スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THA BLUE HERB : AME NIMO MAKEZ

2008年06月26日 21:00

まず、本題に入る前に・・・・。
本当はこのブログを立ち上げた時点で真っ先に紹介すべきアーティストだったのかもしれません。何故なら、このアーティストが放つ言霊が私に与えた影響力があまりにも大きい。それが故にあえて敬遠の対象になる事があります。それは何故か・・・・・・・?
答えは単純。 これだけ強烈な言葉を目の当たりにすると返す言葉が見当たらない。
彼らの音は残酷にも無力さや無知で凡庸な自分自身を再確認させられる事があります。

垂れ流し出来るような単なるイージーリスニングではない。多少の身構えの必要な極めて異色なアーティストの類になります。

THA BLUE HERB : ame ni mo makez / live at core tokyo1999.5.2


THA BLUE HERBの初期の頃の音源になります。
この頃は「自分VS自分以外の●●」的スタンスのリリックが主体だった様な気がします。
そんなスタンスの中、この[ame ni mo makez]は他の誰に対してでもない、。自分自身に対しての歌。自分を高ぶらせ、鼓舞するかのようなリリックが印象的でした。

そして今日、一番伝えておかなくてはならない事・・・。
このTHA BLUE HERBの最大の魅力はLIVEです。
CDやレコードには存在しない、凶器を目の前にしたかの様な雰囲気と空気感。
そんな現場の中を駆け巡る幾多の言葉が脳内の許容を超え、心地よい疲労感に苛まれた時、まさにそこが、彼らのLIVEの妙。オーディエンスの着地点なのです。

この映像は1999年にcore(tokyo)にて行われたライブ映像。
そのLIVEのオーラス、AME NiMO MAKEZの終いにBOSSが言葉にした宮沢賢治の詩を書いておきます。

お前の鳴らしたバスの3連音が果たしてどんな風に鳴っていたか、
おそらく、お前は分っていまい。
その純朴さ巧みに満ちた音の楽しさ、まさしく俺を草葉の様に震わせた
お前のその音の特性や無数の立派な順列をはっきり知っていつでも使えるのならば、
お前は辛くてそして美しい天の仕事もするだろう。
だが、丁度今頃お前の年頃でお前ほどの素質と力をもっている者は町と村との1万人の中になら、おそらく、5人はいるだろう。それなのに人、またどの人、どの人も5年の間にそれを無くすのだ。
仕事の為に削られたり、自分でそれをなくすのだ。

今のお前の力が鈍り、綺麗な音が正しい調子とその明るさを失って、再び回復する事が
ないのならば、俺はもうお前を見ない。何故なら、俺は少しくらいの仕事が出来て、それに腰掛けている様なそんな大勢を一番嫌に思うからだ。
今の俺の力が鈍ったら、いつでも俺を見なくても結構だ。――――

お前が一人の女を想うようになるその時、
お前が一人の男を想うようになるその時、
お前が「生きる」とは、「死ぬ」とは、「起ちあがる」とは、「掴む」とは、
「潜る」とは、「浸る」とは、何かそれを考えるようになるその時、
お前の前に無数の影と光の像が現れる。お前はそれを音にするのだ。

みんなが1日町で暮らしたり、1日遊んでる時、お前は一人で寂しくあの石原の草を刈る。
その寂しさでお前は音を創るのだ。多くの侮辱や窮乏を噛んで歌うのだ。
沈黙をする事を恐れずに歌うのだ。――――
                
スポンサーサイト

ASA Chang & 巡礼 : 花

2008年06月19日 09:00


ASA CHANG &巡礼 「花」 [2001]

asa-chang, 浦山秀彦、u-zhaan の3人。2001年同タイトルのアルバム「花」に収録。

映画「けものがれ、俺らの猿と」のEDテーマだった作品です。私もこの映画で彼らを知った類です。圧倒されるほどの優美な旋律の調子と不規則かつ極めて機械的なパーカッションが妙な調和を促す作品です。

こちらのPVも、シュールな構成が音との相性を良く引き立ててくれます。何故か私はこの作品を聴くと宗教的なイメージを持ってしまいます。

Portishead : Road

2008年06月19日 08:00

 

PORTISHEAD / Road <1994>  1st album : dummy 収録

from uk [bristol] の3人組のバンド。[ Vo ] べス・ギボンズ、ジェフ・バーロウ、[ G ] エイドリアン・アトリー。
 
こちらの模様は1998年に行われたRoseland NYC Liveでの映像です。

べス・ギボンズはこの年のツアーを最後にportisheadとしての活動を一時中止しました。映像の彼女を見て感じ取れる様にデリケートな顔立ちから静かに放たれる声。その声から伝わる悲壮な雰囲気。心地よい疲労感が全身を駆け巡ります。まさにGood Feeling
2ndアルバムから11年経った2008年今年に3rdアルバム、その名も“THIRD”がリリースされました。興味がある方は聴いてみて下さい。

Buckshot lefonque : No Pain No Gain

2008年06月18日 08:00


buckshot lefonque / no pain no gain [1995]



ブランフォード マルサリスが1994年にリリースした1stアルバム [ Buckshot lefonque ] 収録された曲です。

多くのジャズプレーヤー参加し、HIP HOPという畑に一石を投じたこの作品。勿論、HIPHOPジャンキー以外にも多大な影響を与えました。活動期間はわずか3年。2枚のアルバムを残して活動を終えました。それもプラン通りの様な気がしてなりません。、サンプリング全盛期のHIPHOPシーンにリアルプレイという手法で爪痕を色濃く残した音楽家集団。 

タイトルの “No Pain No Gain” = “痛みなくして得るものはなし” HIPHOP ×J AZZという短絡的表現だけでは形容し難いモノを感じる作品です。

Sigur Ros  [hoppipolla]

2008年06月08日 12:00



 
 
アイスランドの4ピースバンド。2005年にリリースされた自身4作目のアルバムの[takk」に収録

緻密に計算され、起承転結のあるオーケストラの様に、圧倒的な結末を迎える為にあえて控え目に構築された序盤と散らばる音の群れについ身を委ねてしまう様な感覚。足の先から、頭の天辺まで目まぐるしく循環する血液のように躍動感のあるメロディーが印象的な作品です。  勿論ヨンシーの儚くも優しい声がその音の群れと調和し合う事で、この様な世界観を形成できるのは言うまでも有りません。

Sage Francis / Crack Pipes

2008年06月07日 09:00




sixtooプロデュースの作品の sage francis / crack pipesです。

sixtooの真骨頂作品。本来はsixtoo名義の2001: - The Secrets That Houses Keep 10インチに収録されている同作品のインストを紹介したかったのですが、音源がアップされてない為、こちらのsage francisのボーカル付きを紹介しました。この作品は究極のギターフレーズが印象的なビートで、その郷愁を誘うメロディーにピシャリのドラムプログラミング。素晴らしい作品です。


SOLE / Bottle of Humans

2008年06月07日 08:00



           
sole / bottle of humans [ anticon ]


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。