スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン (ANN) ″晋也上田のハンパねぇ質問″

2010年03月04日 18:58

第2回目は ″晋也上田のハンパねぇ質問″ 2008年9月9日~

度々、繰り返されるリスナーによるスポーツに関する奇天烈な質問 (パネェ質問) に対し上田氏が激昂しながらもその問いに回答するという至ってシンプルなコーナー。このラジオの最重要キーワードでもある ″破綻″と ″カリカリ ( 上田氏の苛立ち )″ を諸に体感できるコーナーでもある。



″ 上田 vs 有田+リスナー ″ と構図がこのコーナーに限らずこのラジオではよくみられる。極論するとラジオの風紀を乱す一番の悪玉はリスナーではなくそのリスナーや上田を自在にコントロールする有田であり、つまりはこのラジオの中枢を担う部分は有田に統制、支配されていると言ってもよい。是非その有田の巧みなリードも意識しながら聴いてほしいコーナーである。

第二回 くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン ″晋也上田のハンパねぇ質問″編  …  僕から以上 !!


次回に続く

関連記事 : くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン (ANN) ″男の決断″

<External Link>
公式サイト : くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
Wikipedia : くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
ニコニコ動画 : くりぃむしちゅーのANN 晋也上田のハンパねぇ質問(1)
ニコニコ動画 : くりぃむしちゅーのANN ← ほぼ全ての回が聴ける他、各コーナーの総集編もあります。
くりぃむしちゅーのANN☆用語辞典@wiki : 上田晋也のたとえツッコミ集
Twitter : くりぃむしちゅーのbot
スポンサーサイト

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン (ANN) ″男の決断″

2010年01月27日 20:35

            くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
         くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン (2005年7月5日 - 2008年12月30日)

このラジオが終わってホントの意味での″参ったね~″ を痛感したリスナーがどれだけいるだろうか。番組が終わって1年あまりが経つ今も復活を切望している人の声は跡を絶たない。それだけこのラジオがリスナーにとって特別なモノだったと言う事だろう。くりぃむ本人らも49%との侮蔑と残る51%の思いやりを込めて表現しているであろう ″うんこちんこ番組″ のどこにそれだけのリスナーを惹き付ける魅力と中毒性があるのか。番組の各名物コーナーを振り返ると共にそこから生まれた数々の名言(クリシェ)を用いりながら私なりに紹介と考察してみる事にする。


第1回目は 男の決断 (抜きライン) 2006年4月5日 - 2006年11月14日



男の決断として様々な著名人を対象に、そのシチュエーションを含め「ヌイてくれよ」と言われた際に″抜くか否か″を決断するという中高生の放課後にすら挙がらない話題を全国ネットのラジオで放送する、まさに″うんこちんこ番組″である事を象徴する様なコーナー。

上田の ″まぁ、とにかく横になれよ″ がいつの間にかオチになってはいるが、そのオチに辿りつくまでにハガキのネタを2倍、3倍と脚色しながらストーリーを創作し、熱演する有田の想像力と瞬発力はラジオでのプロレスを成立させている大きな要素に違いなく、その有田の仕掛ける技に完璧なまでに受け身をとり、やがてはフォールを気持ちよく奪わせる上田とのコンビネーションはまさに上田の言うところの ″心の交流″があって成せる賜物だと思う。

因みに一番好きだった男の決断は 

ラジオネーム″スチャラカ社員″(ニコ動の39:00~頃から)

ソフトバンクの松中選手が滑り込んだ時に「擦れて勃ったので抜いてくれ」と頼まれたら・・・。というネタハガキ

ラジオネーム ″降水確率5%″ (432k@1)

仁義なき戦いの菅原分太が「後がないんじゃ!頼むけ、抜いちゃらんかの~」
                              と頼まれたら日本刀を抜かれる前に抜きます。


第一回目 くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン ″男の決断″編  …  僕から以上 !!


次回に続く。

[ External Link ]
公式サイト : くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
Wikipedia : くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
ニコニコ動画 : くりぃむしちゅーのANN ← ほぼ全ての回が聴ける他、各コーナーの総集編もあります。
くりぃむしちゅーのANN☆用語辞典@wiki : 上田晋也のたとえツッコミ集
Twitter : くりぃむしちゅーのbot

スーザン・ボイル / Susan Boyle@Britains Got Talent 2009

2009年04月21日 19:06

「ブリテンズ・ガット・タレント」という英国のオーディション番組で一躍、世界的に注目を浴びているスーザン・ボイルさん(47)

日本でも報道されている様なので・・・。

ホントは何かの記事の「余録」にとどめておくつもりでしたが、、余録の範疇を越えてしまい、ただでさえ内容の無い本編が完全に亡きモノとなる恐れがあると判断したため、本エントリーからの投稿とさせていただきました。

最初に断っておきますが、かなり偏向した内容になっております。その美声に陶酔されている方、ココから先は自己判断で。


極めて直情に述べさせて頂くと、私自身の感受性の欠落なのでしょう、唄声、人柄、経歴・・・全ておいて琴線に触れる事はありませんでした。それどころかあまりに気になったのは、脚色過多な演出と会場の胡散臭いオーディエンスにありとあらゆる邪推を抱かずにはいられませんでした。

カメラオペレートはまるで「マネーの虎」や「モノマネ王座決定戦」ばり。審査員の中に針すなおさんがいるかと思ってしまったほど・・・。
舞台そでにいる2人なんて今田・東野のWコウジでしょ。

本題の唄に入って僅か5秒足らずで会場の空気が一変し、ざわつき始める・・・早っ!! 集団催眠の一種か?
その為、肝心の唄はなかなか耳にクリアに入らずという悪循環・・・亡き淡谷のり子先生なら憤慨しているところでしょう。

確かにその会場の雰囲気。ルックスと実態のギャップによるインパクト。彼女の前後にあるバックグラウンドのよる効果。選曲。等々・・・。
様々なエフェクトが働きかけたのも事実としてあると思いますが、やっぱり私にはピンと来ない様なので・・・そろそろこのエントリーのオチを・・・。

吉田栄作 : 虎の方々の最終判断をお聞きします。 全否定社長、いかがでしょうか?

  全否定 : 「今回もノーマネーでフィニッシュです」




ホントの「余録」

なんか胸にひっかかるところがあると思えば・・・このケースと同類項が日本にもいたはず・・・あっジェロでしたね。
規模は違いますが、黒人の青年がシルバーのBLING BLINGを首にさげNYYのキャップを被り、
日本の心: ド演歌をこぶしを利かせて唄うというギャップエフェクト・・・。斬新だわ~。そりゃジョージ山本の鼻息も荒いって事だね。



 泰葉 - Life's A Bitch -

2008年10月29日 21:15




別にココに記す程の事でもないけど、あまりのヨゴレっぷりに・・・・・。

前代未聞の金屏風離婚会見から始まり、まさにトラブル業を稼業に仕様もない爪痕を残す彼女。
この会見に至るまでの時系列など知ったこっちゃないけど、彼女を見てると戦慄が走るのは何故だろう?

ある種、サービス過多なエンターティナーとも云えるけど、見方は様々で
少なくとも私には、自作自演の不幸自慢を売りにするストリッパーぐらいにしか見えない。

愚直気ままな性分が彼女の魅力 なんて解釈もあるかもしれないけど、
正直、この人に共感、共鳴する人ってどれ位存在するんだろう?

またこんな事を言うと女性蔑視なんて言われそうだけど、こんな会見って女性でしか成立しないでしょ。

受難自慢  →  お涙エンディング


終結会見の終いはお馴染みの自虐なぞかけで、

「 終結会見とかけまして、これからの泰葉と解く、これが本当の小朝いらずじゃ 」 以上です。だって・・・・。


それではお口直しに50人抜きで真打昇進 全否亭トラビスより。


「終結会見とかけまして、パイプカットと解く、そのこころは・・・・・・・やはりチョッキンできません。

お後がよろしいようで・・・・。










Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。