スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THA BLUE HERB / 3 DAYS JUMP ( 2001年地球の旅 )

2009年02月19日 20:00

前エントリー 「時代は変わる part1」がセルフボースティングの最たるモノだとすれば、そのおよそ1年後にリリースされた「3DAYS JAMP」はその姿勢の対極と云える内容に正直、驚きを飛び越え、戸惑い感じざるを得なかった。

「3日後に飛んでるとこはどこか?」  「もう何時間もただ天井を見つめている」

「このベッドはまるで退廃の棺桶」   「祈れ 遅れず言葉に飛び乗れ」

「何時間も同じラインを動けず だからといって今日もノートを離れようともせず」

「今日中に見つけなくてはならないよ  今日中に終わらせなくてはならないぞ」

「その日はかわらずペンはといえば進んだり戻ったり 気まぐれに踊ったり そうかと思うと突然怒ったり
自らの無能をいまさらのろったり 言葉を真白い壁にぶつけている イライラをおさえきれずにふるえている
そしてかわらずオレはそれにせかされ 手をこまねいてるうちに今日が暮れてく」






一聴すると内容のないタダの大麻吸いの管巻きと切り捨てる人もいるが、BOSS本人が云うところの「ラッパーたるものってやつにこだわるぞ」の体現だと私は解釈している。良きも悪くも生臭いまでにリアリティーを感じ、苦悩をありのままに描く。もがき苦しみ、すがる事すら辞さない姿勢で絞りでたフレーズ全てが模範解答とは限らない事を偽りなくリリックにした曲だ。一語でリスナーを置き去りにするパンチラインを描くBOSSもいれば、この曲の様に産みの苦しみを憚らず唄う事もある。そんな彼の振り幅の大きさも魅力の一つだろう。

これもそうだが、THA BLUE HERB の作品は時を経て心象の変化をリスナーに与える事がよくある。
前述した「戸惑い」はその後の2ndアルバムの布石となり、それを聴くにつれ「心地よい疲れ」となる。聴き手をリードする事においても彼らに抜かりはない。


最後にBOSSがこの曲について・・・

「3 DAYS JUMP(2001年 地球の旅)」です  今回はその曲のみ これは ま 旅じゃいろんなこと思ったんだけど その内の3日間の出来事
12月30日から 31日 そしてあけて1月1日の3日間のなかで 俺の 思考の中で起こったこと ま 俺が 思ったことです
1日に1バースずつ書いていったので もちろん書いてる俺も 30日には 31日に何を思うかは 知らないし
31日には 明日1月1日に 何を思うかは 知らない  そんな曲です 






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/220-02621539
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。