スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC FINAL JPN×KOR [5-3]

2009年03月24日 22:03

2勝2敗でTAKE 5 となる対KOR戦。食傷気味でお腹いっぱいと感じた前ゲームに比べ、流石にタイトルが懸かるFINALともなればその複雑な感覚は消えていた。それどころか途中スコアを付けれなくなるほどに冷静さを失いながら両軍の「アジア野球」を観戦する羽目になるとは・・・。

毎回、書いている様に勝ちゲームすらケチを付けたがる性分だけど、今日は「勝てば官軍」の定義を結果論承知でフル活用。
道理や道中は二の次で、ゲームに勝利し「世界一」となった事実を純粋に祝福です。

という事で今日は都合よく良点だけを簡単にピックアップします。

再三の好機にあと一本が出ない味方の打陣を尻目に大舞台で淡々と投げる岩隈の強心臓ぶり。
技術的な事は言うまでもなく、それらを発揮し維持できる精神的なタフさと打者に対しての勝負根性は素晴らしいの一言。

岩隈久志 [ 7回2/3 97球 被安打4 奪三振6 四死球1 失点2 ] 

風向きの変化を許さなかった内川の好守(ギャンブルプレー)と打者としてのセンス。
スタッツもさることながら効果的な一打を打っているという今大会における印象。論理的と云うより野性味ある瞬発的なところも彼の魅力とも言える。

内川聖一 [ 5打数3安打 2得点 ] 今大会通算 [18打数 6安打4打点3得点 打率.333 ]

それともう一人・・・出塁率.273のリードオフマンを触れない訳にはいかない。
「底」から最後は「頂」へ 自他ともに認める俗に言う「持っている人」。いつもシーズンでは目映いばかりの数字残す彼が、今大会で残したモノは表面的な「数字」ではなく、結果としてトドメを刺した効果ある「実動」としての印象。
私の様なエリア51圏外の人間から見ても、あの場面で1本打つ事が出来るというのは・・・もうこれにおいては好き嫌いの感情論なしに反証不可。アッパレの一語に尽きる。

鈴木イチロー [6打数4安打2打点] 今大会通算 [9G 44打数12安打 打点5 得点7 OBP.273 打率.273]


「韓国野球」

ゲームのキーとなった10回表 2死2,3塁。 1塁は空いているがイチローとの勝負を選択した韓国。見応えのある全8球の攻防。

[1-0]で完封された東京ラウンドの1位、2位順位決戦の時も4回裏1死3塁 4番の村田に対して1塁に敬遠せずに勝負を選択。結果は5球連続のストレートで一邪飛。
采配事体はお世辞にも得策とは言い難いものの、これが「核」を潰して成敗する韓国のスタイル。
今日の核となったイチローと勝負し、その強気のスタイルがこの決勝という舞台では裏目に出た格好となった。勿論、冷静に考えればココは敬遠が得策。次打者がこのゲーム2本のヒットを打っている中島という事もあったのも事実(中島裕之:このゲーム前まで今大会6本の安打のうち4本が韓国戦)だが間違いなくココが勝敗を分けたシーンであるのと同時にこのゲームのベストバウトなマッチアップ。
(追記・・・どうやらベンチとバッテリー間での意思疎通が出来ていなかったとか。)

余録・・・JPNの2連覇で幕を下ろした2009のWBC

開催国の姿勢とこの大会における意識が変わらなければ、アジアの2強を打ち崩すのは非常に困難ではないかというのが個人的な結論です。システム改正も勿論の事、それらの改善あった上で第3回のWBCでJPNのスリーピートを期待しております。 


あー疲れた。コレ終わったらもう直ぐにシーズン開幕か~。








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/246-f61febc5
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。