スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎名林檎 : 虚言症 

2008年11月29日 20:00


椎名林檎  「虚言症」   2nd ALBUM 「勝訴ストリップ」収録




「唄う事で人を救う」という歌い手には口に出すのも憚るほどの思想を彼女は「虚言症」と題して唄う。

旧題 「大丈夫」 から、「虚言症」 に一変する彼女の変化と愚直さが背景に垣間見る事の出来る楽曲だろう。


リリース当時の電脳RATにて本人自身がこの楽曲についてこの様に語っている


自分で言うのも何なんですけど、すごく美しい曲ですね。

今までリリースした中で一番古い曲が『あおぞら』だったんですけど、それより古い曲なんですよ。
〈君のために〉って詞の「君」というのはね、新聞に載ってた線路の上に寝ころんで死んだ女の子のことなんだよね。「私はあなたのためにも歌うことが出来る」って言い切ってるんですよ。高校生の頃ってすごく傲慢だったんだな、私(笑)。しかも、その時は『大丈夫』っていうタイトルだったんですよ…。何でそれが『虚言症』になっちゃったんでしょうね? 今から思うと、その頃思い込んでたことが嘘になっちゃったってことなのかな?




「虚言症」

しかし何故にこんなにも眼が乾く気がするのかしらね
黄色の手一杯に広げられた地図には何も無い
そして何故に雨や人波にも傷付くのかしらね
魚の目をしているクラスメイトが敵では決して無い

線路上に寝転んでみたりしないで大丈夫
いま君の為に歌うことだって出来る
あたしは何時もボロボロで生きる

例えば少女があたしを憎む様なことがあっても
摩れた瞳の行く先を探り当てる気など丸で無い

徒に疑ってみたりしないで大丈夫
いま君が独りで生きているなんて云えるの
君は常にギリギリで生きる
あたしは何時も君を想っているのに

髪の毛を誘う風を何ともすんなりと受け入れる
眩しい日に身を委せることこそ悪いこととは云わない

無理矢理に繕ってみたりしないで大丈夫
いま君の為に歌うことだって出来る
あたしは何時もボロボロで生きる

 

スポンサーサイト

吉本超合金F 「 アドリブ芝居 超合金4 」 / コンビニ面接編

2008年11月27日 21:00



吉本超合金F 「 アドリブ芝居 超合金4 」 ~コンビニ面接編~(2002 ・1/20OA)



「ショゲかえりますわー」




朝霞 舞 : ミス・UNDERGROUND QUEEN

2008年11月25日 20:30


「古今無比」・・・・・まさに彼女の形容に相応しい畏敬の念に値する四字熟語

  朝霞 舞 (200?)

天皇を現人神と呼称した時代があった様に、私は彼女をその様な眼差しで崇拝した時代があった。

この世界にしては圧倒的に少ない仕事数に拘わらず、モ無し文化に身を置くという
既存のAVシーンには存在しなかったアンダーグラウンドスタイルの先駆け的シンボルな彼女。
容姿形態の優劣などクソ喰らえな実力主義の私も、そのどこか儚げな笑顔(モナ・リザ風)と、
全てにおいて丁度良い塩梅なサイズに大脳を鷲掴みにされた事を今も鮮明に憶えている。

左腕には「真吾」と根性焼きの痕・・・彼女の忠誠心を伺えると同時に、もはやノスタルジックな感傷にも溺れます。

これだけ容姿端麗で、尚且つエロスキルもK点越えの才色兼備なアンダーグラウンド・クイーン。
正直、私自身この世界特有の早咲き早散りの美学と掟破りな「復活思想」がタブーである事を理解してきたつもりですが、その美学と掟を度外視し、この様に復活を熱望したのは最初で最後、彼女一人です。

残念ながら、作品はすでに廃盤が多く、掘るのに少し困難が伴うが一見の価値は保障する。

HARD : ★★ 
LOOK : ★★★★★★★★★★
BLOW JOB : ★★★★★★★
BITCH : ★★★★★★

[External Link]
朝霞舞のサンプル動画No.1 : 朝霞舞のYourfilehost動画

星 優乃 : ミス・ディープスローター

2008年11月17日 20:00

星 優乃 (2007 ~)

1972年 アメリカにて制作されたカルトポルノ映画 「ディープ・スロート 」が日本でリメイクされるとすれば、
間違いなく彼女に白羽の矢がたつだろう。長舌、長身+真性の喉クリト〇スともなれば、
長モノ繋がりだけに、ロングラン、ロングセラーは必至。「長いモノに巻かれろ」とはまさにこの事だ。

HARD : ★★
LOOK : ★
BLOW JOB : ★★★★★
BITCH : ★★★

[External Link]
Wikipedia : 星優乃
公式ブログ : 女子アナ ・ 星優乃の日記
アズファーレーベル : ASFUR, ザーメン・スペルマ・口内発射・顔射・舌上発射専門レーベル

Nas. O.C .Biggie. GZA . Big L & AZ : Back In The Days

2008年11月14日 20:00

Nas, O.C., Biggie, GZA, Big L & AZ - Back In The Days -



Joell Ortiz - Hip Hop
Nas - Surviving The Times
Nas - Nas Is Like
Gang Starr feat. M.O.P. - Half & Half
Kool G Rap & DJ Polo - Road To The Riches
Gang Starr - Mass Appeal
Screwball - F.A.Y.B.A.N.
Eric B & Rakim - Eric B Is President
DJ Premier - Unreleased Instrumental
O.C. - Born 2 Live
DJ Premier - Set Me Free
The Notorious B.I.G. - Things Done Changed
Mobb Deep - Survival Of The Fittest
RZA/Wu-Tang Clan - Instrumental
Royce Da 5'9 - Boom
Nas - Represent
AZ - The Format
Pete Rock feat. Ghostface Killah & Raekwon - The Game
GZA/Genius - Breaker, Breaker (Remix)
Big L - On The Mic
The Notorious B.I.G. - Unbelievable
Infamous Mobb feat. Prodigy - Mobb Niggaz
Ice Cube - Today Was A Good Day
AZ - New York
Nas - Nas is Like

mix by  QNS-D

※赤文字= pro dj premier

DJ SHADOW : Preemptive Strike

2008年11月12日 19:00


前回に続きDJ SHADOW から  

Preemptive Strike

DJ SHADOW / Preemptive Strike

2nd と呼ぶべきか、ベスト盤と呼ぶべきか、それとも絶縁盤と呼ぶべきか、
何かとトピックの多い作品には違いなく、1st の Endtroducing,,, に比べアルバムと呼べる程の統一感に
幾許かの訝しさは否めないのも事実だが、曲単位で見れば相当ハイクオリティーな曲が並ぶ作品。

Preemptive Strike = 先制攻撃

正直、タイトルは名ばかりで先手の仕掛けより、終盤の追撃っぷりに撃沈したタイプの人間がほとんどだと思う。
そう言いながらもこれもクラシックと呼べるに相応しいアルバムには違いないが、
ここがSHADOW との意思疎通が出来た最後の作品となった人間も多かったのも事実として加筆しておく。



High Noon





これはあくまで私の音的快感による主観だが、自分で打建てたあまりに巨大な過去に受難するアーティストとの典型がDJ SHADOW だと思っていたが、どうもこれは見当違いで彼自身の意識の変化や音楽性による方向転換に
よるモノが私やこの手の好きモノとの距離を置く要因だった事を恥ずかしながら最近知った。


リリースから11年経った今も愛聴。彼自身の先制攻撃による後遺症はあまりに大きい



DJ SHADOW : Endtroducing...

2008年11月11日 19:00


    

      DJ SHADOW (Josh Davis)                    MPC60


Endtroducing... <1996>

性感帯ならぬ音感帯となるものがあるとするならば、間違いなくこの一枚から何かが変化したと思う。
当時の作風からしても、特に前衛的な手法や手順では無く、MPC60、MPC3000とタンテ&ミキサーという
この文化なら極めてオーソドックスなツールと膨大なサンプルソースの構築により作られた事に大きな意味があり、この作品がクラシックと呼ばれる大きな要因である事は間違いない。 

勿論、作品の内容は言うまでもなく「比類なき無二」そのものと言っても過言じゃないが、彼のもう一つの旨味は何と言っても「現場主義」 現場のグルーブ感を活字で表現しても到底伝わる訳もないのでこちらを。 


    

                       お馴染みのメロディーが彼の叩くパッドから・・・・

                      これで起ちあがらないとなると、きっと不感症だ。




SIXTOO : Chewing On Glass & Other Miracles Cures

2008年11月09日 19:00


1430307042_04794cd129    

美味しい料理を作る上での条件

「下ごしらえ」 「素材の目利き」 「隠し味」 「食材の相性や知識」 「一瞬のひらめき」

これらは、音を作る事においても多くの共通点がある。

その様なプロセスを辿り、幾度となくパッドを叩き続け、音を抜いたり、足したりしながらコラージュし、音を調理する
そういった意味においては間違いなくSIXTOO は3つ星シェフだと断言できる。

和、中、仏、伊と料理のカテゴライズに捉われる事なく,恍惚となる程に独創的な料理を提供し、
欲深いマンチーズなジャンキーの腹を満たすサイケデリックシェフ。


513FX90AYDL__SL500_AA240_

SIXTOO / Chewing On Glass & Other Miracles Cures  [2004]

陰湿、内向、暗澹、感傷、悲愴のフルコース


   
                          Sixtoo "The Honesty of Constant Human Error"

早川 瀬里奈 : ミス サイボーグ

2008年11月07日 21:00


もはや猥雑化したこのブログ。そんな事も承知で今回もレジェンド(現役)紹介。

早川 瀬里奈 (2005 ~)

揺れる事のない不自然な乳房と、小倉優子も真っ青のあからさまなスカーフェイス(フェイク)…。
擬似餌に喰らいつくブラックバスがいる様に、擬似パイにムシャブリつくジャンキーがいて当然の事。
本日もそんなミス・サイボーグな彼女にピッタリの曲をお届けします。それでは聴いて下さい。

Mr.Children : FAKE (2007)


HARD : ★★★★
LOOK : ★★
BLOW JOB : ★★
BITCH : ★★★

MJ SHINE a,k,a みうらじゅん : 下ネタ Rhyme

2008年11月05日 21:00

 

まさに説明不要のキラーチューン





No Pain No Gain






これがホントの意味での問題作




高瀬七海 : ミス土手っ娘  

2008年11月02日 20:15


どうもお久しブリです。長い間、放置した閑古鳥状態にある「女優 」のカテゴリーの是非を検討しましたが、
多くの反対勢力と外圧に耐え切れず、一時は、暗澹たる空気も流れましたが、私、Mr,全否定の独裁的一存で存続させる事に決定しました。これからもどうぞご指導、ご鞭撻の程お願い申しあげます。



それでは久しブリのレジェンド紹介 ・・・・・・・・ 高瀬七海




2007 ~ 2008  激動の1年を駆け抜けた高瀬七海  

ギャル好きではない私もこの軽々とした貞操観念のゆるい塩梅に思わず食指が動いたのを思い出します。
そんな彼女の代名詞はなんと言っても「土手〇ン」 ムッチリ=ボディという既存の概念をぶち壊したまさに逝き証人

ギャル好きなギャングスターから家は門構えからと云う職人気質な棟梁までしっかりカバー。
まさに、この土手に境界線はナシなのです。
美観的な要素を嗜むも良し、見飽きたら打楽器としての用途も可能な2wayスタイル。

そんなオールラウンダーな名器にピッタリの曲をお届けします。それでは聴いてください 


 MISIA / (土手に)つつみ込むように [1998]


     
HARD : ★★
LOOK : ★★★
BLOW JOB : ★★
BITCH : ★★★★

TAXI DRIVER / Travis Bickle

2008年11月01日 20:00



「 You Talking' To ME? 」




 TAXI DRIVER [ 1976 ]  Martin Scorsese

映画の中では間違いなく一番多く繰り返し見た作品。

意識、無意識問わず、年に複数回は見ている。こんな映画も実に珍しい。






 純粋に生きるとは、善悪の境界線を曖昧にする事を教えてくれる。

正常に生きるとは、狂乱し、腐敗した世の中を浄化する事と教えてくれる。






堕落した社会に懐柔された世間が狂気でないなら、

それらに畏怖せず、立ち向かうトラヴィスも狂気ではないはず。


最もピュアなアンチヒーロー
  Travis Bickle  




Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。