スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコーの巣の上で ‐ One flew over the cuckoo's nest -

2009年01月29日 18:00

One flew over the cuckoo's nest


物語りは、一人の男が詐病を装い、強制労働を免れるためオレゴン州立精神病院へ、病院は徹底した管理体制がしかれ、そんな体制に不満を抱いた男はそのルールに逆行、抵触し続ける。それでも変化のない病院の体制に男は脱走の計画を企てる・・・。

この作品も
TAXI DRIVERを見た時の様に胸をえぐる様に鷲掴みにされた映画で、もう何回観賞したかも定かでないほど見ている。
先日もテレビのザッピング中、偶然にもBSで放送していて、そのまま観賞・・・と、いうよりも感傷していた。

私の中では、彼もTAXI DRIVERのトラヴィス同様にアンチヒーローの様に見えて仕方がない。
そう思わせるのはきっとあの場所にいた患者全てが彼の愚直とも云えるほどの言動に、心から喜びを体現しているからだと感じたからだろう。

結末がバッドエンドと云われる事も多いが、巣からカッコーが巣立つ瞬間の彼らの目は人間の尊厳を手にした喜びと希望に満ちている。


余録・・・何故に「カッコーの巣の上で」というタイトルになったのか?

カッコーはホオジロやモズの巣に卵を産みいわゆる托卵によってヒナをホオジロやモズに育てさせる。カッコーのヒナがいる巣では、ホオジロなどがカッコーのヒナに餌を与え、ヒナも親だと思って餌を受け取る。居るべきはずではない場所にいてそれを疑わないヒナに、ある種の洗脳がなされている点は舞台となった病院と共通する部分がある。また自殺した患者は母へのトラウマを抱えており、母子関係の問題を提起しているし、病院で患者をケアしなければいけない婦長の冷たい態度も母性欠如の問題とカッコーの生態を対比させているようにも見える。 またカッコーの巣(cuckoo's nest)は、「精神病院」の蔑称のひとつである。 (wiki より引用)

   








コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  4. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  5. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  6. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  7. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  8. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  9. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  10. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  11. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  12. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/214-92aaf479
この記事へのトラックバック


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。