6-3
※Video : Nava's great diving catch (8/19 LAAB@BOS)

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 5, BOS 7
SANSPO.com : 松井秀喜 4試合連続安打 「状態は悪くない」

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


スポンサーサイト

Angels : Game015 vs DET W6-5

2010年04月21日 18:35

▼4/20 Game015 : Detroit Tigers 5 @ LA Angels 6    Boxscore >>>

勝って5連勝も、6回始まるまで6点のリード→そこからは5人の継投→終わって見れば最少得点差の辛勝。

▼リリーフ : 防御率5.72 (13) 自責点25 (13) 四球数28 (13) ( ) はA.L 全14チームでの順位

すでにブルペンの脆弱さは言うに及ばず。正直これでは先発が好投する以外に勝てる術はない。そんな中でも故障のB.フェンテスの代わりにクローザーを務めるF.ロドニーが安定してきたのは唯一の救いだが、制球難の持病持ちだけに信頼するにはまだ早い。長いシーズン、リリーフで勝ちを如何に拾える事が出来るかがチーム上昇の一つのカギになる訳で先発好投の5連勝も先を考えれば素直には喜べないところが本音でもある。

※angelsbaseball.com : Pitching Stats, As a Reliever 2010
※angelsbaseball.com : American League Pitching Stats, As a Reliever 2010
※Video : Kazmir's strong start (4/20 DET@LAA)
※Video : Rodney earns the save (4/20 DET@LAA)
※F.ロドニー : 9/BB (2009 / 通算) (5.0 / 4.6) BB% (12.4 / 11.6)
※ここ5ゲームの先発による四球数と防御率 (37IP) : 四球 (1) 防御率 (1.22)

▼NOTE : Team Headlines

昨日のゲームでK.ジェプセンのワンバウンドを捕球する際に右手首を負傷した捕手のJ.マシスが15日間のDL入り。診断結果は骨折で完治までには4週間~6週間はかかる模様。それに伴い再びAAAからR.クィンランをコールアップ。こちらについてはその処置を含め次回詳しく書く予定。

※angelsbaseball.com : Wrist fracture puts Halos' Mathis on DL
※関連記事 : Angels : Spring Game vs CHC

今季、エンジェルスの本拠地で行われる″2010 オールスターゲーム″の投票開始。松井秀喜もDHでノミネート。オンライン投票は → The Online All-Star Ballot

※MLB.com : VOTE NOW / Ballot unveiled for ″2010 All-Star Game″

″余禄″ 今日のキーマンは3打点のケンドリックと言いたいところですが、出塁率2割台前半だったモラレス&リベラの合計4出塁をあえて挙げます。それにしても松井秀喜のダメ押し2点タイムリーが結果的には決勝打点とは…。

< External Link >
Video : Recap: DET 5, LAA 6 (4/20 DET@LAA)
Video : Abreu's 350th stolen base (4/20 DET@LAA)
Video : Matsui's two-run double (4/20 DET@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Starting Pitcher Rotation 2/2

2010年04月06日 10:09

#35 Joel Pineiro (ジョエル・ピネイロ) 右投 31歳

G6 (24.2IP) W4-L0 ERA4.38 被安打29 三振12 四球7 HR2 自責点12 AVG.290 GO/AO 2.33
(2010 : オープン戦成績)

投球フォームの改良とそれに伴いシンカーを多投するスタイルが奏功し昨シーズン大きく勝ち星を伸ばした新加入のJ.ピネイロ。オープン戦の内容を見てもゴロを打たせて取るピッチングは健在で生命線となるシンカーのキレ、制球共に順調の仕上がりに見えた。
キャリア9年で結果を残せたのは昨シーズンとSEA時代の02.03年の3シーズンのみとまだ実績としては乏しいが、フォーム改良後の四球率などは今年もある程度は期待できるし、課題の被安打率の克服次第では昨シーズン以上の結果を残せる可能性もなくはない。昨季の躍進に対し懐疑的な意見が多数あるが、個人的には期待したい投手の一人でありチームの成績を左右するキーマンだと思っている。開幕カード(ミネソタ戦)はの4戦目に登板する予定。

※オープン戦6試合のゴロアウト数とフライアウト数 (GB / FB) : (38 / 10)
※ここ3年(STL時代)の9/BB (2007 / 08 / 09) : (1.7 / 2.1 / 1.1)
※2009の得点圏被打率 (得点圏 / 得点圏2死) : (.337 / .299)

#22 Scott Kazmir (スコット・カズミア) 左投 25歳

G3 (11.1IP) W0-L1 ERA 4.76 被安打14 三振6 四球3 HR0 自責点6 AVG-GO/AO-
(2010 : オープン戦成績

5シーズン連続となる2ケタ勝利に加えて通算の防御率3点台と優秀な部類に見えるカズミアも、ここ2年は故障が続いた事もあり登板回数も激減。それに乗じる様に昨季の奪三振率の低下は顕著で好調時は三振で打者を翻弄してきたタイプの投手なだけにその点はかなり気にはなるところではある。現地の記事によれば平均して2mph(3.2km)程球速が落ちたとのこと。 持ち球はストレート、スライダー、チェンジアップ(サークルCH)
開幕はハムストリングの故障で15日間のDLからスタートとなり、復帰は現地4/13日から始まる@NYY戦の何れかになる予定。因みに4/4(現地日曜日)にアリゾナのキャンプゲームでの結果は7イニングを77球 被安打6 失点1だった。

※登板回数 : (2007/08/09) (206/152/147)
※奪三振率 : (2007/08/09) (26.9% / 25.9% / 18.1%)
※09年は奪三振数、9/BB、SO%共に自身のキャリアワースト
※関連リンク ESPN Los Angeles : Banged-up Kazmir going on DL


< External Link >
angelsbaseball.com : Stats / Joel Pineiro
angelsbaseball.com : Stats / Scott Kazmir

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter

Angels : 2010 Opening Day 25-Man Roster

2010年04月04日 15:55

#Angels 2010 : 開幕ロースター

▼先発 : J.ウィーバー / E.サンタナ / J.ソーンダース / J.ピネイロ / M.パーマー

先発5番手を務める予定だったS.カズミアは右膝の故障で大事をとり15日間のDL。今後はシングルAで調整した後、復帰は現地4/13日から始まる@NYY戦の何れかになる予定。その間の1試合はM.パーマーが代わりを務める。※関連リンク The OCR : Kazmir to open season on DL

▼リリーフ : B.フェンテス / F.ロドニー / K.ジェプセン / J.バルジャー / S.シールズ / B.ストークス

リリーフ陣は当初の予想通り、左投手がクローザーのB.フェンテスだけという布陣。もう一人の若手左腕、T.レックリングのオープン戦での内容を見ると昇格まではまだまだ時間がかかりそう。因み左打者に対して被打率が低いのはS.シールズとJ.バルジャーの二人。※関連記事 Angels : Spring Game vs CWS / vs COL
※ここ3年の対左打者の被打率 : (S.シールズ / J.バルジャー) (.216 / .205)

▼捕手 : M.ナポリ / J.マシス / B.ウィルソン

▼内野手 : K.モラレス / H.ケンドリック / E.アイバー / B.ウッズ / M.イズテュリス / R.クィンラン

▼外野手 : B.アブレイユ / T.ハンター / J.リベラ / 松井秀喜 / T.エヴァンス

▼故障者リスト(DL) : S.カズミア / R.ウィリッツ / C.ペティット / A.オルテガ

ハムストリングの故障も開幕には間に合うと言われていたR.ウィリッツも開幕はDLスタート。外野の控えはT.エヴァンスとユーティリティープレーヤーのR.クィンラン。一押ししていたP.ボージャスとM.ライアンはやはり落選。

< External Link >
Angels : Spring Training 2010 / Hitting Stats (ST全日程終了時の打撃スタッツ)
Angels : Spring Training 2010 / Pitching Stats (ST全日程終了時の投手スタッツ)
Halos Heaven : Angels Opening Day Roster in Order of Service Time
Twitter : ura432ka1 on Twitter



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。