スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recent Twitter 08 : 東京事変 × Bonobo × スチャダラパー

2010年02月19日 17:53

<MENU>
東京事変 : 4th ALBUM ″スポーツ″
           ×
Bonobo : 4th ALBUM ″Black Sands″
           ×
スチャダラパー : BEST ALBUM ″THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010″


▼東京事変 - 勝ち戦

2010年2/23発売 東京事変 ″ スポ-ツ ″ 収録

リリースの前の期待値が否応なく上がるアーティストの一人だけど、やっぱり日本人による英詩には未だに違和感と疑問を抱かざるを得ない。それが日本語の多様性や肌触りを理解、表現出来るアーティストであればあるほど余計にそんな事を思ってしまう。そもそも聴き手とアーティストとの強い絆や繋がりは元々はこの国の共通語を理解し共有して初めて生まれるモノではなかっただろうか。ファンとしてはせめて和訳を付けるくらいの思いやりはほしい。(全対象)

<External Link>
椎名林檎 公式サイト : SR猫柳本線
YouTube : 東京事変 ″ スイートスポット″ スポーツ 収録

▼Bonobo - The Keeper (feat. Andreya Triana)

2010年3/20発売 Bonobo ″ Black Sands ″ 収録

待望の4thアルバム。ジャンル不問のカッコ良さは相変わらずのBonobo。因みに所属レーベルNINJA TUNEは今年で創設20周年との事。そう言えばニンジャとの出会いは1999年の The Herbaliser だっな~。

<External Link> 
Bonobo Official Site : bonobomusic.com
MySpace : bonobo 
所属レーベル : NinjaTune.net
Twitter : Ninja Tune on Twitter
YouTube : Bonobo - Silver              

▼スチャダラパー - 4ch FUNK (1998)

2010年2/24発売 スチャダラパー ″ THE BEST OF スチャダラパー1990~2010 ″ 収録

20周年といえばこちらも今年でデビューから数えて20年を迎えたスチャダラパー。その20周年を記念してリリースされるのがスチャ初となるベスト盤 ″ THE BEST OF スチャダラパー1990~2010 ″

未だにただ面白いだけのセルアウトなラッパーだと思っている時代遅れのヘイター君達はまだいるだろうか? もし存在しているのならそのジャラジャラした首飾りを外してキチンと正座して聴いたほうがいい。何度も咀嚼と反芻を繰り返して捻り出されたリリックの数々を聴けばスチャラカだけで20年もシーンに生き残れるほど甘くない世界だという事がわかるのと同時にスチャ独自の批評性が如何にその品質の鮮度を保っていく上で重要な要素であるかが分かると思う。そして何より、あの20年前の大作戦は今もなお継続中である事を体感するに違いない。


続きは本エントリーで書く予定。

ナタリー : スチャダラパーのラジオ番組「SCHA NOVA」一夜限り復活

ロックンロールニュース : スチャダラパー×TOKYO No1 SOULSET それぞれの20年間を振り返る (前篇)

<External Link>
スチャダラパー Official Site : ++SUCHADARAPARR++
Amazon : THE BEST OF スチャダラパー1990~2010
スチャダラパー : BOSE-BLOG
Fairtilizer : DJ TAIJI - SDP Mix_90-99


余禄 ・・・ Recent Twitterってタイトルにしてるけど、よく考えたらつぶやいたのってBonoboだけじゃんw

スポンサーサイト

The Cinematic Orchestra / Breathe @the Barbican

2009年09月12日 19:24


The Cinematic Orchestra / Breathe @the Barbican [2007]


“取り敢えず聴け ! そうすれば何かしら感じる事が出来る”

これって聴き手のド根本であり全ての音楽にフィットする反則手のレビューだと
思うのですが、確かに彼らの音楽を耳にする度にそんな事が頭を過る事があります。

頭デッカチで論理派のアーティストが制作手順がどうだとか、その曲の誕生秘話が云々とか正直にいうと
聴き手にはそんな理屈はどうでもいいんです。ジャンルや言語などという隔たりも同様。
ただ身をまかせて感じたままでいいんですよ。それが聴き手の本質なんだと思います。

ライブ映像のほんの一場面を見ただけでその場に居なくても伝わるその雰囲気とか
歌い終わりの心地良い余韻なんてまさにソレなんだと思います。


[ External Link ]
The Cinematic Orchestra / official site
The Cinematic Orchestra / myspace
ninja tune / official site
ninja tune / on Twitter
The Cinematic Orchestra interview / web magazine "OPENERS"
The Cinematic Orchestra / Breathe ( Youtube )


[余禄]

こんな事書いてる時点でレビューの存在を全否定してる訳ですもんね・・・次が書きづらい。




Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。