スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recent Twitter 09 : 東京事変 (電波通信 Live ver) × @SDP_ani (残暑見舞いMIX)

2010年08月27日 19:33

< MENU >
東京事変 : 電波通信 from ウルトラC × スチャダラパー : 2010summer MIX by @SDP_ani
           
東京事変 - 電波通信(live tour 2010 ウルトラC ver)

東京事変 live tour 2010 ウルトラC (DVD) 8/25発売 (Blu-ray Disc 9/8発売)

作動から接続、その速さまさに音速(スーパーソニック)の域。

この楽曲の瞬発力たるや、漫☆画太郎先生でいう ※「ワンミニッツあればイナフだ」どころの騒ぎではない。

< External Link 1 >
東京事変 : ウルトラC 特設WEBサイト
YouTube : 東京事変 - 天国へようこそ  テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「熱海の捜査官」主題歌
関連記事 : Recent Twitter 08 : 東京事変 × Bonobo × スチャダラパー
歌詞 : 東京事変 - 電波通信

ani(SDP_ani)on Twitter @SDP_ani 残暑見舞い申し上げます。

スチャダラパーのANIより届いた、つ~いつい流してしまう様なゆる~い夏らしい ″残暑見舞いMIX(2010summer)″ トラックリストを書こうと思ったけど、ここもつ~いつい流されてしまい、結局暑さでまいっちまうと言う事で…書きません。

あ~、こんなの聴くとますます地蔵になりそう。あっ、アイスコーヒーをもう一杯下さい。

< External Link 2 >
firestorage : 2010summer (MP3: Free Download)
ニコニコ動画 : [作業用BGM] スチャダラANI SUMMER JAM 2010 [SDP]
Twitter : ani(SDP_ani)on Twitter

余録: 久しぶりに野球ネタ以外のエントリーだったけど、やっぱりこっちのほうが比にならないくらいすごく楽チン。ここのブログも10月以降はたぶんこんな感じです。

< External Link 3 >
Twitter : 432k@1書記長(432ka1)on Twitter



スポンサーサイト

Angels : Game125 @ MIN L4-0

2010年08月23日 19:07

▼8/23 Game125 : LAA 0 @ MIN 4 Wrap >>> 

Under .500

▼5回裏: 2死ランナーなし⇒3BH⇒敬遠⇒四球⇒(2死フルベース)⇒5番カダイアー: 走者一掃の2BH

ウィーバーはソロHRを含む実質3本のヒットで4失点。マウアーへの敬遠はそのケースや相性的にも想定内だったが、何より誤算だったのは次打者クーベルに対してのストレートの四球だった。
今日、ゲーム序盤に Twitter でも書いたが、気になったのはカウントを整えに行くいつもの緩いカーブをほとんど投げずにいたことで、結局勝負を決めたカダイアーに対しても計9球を要しながらもその何れもストレートとスライダーのみの投球。相手がリーグNo1の打率を誇る打線とはいえ、今日はその配球にも少し疑問が残る内容だったと思う。

一方のLAA打陣も先制のチャンスを逸機するなど今日もエースを援護出来ない展開。いくらエースとは言ってもこのランサポートでは正直しんどい。ハッキリ言って某金持ち球団ならすでに15勝はくだらないと思う。

※ウィーバー vs マウアー: 18打数6安打(通算)
※Video : Cuddyer's nine-pitch at-bat (8/23 LAA@MIN)
※オールスター後、ウィーバーの登板8試合でチームの平均得点2.1

▼NOTE : Team Headlines

イズトゥリスが右肩の炎症により15日間のDL(今季3度目) ⇒ 前シリーズのBOS戦でローウェルの打球を処理(ダイビング)した際に古傷に痛みを覚え今季3度目となるDL入り。それに伴いAAAより右投げの22歳J.ウォルデンをコールアップ。

そのウォルデンはスライダーとチェンジアップ、MAX102mphのストレートを武器とする右投げの22歳。実際に見た感じでは伸びのあるストレートは魅力的ではあるがやはり課題はその制球力。その辺は今季、このチームをずっと見てきた人なら痛感してると思う。現地の記事によれば昨年は左打者に苦戦していたらしい。

※Video : Walden's Major League debut (8/23 LAA@MIN)
※FanGraphs : Jordan Walden / Stats - Minor League (AAA)
※今季 : (AA 38+AAA 6) 合計44試合 49IP 24四球 41奪三振 WHIP 1.530

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 0, MIN 4

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG


Angels : Game121 @ BOS L7-5

2010年08月19日 18:34

▼8/19 Game121 : LAA 5 @ BOS 7 Wrap >>> 

lose 9 Games in a row

▼S.カズミア: 8勝10敗 20登板(108ip) 防御率6.40 被安打率.275 四球数56

制球難でカウントを悪くしあっさり四球、それらでランナーを背負っては、そのピンチを回避出来る様な決め球もなく、球数はみるみる増えて早期降板…今季のカズミアを簡潔に言うとこんなところだろうか。今日もカヤスポの再三にわたる好守があってこその5イニングだったと思う。
当初は怪我の影響で球速が2mphほど落ちた事が不安視されてはいたが、今季を見てもどうもそんなレベルではない事がよく分かった。一時はブルペン転向の話しもあったがこの立ち上がりの悪さと四球率、そして左vs左の法則が通用しないところをみるとそんな話しもお蔵入りで終わるだろう。

※ESPN : STATS / Scott Kazmir #19
※Video : Callaspo flashes the leather (8/19 LAAB@BOS)
※四球率11.3% MLB平均値8.6%
※カズミア vs 左打者: 被安打率.321

▼8回裏: 1点ビハインド ⇒ M.カーンに継投 ⇒ M.カーン: 被安打2 四球1 失点1

点差や1番から始まる好打順を考えても、これが後がないチームの最善の継投とはとても思えなかった。ロドニーを起用しなかったのはスクータロとの相性もあるとはいえ、そもそもロドニーとカーンでは素人が見てもモノが違いすぎる。おまけに前BOSシリーズでも全く同じ継投で失敗している事も付け加えて強調しておきたい(※詳しくは下記リンク: 参考記事) 因みに抑えのフエンテスは8/10以来登板していない。

一方のBOSは途中出場したナバが一打同点の場面にレフトにてイズトゥリスの打球をダイビングキャッチ。しかも驚くべきは今日2安打のマクナルドに代えての代打起用。これが結果オーライであるかは別として、ここで9連敗(vs.BOS)を覚悟した人も多かったと思う。

※ロドニー vs スクータロ: 3打数3安打(通算)
※参考記事 : Angels : Game102 vs BOS L6-3
※Video : Nava's great diving catch (8/19 LAAB@BOS)

< Eternal Link >
Video : Recap: LAA 5, BOS 7
SANSPO.com : 松井秀喜 4試合連続安打 「状態は悪くない」

< Eternal Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG




Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。