スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game075 NYY@NYM [ W 4 - 2 ]

2009年06月30日 04:54

June 28, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
3 0 0 0 0 0 0 0 1  440
NY Mets
0 0 0 2 0 0 0 0 0  250

後世に語り継がれる大落球でド派手に幕を開けたサブウェイシリーズはこれまた後世に語り継がれる
偉業で終幕。それと同時にインターリーグも全日程が終了がした。( NYY・インターリーグ:10勝8敗 )

@Citi Fieldでの第2ラウンドでは初戦は失策三昧・2戦目はバーネットに屈し・3戦目もやはり失策( 記録上はナシ)
が絡んでの敗退とストレスがたまるばかりの良いとこナシのNYM・・・故障者があれだけいれば無理もないのでしょうか。 



その3戦目に一つ大きな節目となる大記録が達成された。 M・リベラ 通算:500セーブ ( +1のオマケ付き )

M・Rivera 500+1


カットボールを武器にドラフト外からメジャー屈指のクローザーへと登り詰めたNYY一筋の最古参。

キャリア15年で881ゲームに登板。その積み重ねた数字も然ることながら抑えて当然だという多くの
外圧の中で15年もクオリティーとそのモチベーションを維持し、やるべき仕事を遂行出来る精神力はまさにタフ・ガイそのもの。
それと同時に勝利に直結しない表面的なレコードコレクターとは一線を画する事を改めて実感した。

この日もいつも通り歯を喰いしばりながら一寸狂わぬフォームから左打者のベルト目がけて投げるカットボール。
近年、バットを圧し折る程の球威までとはいかないもののその鋭角に変化するボールの軌道は未だに健在。
そこに来ることが分かっていながらも攻略出来ないのだから改めてそのボールの特異性を感じた。

おまけに偉業達成が敵地ではあるがニューヨークだったという事もファンにとっては貴重なプレゼントになったに違いない。

NYY@NYM Game075 Mariano's 500th career save + オマケ キャリア初出塁 & 初打点


NYYの次戦はSEA戦から始まる@ホーム7連戦。

今年は例年と一味違いアメリカンリーグ唯一のチーム・先発ERA3点台・リリーフも3.16 のSEA。
去年の様なバッティングセンターの様にはなりそうもありません。※去年vsSEA 6勝2敗 合計60得点


「余録」

先発として8度目の登板で今季初勝利を収めた王 建民。
意図せず球が浮く事とやはりスライダー > シンカーという選択が今の現状態なんでしょうね。
サインに首を振ってスライダーを投げているところを見るとホントの復活まではまだ時間がかかるのでは。



スポンサーサイト

Game070 NYY@ATL [ L 4 - 0 ]

2009年06月24日 21:53

June 23, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 0 0 0  041
Atlanta
0 0 3 0 0 0 0 1 X  471

低調ぶりが露骨になってきたNYY。このゲームも僅か4安打と沈黙し今季3度目の完封負け。
打撃にスランプの波があるのは理解出来ても得点手順にスランプがあるとなれば話は別です。

4回表:1死からカブレラ:中2塁打 → 1死2塁 ガードナー:ショートゴロ ( カブレラが3Bへ暴走もサードの捕球エラー )
     → 1死1,3塁 王 建民:送りバント→ 2死2,3塁 ジーター:四球 → 2死満塁 スウィッシャー:ショートゴロ・・・無得点。

フォーカスしたのは1死1,3塁での王 建民の打席。

不慣れな打席と最悪コースの併殺打を考慮してか選択したのは送りバント。( 去年の事もあってか? )
そもそも見す見す1死を献上してまでして2塁に送る程の必要性は全くなく、ましてはランナーが
俊足のガードナーともなれば盗塁という選択肢もあったはず。( 今季・盗塁:成功/15 失敗/2 )
同じアウト数を犠牲にするなら得点を演出できるスクイズという手順も十分、頭にあったはずだが・・・。
※但しこの打席、双方のサインミスがあったかは未確認 。( バント後の王 建民の顔が微妙な表情 )

打てない事が元凶なのも事実だがそれならそれなりのやり方もある。手順度外視で得点が
出来るならそもそもこんな風にはなってはいないしベンチで指揮をとる人間も不必要となってくる。
ほっとけば上がってくる打陣ではある事は確かだが結果がでていない時こそベンチワークの
役割要素が大きいのは言うまでもない。

Blankees


「余録」

今日から貯金シリーズに突入した首位のBOSとはこれでゲーム差 5 ・・・ 5 繋がりで言うと
敵地でのインターリーグも残り5戦 です・・・・ 彼がグラブを持つ日がくるのでしょうか ? ♯55・・・。



Game068 NYY@FLA [ L 2 - 1 ]

2009年06月21日 20:39

June 20, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 1 0 0  152
Florida
0 1 0 0 0 1 0 0 X  250

すべきことを如何に遂行出来るかが勝敗を左右する大きな要素。云わば勝負事の掟です。
その掟を破った典型がこのゲーム。先発A.Jの出来が良かっただけに・・・これぞ悔やまれる敗戦。


8回表 先頭 代打:松井 [ 右安 ] 代走:ガードナー盗塁 → 無死2塁 代打:ロドリゲス [ 四球 ] →
無死1,2塁 ジーター:2ゴロ併殺 2死3塁 デーモン:三振・・・無得点。

ジーターのたった一回のバントミスが祟ってのこの結果。打てない事を責める事はないがバントが出来ないとなると話は別。
因みに二遊間はセカンドベースよりの併殺シフト。相手の目論見通りの結果となった格好。

9回表 先頭 テシェイラ:右安 → ポサダ:ショートフライ → カノー:二ゴロ併殺・・・ゲーム終了。

野球観で賛否が分かれるところではあるが個人的にはポサダにバントをして欲しかった。
(勿論、今季ポサダがランナーありでの打率.340という事も承知の上)
それでも1点取らなくては先がない場面。ましては前イニングの事もある訳で・・・。
( この打席でセルベリ( 今季犠牲バント4つ )の顔が浮かんだ私は野球偏差値が低いんだろうな。)


sports_ledes_2.jpg
自責点1の敗戦投手。決勝点がデーモンの失策・・・なかなか波に乗れませんね。



「余録」

明日の先発はCCサバシア・・・通算:88打数23安打 打率.261 3HR 13打点・・・一つ見どころでしょうか。



Game060 NYY@BOS [ L 4 - 3 ]

2009年06月13日 23:30

June 11, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 3 0 0  3101
Boston
0 1 0 0 0 0 0 3 X  480

7回終了時点で2点リードのNYY。今日だけはすんなりと帰路につけると思ったのですが、
そこからまたもやBOSのプロモーションビデオ様な展開に・・・・。
それも昨日、今日と1点差での敗戦。結果は同じでも特に後者の今日は指揮官の頑迷が祟っての
自滅パターン → 呪縛拭えずに勧善懲悪シリーズ8連敗。

まずはそのジラルディーの凡策から。

8回のマウンドに上がった時点で投球数100球のサバシア。前イニングの内容と球数から考えても
この回の続投に異論はない。( 今季1試合平均110球 )

そのサバシアは先頭グリーンに左安打 → 次打者ペドロイアに10球を要して結果は四球 → 無死1,2塁
→ そのまま続投でドリューに中安タイムリー。

前2打者に対しての投球を見ても変化球のキレが落ちたのは明らかでグリーンに打たれた球も
ほぼ変化のないチェンジアップ。それを感じたセルベリがペドロイアに投じた10球のうち7球も
ストレートを要求している事がなによりの異変のサイン。
その後マウンドに駆け寄るP・コーチも何の確認をしていたのか・・・これに気づいていて続投とは相当盲目的としか言いようがない。 ( ドリューを迎えた時点で球数は121球 )
( ちなみにこの8回の空模様はゲーム始って以来の一番の大雨・・・この辺のケアも皆無 )

そしてその後の継投も何とも彼らしい迷采配。 [ サバシア → アセべス → コーク ]

右のユーキリスを迎えたところで右投げのアセべスの投入 [ アセべス被安打率 : 対右打者283 対左打者.135 ]
すでに今季11Gの登板でロングリリーフの役割をしているアセべスだけに知らない訳がないこの辺のスタッツも黙殺。
( 因みにアセべスの武器は左打者へのチェンジアップ。逆に課題は球威と右打者へキメ球不足 )

後に出てくるコーク( 左投げ ) の被安打率は 対左右の何れも.205
松井に対しての処遇を見ても分かる様に[ 左打者= 左投げ ] [ 右打者=右投げ ] という刷り込みは
未だにご健在のジラルディー大先生。 この野球観はたぶん一生続いていくのだろう。


トドメはお馴染みのジラルディー流の守備固め ・・・ いつもケースでの常套手段。

現外野陣でまともなのがカブレラだけというのも致命的だがあのアタリで犠牲フライが成立するガードナーがセンターというのも同じく致命的。
いつかやるとは思っていただけに然程驚きもないがよりによってこの相手とこの場面でやらかすとは・・・。

散々だったスウィッシャーに関しては・・・特に言う事はありません。( 要は感覚の問題 )


home_sports.jpg
明日は彼にとってどんな誕生日になるのでしょうか・・・ベンチバースデーだけは勘弁。( 現地12日 )


「余録」

NBAファイナルGame 4 これから録画視聴。
こちらは散々な事になっていませんように。




Game058 NYY@BOS [ L 7 - 0 ]

2009年06月10日 20:42

June 9, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 0 0 0  021
Boston
0 4 1 1 0 0 1 0 X  790

完膚無きまでの完敗で今季対BOS戦は6戦6敗。
それプラス58ゲーム目にして今季初の完封負けのおまけまで戴いたNYY。

勝てる気がしないとは言わないまでも今日の様なゲームを見ると多少の善からぬ邪推は抱かずにはいられない。
しかしこんな情けないゲームでも敗因がはっきりとしているのは唯一の救い。
あえてここでは「相性」という言葉はそっと胸にしまって早速、その敗因の一つから。

先発のA.Jバーネットはシーズンワーストの3回を投げ切れず5失点で降板。
どの球種も不安定で数字通りの今季で最も悪いといってもよい内容。

A.Jバーネット:2回2/3 84球 被安打5 奪三振1 与四球5 失点5 自責点3  3敗目( 4勝 )

終始制球に苦しみ全打者18人対し3ボールになるカウントが9人。
それ故に四球になる確率は上がり( 四球数5 ) → ストレートが多くなり(65球) → ソレを狙われるというよくあるパターン。

柔軟性のないポサダのリードにも責任はあるとはいえ、フィギィア化していたオルティズに
HRを打たれる辺りはバーネットの今後が多少の気懸り。
特に靴下破りがお得意だった彼だけに・・・。( 対BOS戦キャリア5戦5勝→今季は2戦白星なしのERA12.91 )

一方、ベケットの前に今季初の完封負け喫したNYY打陣とは対照的に
やはりこのゲームでも感じたのは印象通りの勝負強いBOS打陣。[ BOS:2死からの得点圏打率.289 ]
これにおいては数字以上に明晰な事は言えないがチームの対戦成績の相性とやらよりもこの数字のほうが遥かに不気味で恐い数字である事を再確認した。


再確認繋がりで言うと18戦連続無失策レコードが途絶えたその日から
今日まで7戦連続の失策をマークしているNYY。幸運にもその失策が致命傷となった
ゲームがないのは救いというだけで何れもその可能性がないとは言いきれないのが失策というモノ。
その内容も凡ミス多いだけにある種メンタルエラーだと思われても仕方がない。
因みに意地悪な事を言うと記録が途絶えたのは彼の手によるもの。( これは相当意地悪いのは自覚しております。)


次戦はナックルボーラー×シンカ―ボーラーのマッチアップ。



「余録」

NBAファイナルGame 3 レイカーズ×マジック [ 104 - 108 ]
Game3を勝利しチーム創設以来ファイナルでの初勝利をおさめたマジック。

マジック : FG 40/64 FG% .645 ( ファイナルハイレコード )

レギュラーシーズンでやってきた事をやっと発揮出来、レコードのオマケまで付いてきたマジックですが、
その一方でそれでも相手に一方的なペースを譲らないレイカーズの経験値は
むしろ両チームの力関係をはっきりと露呈した様な気がします。

今日のコービーのFTが 5/10 ( 今季FT85.6% ) この辺りのあり得ない事が引き金にならない限りは
マジックは苦しむのではないかというのがこの3戦での印象です。

とは言いつつも断然マジックサイドの私ですが・・・。

Game053 TEX@NYY [ 4 ‐ 2 ]

2009年06月04日 20:21

June 3, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Texas
3 1 0 0 0 0 0 0 0  492
NY Yankees
1 0 0 0 0 0 1 0 0  261

TEX先発のフェルドマン。このゲームで今季負けなしの5勝目。
先発として登板した8ゲーム中チームが敗戦したゲームが1つだけと実に安定しており貢献度も高い。

先発登板:7試合 防御率 2.59 被安打率 .197

このゲーム前までの7戦のスタッツを見ても分かるが結果と数字が比例しないケースの
プレーヤーではない事がよく分かる。

そんな好調のフェルドマンの前に屈したNYY。今日においては少ない好機に1本が出ないというのが敗因の一つだった。

そのNYY打陣と同じくらいピリッとしなかったA・ペティット。
前ゲームCLE戦で気にしていた腰の調子も関係しているかは分からないが今日はイマイチ精彩を欠く内容。
ここ2戦で四球数11。自分の制球難で招いたランナーという事もあってお得意の牽制スタイルで
何とかしようという考えがさらに神経質にさせている。
ましては相棒はポサダ大先生・・・TEXシリーズ早くも2戦目で6つの盗塁を許す相棒の事も大きくそれに加味しているのだろう。
( しかし、先生には捕手でいてもらわなくては困ります・・・DH業は来年からにしてくれ! )


次戦のNYY先発はCC・サバシアに替わり王建民に予定変更。


「余録」

テシェイラの具合とポサダの守備・・・松井ファンにとってはまたも厄介な案件です。




Game051 NYY@CLE [ 5 ‐ 2 ]

2009年06月02日 20:17

June 1, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 1 0 0 0 4 0 0  560
Cleveland
0 0 0 1 0 0 1 0 0  240

キャリアハイの8イニングを快投したJ・チェンバレン。

8回 106球 被安打4 奪三振5 四球2 自責点2  今季3勝目

これまで懸念していた球速不足も今日のゲームではとりあえずは解消。
「YES」制作の球速表示が正常ならMAX98mphを マークしており、降板する8回になっても失速する事はなかった。
その特段に良かったストレートもあってさらに効果的だったのが鋭くブレーキの利いた縦割りのカーブ。

[ 球種の内訳 計106球 ストレート:67球 スライダー:20球 カーブ15球 チェンジアップ:4球 ]

今日の様に球威が戻ればストレート・スライダー・カーブの少ない球種で十分勝負になる。
球速の上がらなかった頃に投げざるを得なかったチェンジアップなどはあまり必要ない事が良く分かる内容だったと思う。

そのチェンバレンがもう一つ大きな仕事をしたこのシーン
内容と結果は勿論の事、まるで肉食動物の捕食映像の様な気迫溢れるプレーに心を強奪。
ファンにはたまらない特典映像になった事だと思う。( 私はまんまと捕食されたタイプです )


「余録」

いよいよファイナルを迎えるNBA。 キャブス戦で見せたマジックの総合力なら
悲惨な事にはならない様な気がします。ファイナルから復帰予定のネルソン・・・この起用がどう左右するでしょうか。






Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。