スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game041 BAL@NYY [ 4 ‐ 7 ]

2009年05月22日 18:43

May 21, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Baltimore
0 0 0 0 1 2 1 0 0  4120
NY Yankees
4 2 0 0 1 0 0 0 X  790

危なげなく3羽を仕留めて9連勝。まさに飛ぶトリを落とす勢いになってきたNYY。

このBALシリーズは相手の救援能力の低いリリーフ陣から高い確率で得点出来たことも
SWEEP出来た大きな要因だった。[ BALリリーフ陣の3戦合計失点 = 11失点 ]

勿論、3戦合計で27得点出来たNYY打陣も素晴らしいがそれと同時に
食べ残しが非常に少なかった事も評価すべき内容だと思う。 [ 3戦合計のNYYのチーム残塁: 2+4+2=計8残塁 ]


ジラ監になって初の9連勝。 「勢い」という不確かなモノも働きかけている事もあるかもしれないが、
明らかにここ最近は内容も充実している様に思う。
確かに極めて気まぐれな「勢い」も脅威に感じる事もある。しかし大事なのは内容に付随して結果が出ている事。
「結果が全て」という極論も解からない訳でもないが、長くハードなシーズンを戦い抜く事を考えれば、
「結果」に向かうまでのプロセスや方法が最も重要なファクターになる事は言うまでもないし、
気まぐれな「勢い」とやらだけならそうは長く続かないはず。


次戦はいよいよインターリーグ 去年のチャンピオン・フィリーズ[ PHI ] との3連戦。 ( )は順位

チーム防御率 4.01 (8) 先発の防御率 6.31 ( NL・最下位 ) リリーフの防御率 3.95 ( 5位 )

チーム打率 .258 (8) 得点224 (2) 打点214 (2) HR数 52 (1) 
得点圏打率 .292 (1) 得点179 (2) 打点169 (2) HR数17( 1)

ナショナルリーグ東地区首位のPHI。 先発の綻びを打撃でリカバリーしリリーフが踏ん張るという状態にあるチーム情勢。乱打戦上等です。


Game041 matsui HR no 5

      松井秀喜 5号ホームラン 動画はコチラ


「余録」

J ・チェンバレンのレントゲン結果はネガティブ ( 陰性 )だったようです。とりあえずは一安心と言ったところでしょうか。



スポンサーサイト

新型インフルエンザ ( 豚インフルエンザ / H1N1 ) 報道 

2009年05月21日 18:32

KEEP CALM and CARRY ON


今やどこの局もこのニュースばかり。 
それにしてもどの報道もだいぶ過剰性が高すぎる過ぎるとは思いませんか?

自分の目の届く範囲で見ても感染はおろか「死」に至る程の実害はありませんし、
指が3又になってブタ鼻になっている訳でもありません。

それ程危険性の高いウイルスではない事を報道しながらもイタズラに視聴者を煽る様な
シリアスなバックミュージックで切迫した雰囲気を演出してみたりと兎に角挙げれば枚挙に遑がない。

バカ正直でステレオタイプなおりこうさんはそんなニュースを見て弱毒性の不可視な敵を
まるで我が町に「ゴジラ」がやってきたかの様に騒ぐのです。


今日もあるワイドショーでこの新型インフルエンザについて視聴者からこんな質問がありました。

視聴者 : 「 神戸から荷物が届いたのですがそれに触れても感染の危険はないのでしょうか? 」

・・・・もう正常に考えられなくなっているんですね。関西圏の人間はバイキンマンでもありませんし
もしそれで感染する疑いがあるのなら、すでにこの島国はB級映画 「感染列島」 の画となっているでしょう。


大事なのはある程度の知識とそれに基ずいた備え。
それらが万全でも冷静さを失っては何れもムダになってしまい、挙句は暴走に至ってしまいます。

兎に角、もっともらしい顔で熱弁をふるう低俗なワイドショーに惑わされる事なく、大事なのは冷静でいる事です。

KEEP CALM and CARRY ON


今日現在の日本における感染者数 238人

我が国のタミフル・リレンザの備蓄量 3800万人分


「余録」

政府広報から新型インフルエンザについてのお知らせとやらがあるのですがこの人が出てくるとまた妙な緊張感を持つ人がいるのでしょうね。




Game038 MIN@NYY [ 6 ‐ 7 ]

2009年05月19日 21:51

May 18, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Minnesota
2 0 0 1 0 1 0 1 1  6131
NY Yankees
6 0 0 0 0 0 1 0 X  7130

クマ狩りシリーズを4頭まるっと仕留めSWEEP劇。
このMIN戦から始まったホーム10連戦は予想もしていない幸先良い滑り出しでNYYは連勝を「6」に伸ばした。

今日は簡潔にこのゲームで気になったところ( ケチ・注文 )だけ・・・。

キャリア初のセーブをマークしたP・コーク。
8回表 2死1塁 NYYが2点リードの場面でコーク投入 打者はこのシリーズも確変中の4番モルノー。( 左打者 )
結果から言うとモルノーは三振。コークの投球内容は抜群に良く注文の付け様がなかった。

ただ解からなかったのは何故このケースでコークの投入に至ったかという事。
確かに投入できる選択肢は少なく現状況のブルペンで左投げはコークただ一人だが、今季のモルノーは対左.391 対右.293 というスタッツ。
現に今日の先発のペティット( 左投げ ) からこのゲームこれまで4打数4安打と左投手から結果を残している。
しかも先日モルノーに対してコークはHRを被弾。それと同時にこのシリーズ、ブルペンで失点しているのはコークのみで失点内容は共に2つのHRによる計3失点。

このケースで最も警戒すべきは言うまでもなく1発な訳で、この選択は正より負の要素が多いのは明らか。
高校野球なら精神論で事無きを終え後に美談にもなるがココの舞台では通用しない事は去年に学習したはずだと思ったんだけど・・・。


次戦は早くも3シリーズ目となるBAL3連戦。クマが倒せてトリが倒せない訳がありません。( まさにこれこそ精神論か。)



「余録」

ホーム戦が良いリハビリとなったかは別としてこのカード攻守共に貢献したテシェイラ。

このカード16打数8安打 9打点 HR3 ・・・ 沈黙者から一気にチームトップの28打点と10HR.
それにしても打の貢献もさることながらココイチでの好守・・・改めて「守れる」って松井ファンには羨ましくもあり妬ましい限りです。



Game035 MIN@NYY [ 4 ‐ 5х ]

2009年05月16日 22:43

May 15, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Minnesota
0 1 0 1 1 0 1 0 0  490
NY Yankees
0 0 0 0 1 0 1 0 3  5100

2、3、6回と先頭出塁+得点圏にランナーを置きながらも沈黙を貫いていたNYYが、
最終回に2点差をひっくり返し今季3度目となるサヨナラ勝ち。そのうちの2度もあの男が決めるとは・・・。


NYY先発はP・ヒューズ。彼については然程の期待もなかったのでこの程度かと。

P・ヒューズ : 5回 93球 被安打6 三振2 四死球4 失点3 自責点3

球威はそこそこでも精度が足りず、あてに出来る球種が少ない。
凄腕の匠がいない限りはこれから先も劇的ビフォー・アフター的な一変の見込みはなさそうです。
個人的には4つ年上のアセべスの方が伸びしろがある様な気がしてなりません。


一方のNYY打陣は冒頭に書いたとおり悩ましい展開が続き、7回までに得点出来たのはジーターのソロHRとデーモンの退場で替わって入ったガードナーのインサイドパークHRの2点のみ。
前ゲームで最高の仕事をした松井さんも今日は最低限の仕事すら出来ず・・・チーム最多の残塁 [7]

そんな敗戦濃厚の展開の中、MINの守護神ネイサンからの逆転劇。


ゲームが終わって気がついたのはネイサンの登板が4連投だったという事。
前カードDET戦SWEEP劇全てに登板し今日のNYY戦・・・あの点差と上位打線からのケースとカードの初戦という事を考えると妥当な選択なのでしょうが・・・NYY同様ブルペンが弱いので仕方ない起用だったのでしょう・・・「お気持ち存分に分かります」

そのNYYのブルペンもあまり好きになれない小刻みな継投で計5人の投入・・・ホントに良く勝てたと思います。


次戦は雑音を黙らす投球をそろそろ見てみたいJ・チェンバレンの先発。 セルべリ&キャッシュ・・・相棒はどちらになるのでしょうか。


「余録」

またもビックショットを打ったメルキーですが前回のサヨナラ劇も初球打ち。そして今回も・・・恐るべし強心臓。
( これで今季の初球打ちの成績が14打数6安打 .429 打点4 )

あっ、HR打った翌日から低迷期に突入する松井さんの妙なサイクルはなんなんでしょうか? 気になります。




Game034 NYY@TOR [ 3 ‐ 2 ]

2009年05月15日 18:30

May 14, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
1 0 0 0 0 0 1 1 0  370
Toronto
0 0 0 1 1 0 0 0 0  250

東地区の首位TORとの1stカードは3羽中2羽を仕留める事に成功し、これで勝率5割復帰となったNYY。

先発のCCサバシアは前ゲームほどの球威はないものの所謂要所を抑えるピッチングで今季3勝目挙げた。

CCサバシア : 8回 111球 被安打5 三振5 四球4 失点2 自責点2

苦手にしていた1番スクータロ(対サバシア:14打数6安打 .429) と今季絶好調の2番打者のヒル対して四球1つの出塁以外は許さなかった事もリズム良く流れに乗れた要因だったと思う。

そのサバシアが7回を投げ終えた時点で球数は101球。
セットアッパーが確立されていない現状況と救援能力の低いブルペン陣の事もあって8回もサバシア続投の選択も解からない事もないが、
8回の先頭打者はこのゲームで安打HR四球の3番リオスの打席から。これまでのサバシアとの対戦成績も5安打中2本がHRという相性。

まぁ、憎むべきは元凶は言わずとも承知してはいるもののこういうケースが続いている様ではプレーヤーはおろか見ている側も正直しんどい。
因みにサバシアはこのゲームが8回目の登板。合計56イニングで投球数879に及ぶ。 1試合あたりの平均投球数が約110球。完投能力に長けた使い減りのない投手なのは違いないにしてもその負担が来ないという確証はどこにもない。


とは言いつつも守備陣が好守でサバシアを助けたり、決勝打が松井さんの4号ソロHR・・・思わずニヤリしたくなるゲーム内容に満足です。

Game034 matsui HR ④


次戦はトラ退治に成功 (SWEEP) し勢いに乗るMINをホームに迎えてのクマ狩り4連戦。NYYの武器は勿論バットです。



「余録」

明日からホーム10連戦。沈黙者達にとって復調の10日間になりますように・・・。


話は変わっていよいよ終盤のNBA ガーネットなきセルティックスの苦戦は予想できてはいましたが、まさかレイカーズがトレーシー&ヤオ・ミンを欠くロケッツに3-3 タイの展開になるとは・・・。 LAの4Q失速病はどうやら長患いの様です。

「〇作員の真相」~極楽とんぼのテレビ不適合者~ 上巻 民放各局に拒否され実現できなかった企画集

2009年05月12日 19:42



不作法、不謹慎なのは承知の上。むしろその要素がなければ彼らにとっての大義は輝きを失うだけで、
勿論、受け手もそんな優等生の模範解答なんて望んでもいません。

望むは 「Like a 無責任」 投げっぱなし式ジャーマンスタイル。 当人もキレイにフォール勝ちしようなんて思っていないと思います。

今ではホントの意味でテレビ不適合者になってしまいましたが、あの頃の武闘派リスナーは今でも待ち望んでいるはず・・・。

因みに私の好きなコーナーは「技の嵐」と「実写版水沼スヌーピーのコーナー」でした。



商品の詳細    商品の詳細   商品の詳細





Game029 NYY@BAL [ 4 ‐0 ]

2009年05月09日 23:41

May 8, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
3 0 0 0 0 0 1 0 0  490
Baltimore
0 0 0 0 0 0 0 0 0  040

遅れてきた主砲と乗り遅れた大物の活躍でやっとこさ連敗脱出。

まずは乗り遅れた大物・・・CCサバシア : 9回 112球 被安打4 三振8 四死球1 自責点0 今季初完封

「乗り遅れた」と書いたもののもともとはスロースターター。そういう事もあって然程心配もしていなかったのですが、今季これまでの登板では球速もイマイチ上がらず、一番懸念していた四球の多さも今日のゲームでは解消され112球 ( ストライク79球 ) で完封。
このゲームでは特に低めに制球できた変化球 (スライダー) の制度が抜群で小出しにしていたチェンジアップも有効的だった。
BAL打陣のスタメン7人もの右打者も忘れさせる程の投球内容。 CCサバシア:対右.280 対左.194 (今季)

9回裏 最後の打者モーラから三振を奪った後のサバシアの雄叫びはそこに居ない人も皆同じ感覚だったと思う。



一方こちらはホントに遅れてきた主砲 A・ロドリゲス。

復帰後の初打席 ガスリーの投げた初球をレフトスタンドに3ランHR・・・これまでの5連敗というのがこの為の据え膳かと思わせる様な一発。
復帰すれば打って当たり前の感覚があったにしても、このケースで出るとは思ってもみなかった。
見ている人の感覚は前者のサバシアの時のシャウトする感覚とは違い「は~」っとニンマリしていた人が多かった様に思う。


ハードな17連戦もあと2ゲームで終了。この間、同地区対決の成績は今日の勝ちを含めて1勝8敗と不甲斐ない結果です。
このBAL戦終わればまた同地区のTOR3連戦。まさに両マスコット同様に飛ぶトリを落とす勢いが欲しいところのNYY・・・どうでしょうか。



「余録」

ポサダ&モリーナの代役はCervelliという23歳の若手。攻守の能力はさておき、三振後のボール回しの際の大袈裟なスローイング・・・あれは私も即刻採用します。


Game023 LAA@NYY [ 9 ‐10х]

2009年05月02日 18:12

May 1, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
LA Angels
0 0 0 0 0 6 3 0 0  9130
NY Yankees
4 0 0 0 0 0 0 4 2  10120

替えれば打たれる悪循環はお互い様の両チーム。
いくら知将と呼ばれるソーシアさんもこれではお得意の管理野球は通用しない模様です。

結果は9回裏に逆転したNYYのサヨナラ勝ちで今季初の4連勝。Kさん無きLAA・・・半端な穴ではなさそう。( それ以前の話か )

本日は時間に余裕がないのでココまで。 明日の先発はCCサバシア・・・LAAは明日もスタメン8人右打者なのでしょうか。

Game023


「余録」

7回裏のベラス主催の劇団「四球」( 四季風 )の寸劇を見せられたスタンドからのブーイングという名の喝采・・・その気持ちが存分に分かります。





Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。