スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game057 @ SEA W7-1

2010年06月05日 19:24

▼6/4 Game057 : LAA 7 @ SEA 1  Wrap >>>

#55 ″Reviving″

▼松井秀喜 × June : 4試合 14打数10安打 4打点 1HR (10打席連続出塁中)

この日も3安打の松井秀喜。安打した球は全て変化球と、昨日までの内容と比べても、一歩ずつ間違いなく復調へと向かっている気配を感じ取れた打席が多かった。先制となった1打席目の2ランホームランは不調時ならほとんどが自打球になる様な内角低めのスライダーを安定してきた下半身が鋭い腰の回転を生み、上手くボールすくい上げる事が出来たバッティング。6月初めてとなる左投げとの対戦だった5打席目も、カウント0-2からアベレージヒッターの様な二枚腰でセンター前に運ぶなど体のキレの良さを伺える打席だった。

チームはこの勝利で貯金1、チームも松井もファンとしては、これがほんの束の間の気まぐれでない事を祈るばかり。

※Video : Matsui's two-run blast (6/4 LAA@SEA)
※Video :Matsui's RBI single (6/4 LAA@SEA)
※SANSPO.COM : 松井秀3安打 「芯でとらえることが大事」
※K.モラレス不在の6試合⇒38得点(5勝1敗)

▼フランシスコ・ロドリゲス × 今季(5試合) : 6IP 1安打 8奪三振 無四球 無失点

ひ弱なリリーフ陣の中で着実に結果を残しているF.ロドリゲス。持ち球は90マイル中盤のストレートとカットボール、落差のあるカーブ、スライダーで球威、制球ともにここまでは申し分ない内容のピッチングが続いている。ストレートもカット気味の球筋で左のワンポイントが不在のリリーフ陣にとって対左対策も含め、大きく期待をしたい右投げのリリーフ。但し、力で押すタイプなだけに使い過ぎには注意が必要。

※angelsbaseball.com : Francisco Rodriguez / Stats

< External Link >
Recap: LAA 7, SEA 1
Angels Video Highlights

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


スポンサーサイト

Angels : Game051 vs SEA W5-1

2010年05月30日 14:28

▼5/29 Game051 : SEA 1 vs LAA 5 (F/10) Wrap >>>  

負傷者2名…飛んだWalk-Off (本日は負傷者2名の怪我情報のみ)

▼1回裏 : トリー・ハンター ⇒ 死球 : 左手の打撲

レントゲン(X線検査)の結果はネガティブ(陰性) 幸いにも骨に異常はない模様。明日以降は怪我の経過を見て出場を決めていく予定。

※Video : Hunter's injury (5/29 SEA@LAA)

▼10回裏 : ケンドリー・モラレス ⇒ サヨナラのホームインの際に着地失敗 : 左下腿部の骨折

サヨナラのホームを踏む際にジャンプ⇒バランスを崩し、足を滑らせる形で着地失敗。その後、病院での診断結果は左下腿部(足首からスネまでの部位)の骨折。復帰は未定で、明日(現地30日)に手術をする予定とのこと。一部では今季絶望との報道もあるが、こちらのSI.comの記者Jon Heymanの Twitter では復帰は10~12週 (約3ヶ月) と見方は今のところ様々。

なおこの事態による処置として考えられるのは1塁を守れる捕手のB.ウィルソン、内外野を守れるユーティリティーのR.クィンランを1塁での起用が予想される。 因みにレフトのJ.リベラは2008年に一度だけファーストを守った事がある
らしいが、個人的にはナポリにその適応力があればと思っている。

マイク・ソーシア : “It’ll change the way we celebrate,” 祝福の方法を変える必要がある…。

※Video : Morales' walk-off grand slam (5/29 SEA@LAA)
※Video : TV, radio calls of Morales' slam (5/29 SEA@LAA)
※HALOS HEAVEN : Kendry Morales Ankle Surgery Set for Sunday
※HALOS HEAVEN : SI Kowbell out 10-12 weeks


< External Link >
Video : Recap: SEA 1, LAA 5 F/10
Video : Angels Video Highlights

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Game032 @ SEA W4-3

2010年05月09日 18:51

▼5/8 Game032 : LA Angels 4 @ Seattle Mariners 3  Wrap >>>

意地の一振りで延長戦に決着。(敬遠後→決勝タイムリー)

▼Godzilla's 1500th RBI sinks Seattle

節目となる日米通算1500打点目がチームに勝利を呼ぶ決勝タイムリーとなった松井秀喜。打球自体は好調時の松井らしい痛烈な当たりではなかったが、しっかりとバットを振り切れた事が功を奏したと言える様な内容のバッティングだった。以下はゲーム後の松井のコメント。松井ファンなら思わずニンマリする様な如何にも松井らしいコメント…これだから松井狂はヤメられない。

Q : 打点へのこだわりは

松井 : 「走者がいる場面で長い間打っているので意識するのは間違いない。そういう(打点を稼ぐ)役割も担っているが、こういう数字にきたのはボクだけの力ではない。自分でホームを踏んだのは本塁打だけで、それ以外は他の選手が返ってきてくれた。今まで一緒にやってきたチームメートの力です」

※Video : Matsui's go-ahead single (5/8 LAA@SEA)
※SANSPO.COM : 松井秀、記録に 「また積み上げていくだけ」
※時事ドットコム : 献身的なクラッチヒッター=松井秀、信念貫き1500打点 - 米大リーグ
※関連記事 : Angels : Game031 @ SEA W8-0
※明日は開幕始まって以来初の休養の予定。

▼NOTE : Team Headlines

M.イズトゥリスが肩の炎症により15日間のDL入り → AAAからK.フランドセンをコールアップ

昇格したのは内外野を守れるユーティリティープレイヤーのK.フランドセン(27) 早速、今日のゲームで3安打と好守でチームに大きく貢献。アンチ・ウッドファンの心中は容易に想像が出来るが、個人的には昨日のR.バディー同様に新戦力の活躍がチームの活性に繋がってくれればそれだけで今のところは十分。

※angelsbaseball.com : Izturis lands on DL; Frandsen called up
※Video : Fransden's three hits (5/8 LAA@SEA)
※ESPN : Kevin Frandsen / Stats

< External Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Angels : Game031 @ SEA W8-0

2010年05月08日 18:53

▼5/7 Game031 : LA Angels 8 @ Seattle Mariners 0  Wrap >>> 

明暗くっきりの両エース。エンジェルスは死のロード10連戦、初の勝利でチームの連敗は7でストップ。

▼J.ウィーバー : 7.1IP 被安打2 三振7 死四球3 無失点 / 今季4勝目 (W4-L1)

淡い期待はグリフィーJr に打ち破られたが、ウィーバーは7回裏.2死まで堂々の無安打ピッチング。初回は強気のストレート押しでマリナーズの上位を抑え込み、2回以降はいつも通りにストレートとスライダーを中心に、時折投げる70mphの緩いカーブでカウントを整え、要所ではチェンジアップを上手く織り交ぜながら打陣に的を絞れせない自在性の高いピッチングでSEA打線を翻弄した。
勿論、相手の低調な打線も加味したとは云え、チームの悪い流れを右腕一本でねじ伏せるあたりはエースの意地を感じる力強いピッチングだった。 今日、初めてバッテリーを組んだキャッチャーのR.バディーも首を振られるシーンは多かったものの、キャッチング面では言う事ナシの合格点。打撃の方でも自身キャリア初となるホームランも飛び出すなど、捕手事情が乏しい現エンジェルスにとって面白い存在になってくれればと思う。

※Video : Weaver flirts with no-no (5/7 LAA@SEA)
※Video : Budde's first home run (5/7 LAA@SEA)

▼松井秀喜のここ8戦でのアウトの内訳 : ゴロ×16 フライ×4 三振×7

序盤の効率的な集中打で優位にゲームを進めるものの、5回以降はヒットなしのエンジェルス打陣。中でもやはり心配なのは松井秀喜の状態だろう。最近はストレートに対応はおろか反応すら出来ずに、不利なカウントからボール球に手を出すという ″好球必打″ を信条とする松井の理想とは対照的な内容が続いている。今日の打席でも強引に打球を上げようとする姿勢が見られたのも深みにハマっている悪いサイン。復調にはしばらく時間がかかりそうだが、個人的には渋い表情で天を仰ぐ松井秀喜も嫌いではない。こんな不調の中でも持ち前の意外性でサクッと仕事をやってのける松井を想像するのも松井ファンならではの楽しみではないだろうか。まさにどちらがより深みにハマっているのか分からなくなるが、今はそんな事をイメージしながら歯を食いしばる松井秀喜を見ていきたいと思う。

※angelsbaseball.com : Hideki Matsui / Stats
※SANSPO.COM : 松井秀、監督と話し合いも…好球必打できず
※5/7@SEA : 5安打 = 8得点 → 5回以降は無安打

▼NOTE : Team Headlines

AAAからM.ライアン(外野手)をコールアップ → M.パーマー(リリーフ)を降格。 この件については次回のエントリーで書く予定です。 ※angelsbaseball.com : Angels option Palmer, call up Ryan

< External Link >
Video : Recap: LAA 8, SEA 0

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。