スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game099 @ TEX L1-0

2010年07月24日 18:54

▼7/24 Game099 : LAA 0 @ TEX 1 Wrap >>>
 
Game Back 7

先発ソーンダースの126球も虚しくエンジェルスは首位攻防戦を痛恨の2連敗。守備陣の再三にわたる好捕などもあったが、相手先発C.Jウィルソンを前に4安打と2塁すら踏めずに打陣が屈服。連夜に続く接戦も点差以上に力差を感じる敗戦だった。

▼(LAA/TEX) 三振数(660/619) 犠打数(犠牲バント 24/※34) (犠牲フライ 24/※34) ※リーグトップ

このシリーズを含めここまでの直接対決はレンジャースの5勝2敗。そのうちの4勝が1点差のゲームで、全てを含めると7戦中6戦が1点差と接戦が続いている両軍だが、その僅かな点差をモノにするところに今年のレンジャースの強さを感じる事が出来る。それはその強力な打線に加え、上記の様な堅実性の高い野球を徹底しているところにある。これは本来エンジェルスが得意とする手堅く厭らしい野球そのものであり、裏を返せばそれらが出来れば拾えたゲームもあったという事ではないだろうか。

この連敗で首位レンジャースとのゲーム差は7。残る直接対決は12戦。窮鼠が猫を噛む力と時間はまだあると信じていたい。

※ESPN : 2010 - MLB Standings
※LAA : 2nd Half - Regular Season Schedule
※TEX : 2nd Half - Regular Season Schedule

▼トレード成立 : [LAA] S.オサリバン+W.スミス(右投げ×2) ⇔ [KC] アルベルト・カヤスポ(3塁手・UT)

これで実質、3塁手が4名…このカヤスポの加入で打撃低調のマシスを使わなくてもよいという利点はあるものの、言うまでもなくこれが不足を補う為のトレードだとはとても思えない。リリーフの補強に着手しなかったのは、おそらくストークスとバルジャーの復帰の見通しがたった事がその理由だとは思うが、最大の要点はそもそもその両者がどんな理由でDL入りしているのかという事であり、つまりは復帰は確実であっても機能するかは全く別の話しだと言う事である。

現地の記事によれば、カヤスポの特徴は三振の少ない巧打タイプで守備には定評があるとの事だが、今季の四球数や併殺数、進塁打成功率を見ても、これで果たして巧打者と呼べるのかは少々疑問が残る。中でも一番気になったのはその出塁率の低さ。当初エンジェルスが渇望していた人材とは程遠いモノを感じざるを得ない。

因みに過去に飲酒運転と妻へのDVで逮捕歴がある少しわんぱくな気性の持ち主とのこと。

※ESPN : STATS / Alberto Callaspo #13
※Video : Callaspo heads to Angels
※Video : Callaspo's nice stop (7/24 LAA@TEX)
※三振率 (今季/通算/MLB平均値) (7.8%/7.9%/17.4%)
※四球率 (今季/通算/MLB平均値) (5.1%/7.1%/8.6%)
※進塁打成功率 (今季/通算/MLB平均値) (25%/35%/32%)
※併殺数 (今季 14) ※出塁率 (今季 .308)

< External Link >
Video : Recap: LAA 2, TEX 3 (7/23)
Video : Recap: LAA 0, TEX 1 (7/24)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

スポンサーサイト

Angels : Game041 @ TEX L8-7

2010年05月19日 18:55

▼5/18 Game041 : LAA 7 @ TEX 8  Wrap >>>  

打陣奮起も・・・負けて已む無し。

▼5回表 (2死1.3塁) 2点のリード : ジェレッド・ウィーバー 降板 → 2番手 トレバー・ベル

残念でならなかったのがこの継投で確かに今日のウィーバーの出来としては浮き球も多く、ストレートのほとんどは90mphにも届かない球威だったのも事実だが、勝利投手の権利まであとアウト一つで降板 → 長打が出れば一気に同点の場面でマウンドを引き継ぐのがマイナーから上がったばかりのT.ベルというなんとも残念で解せない継投。脆弱なブルペン事情は分かるとしても、エースに見切りをつけるくらいの大事な局面なら、それに代わるそれなりの投手を用意すべきな訳で、まさにこの結果は因果覿面と言わざる得ない。因みにその後のT.ベルは想像通りだったが、驚いたのは6回表のまさかの続投。これにはもはや怒りすら憶えず つぶやく 事も忘れるほど呆れてモノも言えなかった。

※Video : Kinsler's two-run shot (5/18 LAA@TEX)
※Video : Cruz's two-run double (5/18 LAA@TEX)
※ESPN : Trevor Bell / Stats
※F.ロドニー ・ K.ジェプセン = 5/13以来登板なし。


< External Link >
Recap: LAA 7, TEX 8 (5/18 LAA@TEX)
毎日JP : 大リーグ 松井秀、焦る気持ち打撃に影響
SANSPO.COM : 松井秀、内容が悪い打撃に 「ずれている」

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG

Game125 TEX@NYY [ L 10 - 9 ]

2009年08月26日 21:43

August 25, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Texas
0 2 0 5 1 0 2 0 0  10160
NY Yankees
4 0 0 1 0 0 0 0 4  9120

Game125 ヤンキース 9 × レンジャーズ 10 [ NYY 78勝47敗 ]

9回裏の遅すぎた猛追及ばず・・・TEXシリーズ初戦は当然の敗戦 → 悔やまれる敗戦に。

▼まずはだらしのなかったNYYの投手陣から。 J・チェンバレン & T・ゴーダン
先発のチェンバレンは本来の球威に戻りつつあるものの、TEX打陣にボールが高く浮いたところを
狙われ痛打されるパターン。それでもいつものスライダーを決め球に三振はとれたが今日は2死から
何故かピリッとせず失点は全て四球+2死からの7失点。 因みに何故か今年はHOMEを苦にしている模様。

HOME [ 試合数13 / ERA 4.73 / 3勝2敗 / AVG .254 / BB40 ]
AWAY [ 試合数10 / ERA 3.15 / 5勝1敗 / AVG .260 / BB22 ]

そのチェンバレンの後にマウンドに上がったのはT・ゴーダン。こちらもクルーズのHR以外は
四球絡みの2死から失点。印象的だったのはその後のクルーズに対しカウント2ストライクから
あっさりと四球だしたりと・・・内容から見ても所詮は穴埋め要因のBクラスの投手といった印象。
勿論、先発とリリーフの両面をカバーするイレギュラーな形態だけになかなかリズムを掴みづらいとは思うが
それに近い境遇であったヒューズ程のポテンシャルは素人目には見出せなかったというのが本音。


▼ラストは「当然の敗戦」から「悔やまれる敗戦」となった9回裏 空騒ぎの猛攻劇 ( 撃 )

9回裏 [ TEX 10 × NYY 5 ] 5点を追う敗戦濃厚のNYYの攻撃

安打→四球→四球→適時打→適時打→適時打( 2点 ) = 一挙4得点で1点差。

無死1.2塁 / 打席:8番スウイッシャー → 犠牲バント → 失敗 ( サードフライ )
1死1.2塁 / 打席:9番カブレラ → ショートライナー ( ランナー戻れず ) 併殺 → ゲームセット
 
結果的には最悪の併殺打でゲームは落としたが、あくまで個人的な意見を言わせて頂くと
犠牲バントの選択に異論はない。前BOSシリーズで15打数5安打のスウィッシャーだが
今日ここまでの成績は [ 三振・左飛・中飛・二ゴロ ] とヒットはおろか内容も良くない。
ただこれだけのスタッツなら強攻策に及ぶかもしれないが気になるのは下記の数字 

スウィッシャー : 今季の三振数はチームトップの100. / キャリア7つの犠牲バントのうち3つが今季によるもの。

そして個人的に一番に頭をチラついたのは今季ヤンスタでのサヨナラ劇6回のうち3回の主役が
次打者のカブレラの一撃だったという浅はかな想念と幻影・・・。
何れにしても最低限を選択した事が結果的に最低の結末を誘発してしまった事は事実。この辺の緻密さと精度の
向上が10月への課題になった気がする。

「余禄」

ショートライナー併殺・・・・1死1.2塁のあの内野シフトなら不可抗力な気がしますが・・・ また明日です。



Recap: TEX 10, NYY 9
Yankees' four-run ninth


Game053 TEX@NYY [ 4 ‐ 2 ]

2009年06月04日 20:21

June 3, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Texas
3 1 0 0 0 0 0 0 0  492
NY Yankees
1 0 0 0 0 0 1 0 0  261

TEX先発のフェルドマン。このゲームで今季負けなしの5勝目。
先発として登板した8ゲーム中チームが敗戦したゲームが1つだけと実に安定しており貢献度も高い。

先発登板:7試合 防御率 2.59 被安打率 .197

このゲーム前までの7戦のスタッツを見ても分かるが結果と数字が比例しないケースの
プレーヤーではない事がよく分かる。

そんな好調のフェルドマンの前に屈したNYY。今日においては少ない好機に1本が出ないというのが敗因の一つだった。

そのNYY打陣と同じくらいピリッとしなかったA・ペティット。
前ゲームCLE戦で気にしていた腰の調子も関係しているかは分からないが今日はイマイチ精彩を欠く内容。
ここ2戦で四球数11。自分の制球難で招いたランナーという事もあってお得意の牽制スタイルで
何とかしようという考えがさらに神経質にさせている。
ましては相棒はポサダ大先生・・・TEXシリーズ早くも2戦目で6つの盗塁を許す相棒の事も大きくそれに加味しているのだろう。
( しかし、先生には捕手でいてもらわなくては困ります・・・DH業は来年からにしてくれ! )


次戦のNYY先発はCC・サバシアに替わり王建民に予定変更。


「余録」

テシェイラの具合とポサダの守備・・・松井ファンにとってはまたも厄介な案件です。






Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。