スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 Season Preview : A’s Pitchers

2011年03月31日 16:25

▼Starter: 先発投手 ※( )は利き腕

T.ケーヒル(R)
B.アンダーソン(L)
G.ゴンザレス(L)
D.ブレイデン(L)
B.マッカーシー(R)

5番手のマッカーシー以外は去年と同じ顔ぶれが揃うローテーション。そのマッカーシーは去年は全休、キャリア6年、これまでの登板回数(イニング数)見てもローテの維持はハッキリ言って期待薄。
その他、去年は出来過ぎだという声も多いケーヒルは確かにランサポート(RS)やホームゲームでのアドバンテージはあったものの、生命線であるシンカーさえ狂わなければ然程問題視する必要もなさそう。
今季、個人的に期待したいのはゴンザレス。右打者に対してのチェンジアップの精度が上がれば、球種の少ない投手なだけに組み立て(配球)においてもかなりの有効球になりそう。課題は制球難。そのキーになるのは、やはりチェンジアップ。
ブレイデンとアンダーソンはズバリ制球力。特に前者は球威で翻弄するタイプではない為、これまで通り制球力が生命線になる。後者はそれに加え、対左打者の克服も課題となる。

※ESPN: Brandon McCarthy - Stats
※T.ケーヒル: RS(5.2) 勝敗(ホーム/ロード)(11勝3敗/7勝5敗) 防御率(ホーム/ロード)(2.18/3.86)
※アンダーソン: 対左打者の被安打率(2010/通算)(.299/.308)

▼Reliever: リリーフ投手

A.ベイリー(R)
B.フェンテス(L) or G.バルフォワ(R)
M.ワーツ(R)
C.ブレズロウ(L)
J.ブレビンズ(L)
B.ジークラー(R)
B.クレーマー(L)

個人的に注目しているのはフェンテスとバルフォワの起用法。両者の加入で層は厚くはなったが、その一方で左腕が4名になり、クローザーとセットアップの経験者が複数になった事で継投(起用)においての選択が難しくなった事も事実だろう。特に前者においてはご存じの通りの波の激しい、つかみどころのない投手。守護神ベイリーの怪我(復帰)も不明瞭な部分が多いだけに復帰後の起用法も注目だろう。※ベイリーの復帰は4月中旬になる見通し

このチームの打線を見ても分かる様に去年同様、今年もロースコアのゲームや僅かな点を争う接戦が多くなる事が予想される。それだけにブルペンの肩にかかる負担と役割は大きい。守護神不在の中、その不揃いのピースを配置する役目であるゲレンの継投術にも注目したい。

< External Link >
MLB.com: Spring Training 2011 Pitching Stats
MLBDepthCharts.com: Oakland Athletics 2011 - PROJECTED 25-MAN ROSTER
ESPN: Oakland Athletics Depth Chart - 2011
MLB.com: A’s - Projected Opening Day lineup

< External Link 2 >
Twitter: 裏432ka1(ura432ka1)on Twitter
Baseball Blog: MLB×BLOG
スポンサーサイト


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。