スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game038 MIN@NYY [ 6 ‐ 7 ]

2009年05月19日 21:51

May 18, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Minnesota
2 0 0 1 0 1 0 1 1  6131
NY Yankees
6 0 0 0 0 0 1 0 X  7130

クマ狩りシリーズを4頭まるっと仕留めSWEEP劇。
このMIN戦から始まったホーム10連戦は予想もしていない幸先良い滑り出しでNYYは連勝を「6」に伸ばした。

今日は簡潔にこのゲームで気になったところ( ケチ・注文 )だけ・・・。

キャリア初のセーブをマークしたP・コーク。
8回表 2死1塁 NYYが2点リードの場面でコーク投入 打者はこのシリーズも確変中の4番モルノー。( 左打者 )
結果から言うとモルノーは三振。コークの投球内容は抜群に良く注文の付け様がなかった。

ただ解からなかったのは何故このケースでコークの投入に至ったかという事。
確かに投入できる選択肢は少なく現状況のブルペンで左投げはコークただ一人だが、今季のモルノーは対左.391 対右.293 というスタッツ。
現に今日の先発のペティット( 左投げ ) からこのゲームこれまで4打数4安打と左投手から結果を残している。
しかも先日モルノーに対してコークはHRを被弾。それと同時にこのシリーズ、ブルペンで失点しているのはコークのみで失点内容は共に2つのHRによる計3失点。

このケースで最も警戒すべきは言うまでもなく1発な訳で、この選択は正より負の要素が多いのは明らか。
高校野球なら精神論で事無きを終え後に美談にもなるがココの舞台では通用しない事は去年に学習したはずだと思ったんだけど・・・。


次戦は早くも3シリーズ目となるBAL3連戦。クマが倒せてトリが倒せない訳がありません。( まさにこれこそ精神論か。)



「余録」

ホーム戦が良いリハビリとなったかは別としてこのカード攻守共に貢献したテシェイラ。

このカード16打数8安打 9打点 HR3 ・・・ 沈黙者から一気にチームトップの28打点と10HR.
それにしても打の貢献もさることながらココイチでの好守・・・改めて「守れる」って松井ファンには羨ましくもあり妬ましい限りです。





コメント

  1. KMFIS | URL | -

    Re: Game038 MIN@NYY [ 6 ‐ 7 ]

    時おり相性を理由に松井を外すジラルディですが、
    左には左の刷り込みは他の野球人と変わらないみたいです。
    コークはいわゆる8th Inning Guyのような格付けなので、
    それにすがったというのもあると思います。

  2. 432ka1 | URL | -

    Re: Re: Game038 MIN@NYY [ 6 ‐ 7 ]


    まさにそのようですね。

    良く言えば一貫性がある采配と言えますが、
    悪く言うと順応性と応用力に欠けた采配とも言えます。

    どちらかというと私には後者のイメージが強い様です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/279-a6b97987
この記事へのトラックバック


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。