スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる

2010年01月06日 18:33

ゆれる (2006) 監督・原案・脚本 : 西川美和



東京で写真家として成功した弟の猛は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、

実家に残り父親と暮らしている兄の稔、幼なじみの智恵子との3人で近くの渓谷に足をのばすことにする。

懐かしい場所にはしゃぐ稔。

稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。

だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。

その時そばにいたのは、稔ひとりだった。

                          "ゆれる"公式サイト(ストーリー)より一部引用


兄や姉は当たり前だが、弟や妹が存在して初めてそう呼ばれる。いつしかそう呼称される事に違和感はなくなり、
やがては不思議と兄姉としての"自覚"が生まれてくる。それが兄姉としての使命感が無意識に芽生えた
瞬間だろうか。それからは兄姉は許容と受け身の日々。弟や妹が自分の背丈を超えようがその関係と立場は
変わらない。そんな"兄弟"という確かな事実とその兄弟による不確かな絆を描く物語。
兄としての使命感が弟への劣等感に振り子の様に揺れ動く様を見事なまでに表現、描写されている映画だ。

"曖昧な絆"

家族ではあるが親子程に絶対的な愛情ではない兄弟の不思議で曖昧な関係性。
勿論、分断できない間柄と愛情は事実として間違いなくそこには存在している。そんな曖昧ではあるが逃げ場の
ない関係性が兄弟であるという事をこの映画を見て再認した。劇中、一人の人間としての自尊心が兄でいる事を
かなぐり捨てる稔の感覚は、確かに何処かで感じていた様な気がして堪らない気持ちなる。


"誰の目にも明らかだ。最後まで僕が奪い、兄が奪われた。

けれど、全てが頼りなく儚く流れる中で、ただ一つ危うくも確かに架かっていた、

か細い架け橋の板を踏み外してしまったのは僕だったんだ。

今、僕の目には明らかな風景だ…腐った板が甦り、朽ちた欄干が持ち堪える事があるだろうか。

あの橋はまだ架かっているのだろうか"


脚本自体に隙がないと言えば嘘になる。(腕の傷などやDNA鑑定など) ただ、それでも自信を持ってオススメ
出来る映画の一つ。因みに賛否あるであろう見る側に判断を委ねるボカシのあるラストシーンについては
リンクの特別対談 : 伊坂幸太郎×西川美和 "物語の解放"を読んでほしい。

余禄 : 早川 稔 / 兄を演じる香川照之の振幅の大きい芝居はまさに役者とは何たるかを見せつけられた感が
あるこの役者が魅せた好演がなければ間違いなくこれほどまでに心の振り子は揺れてなかったと断言できる怪演。


< External Link >
公式サイト : ゆれる
Wikipedia : 西川美和
Wikipedia : 香川照之
ポプラビーチ : 特別対談 / 伊坂幸太郎×西川美和
Flower Wild : イメージを紡ぐエクリチュール 『ゆれる』 西川美和監督合同インタビュー
Video : 映画 『ゆれる』 主題歌 カリフラワーズ 『うちに帰ろう』

スポンサーサイト

リダクテッド ~真実の価値~ [ Redacted ]

2009年03月14日 20:55

リダクテッド 真実の価値 【予告編】


普段は何の予備知識も頭に入れず、無防備で映画を見る事にしているが、今作においては観賞に差し支えない程度の知識を事前に知った上で映画を見てみた。

2006年に起きたイラク駐留米軍兵士による、首都バグダッド南方のマハムディヤで起きた家族4人殺害事件。
犠牲者の一人の14歳の少女はレイプされた上に殺害。さらに遺体に火を放たれたという実際に起きた事実に基ずくフィクションだ。

まず 映像や撮影については基本的にはハンディーカメラと固定カメラでの撮影。いわゆる主観映像(P.O.V)によるモノが多く、あくまでドキュメンタリー調の手法に徹したかったのだろうが、正直、そこからはリアリティーや独特な生っぽさは感じなかった。
ハンディーカメラに映る取って付けたかの様なノイズや、音声はやたらとクリアに拾えている事、極めつけは監視カメラがやたらと鮮明だったりと、挙げれば枚挙に遑がない。

あくまで個人的主観で言わせてもらうと本来のドキュメンタリー映像は、緊張感や切迫した要素は勿論含まれてはいるが、それ程心象として比重を占めている訳でもない。では何が胸を打つかと言うとどれだけ凄腕の演出家や演技指導者が優秀な演者に指導しようとも出来得ない様な表情や仕種がそこにはあり、それらがリアリティー要素の大半を占めているのだと思っている。こう考えている時点で結論は全てを見終わる前に出ていたが、下手に生っぽさを演出するくらいなら敢えて計画、構築された手法で、ドラマ仕立てでも見てみたかったというのが本音だ。

肝心な内容はというと、時系列だけをなぞった良くも悪くも端的な印象を持った。一切の無駄を排除し、そこで起きた事だけを浮き彫りにしたうえで、受け手に考える余地を与え、提議したいという作り手の意図も分かるが、戦地における現状やそこで任務する兵士たちのストレスによる苦悩、倫理感が欠落してゆく様などの人格描写にもう少し時間を費やしても良かったのではないかというのが個人的な感想。

「ドキュメンタリーへの壁」

この戦争で被害にあった罪なき民間人の写真が本編ラストのエンドロール前に出てくる。
正直、本編80分がかすむ程の強烈な写真だ。本編を全否定する訳ではないが、明らかに訴えてくるものが遥かに違う。その80分がラストにおける布石というなら理解出来なくもないが、わずか数枚の10分足らずの写真達はドキュメンタリーへの壁とフィクションの限界を感じさせるには十分な時間だった様な気がする。

「NO WAR」

監督の ブライアン・デ・パルマが 「映像こそが戦争を止める」という強い信念を持って生まれた今作。
無論、反戦に徹底しているし自国の報道姿勢に一石を投じている事は事実。中身の出来は別としても、矢面に立って異見提議している事に大きな意味を持つ。銭勘定しか頭にないセルアウトなミュージシャン崩れが行うチンケであからさまな反戦フェスに行くくらいならこちらを自信を持ってお勧めする。


余録 ・・・ いつもの様にご丁寧に設けられた「~事実の価値~」という邦題だけに付いたサブタイトル・・・センスの欠片もなく、恥ずかしい気にす    らなってくる。



[ Redacted ] official site

イラクでのレイプ殺人は「人格障害」 元米兵士が法廷で争い

10歳未満のイラク人少女に対する米軍兵士のレイプ事件はイラク児童機構によって2005年だけで71件

カッコーの巣の上で ‐ One flew over the cuckoo's nest -

2009年01月29日 18:00

One flew over the cuckoo's nest


物語りは、一人の男が詐病を装い、強制労働を免れるためオレゴン州立精神病院へ、病院は徹底した管理体制がしかれ、そんな体制に不満を抱いた男はそのルールに逆行、抵触し続ける。それでも変化のない病院の体制に男は脱走の計画を企てる・・・。

この作品も
TAXI DRIVERを見た時の様に胸をえぐる様に鷲掴みにされた映画で、もう何回観賞したかも定かでないほど見ている。
先日もテレビのザッピング中、偶然にもBSで放送していて、そのまま観賞・・・と、いうよりも感傷していた。

私の中では、彼もTAXI DRIVERのトラヴィス同様にアンチヒーローの様に見えて仕方がない。
そう思わせるのはきっとあの場所にいた患者全てが彼の愚直とも云えるほどの言動に、心から喜びを体現しているからだと感じたからだろう。

結末がバッドエンドと云われる事も多いが、巣からカッコーが巣立つ瞬間の彼らの目は人間の尊厳を手にした喜びと希望に満ちている。


余録・・・何故に「カッコーの巣の上で」というタイトルになったのか?

カッコーはホオジロやモズの巣に卵を産みいわゆる托卵によってヒナをホオジロやモズに育てさせる。カッコーのヒナがいる巣では、ホオジロなどがカッコーのヒナに餌を与え、ヒナも親だと思って餌を受け取る。居るべきはずではない場所にいてそれを疑わないヒナに、ある種の洗脳がなされている点は舞台となった病院と共通する部分がある。また自殺した患者は母へのトラウマを抱えており、母子関係の問題を提起しているし、病院で患者をケアしなければいけない婦長の冷たい態度も母性欠如の問題とカッコーの生態を対比させているようにも見える。 またカッコーの巣(cuckoo's nest)は、「精神病院」の蔑称のひとつである。 (wiki より引用)

   






Requiem for Dream / レクイエム フォー ドリーム

2009年01月13日 00:14


REQUIEM FOR  DREAM / レクイエム フォー ドリーム  2000年 アメリカ

覚醒剤抑止のプロパガンダになっているかは別として、終始 『依存』 と折り合う事のない世界を表現した映画である事は確か。

観賞後の救いようのない感覚は門外漢の人間にすら刺激的で、一筋も光が射す事もなく廃人へと堕ちる様を
ダーレン・アフロノスキー監督自ら 『 ヒップホップ・モンタージュ』 と名付けた手法で表現し、そこに音楽指揮を執るクリント・マンセルの緊迫感で張り裂けんばかりのトラックが上手く溶け合う事で中毒者の葛藤や情動を的確に表現する事に成功している。


          


               人間の三大欲求を一瞬で置き去りにする程の欲求を生む白い粉の威力。


母役のサラを演じるエレン・バースティン怪演は◎の一言。サラに関しては同情の余地もある。それ故に余りに痛々しくラストシーンの表情は秀逸の極み。<BR>       

TAXI DRIVER / Travis Bickle

2008年11月01日 20:00



「 You Talking' To ME? 」




 TAXI DRIVER [ 1976 ]  Martin Scorsese

映画の中では間違いなく一番多く繰り返し見た作品。

意識、無意識問わず、年に複数回は見ている。こんな映画も実に珍しい。






 純粋に生きるとは、善悪の境界線を曖昧にする事を教えてくれる。

正常に生きるとは、狂乱し、腐敗した世の中を浄化する事と教えてくれる。






堕落した社会に懐柔された世間が狂気でないなら、

それらに畏怖せず、立ち向かうトラヴィスも狂気ではないはず。


最もピュアなアンチヒーロー
  Travis Bickle  




Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。