スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game041 BAL@NYY [ 4 ‐ 7 ]

2009年05月22日 18:43

May 21, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Baltimore
0 0 0 0 1 2 1 0 0  4120
NY Yankees
4 2 0 0 1 0 0 0 X  790

危なげなく3羽を仕留めて9連勝。まさに飛ぶトリを落とす勢いになってきたNYY。

このBALシリーズは相手の救援能力の低いリリーフ陣から高い確率で得点出来たことも
SWEEP出来た大きな要因だった。[ BALリリーフ陣の3戦合計失点 = 11失点 ]

勿論、3戦合計で27得点出来たNYY打陣も素晴らしいがそれと同時に
食べ残しが非常に少なかった事も評価すべき内容だと思う。 [ 3戦合計のNYYのチーム残塁: 2+4+2=計8残塁 ]


ジラ監になって初の9連勝。 「勢い」という不確かなモノも働きかけている事もあるかもしれないが、
明らかにここ最近は内容も充実している様に思う。
確かに極めて気まぐれな「勢い」も脅威に感じる事もある。しかし大事なのは内容に付随して結果が出ている事。
「結果が全て」という極論も解からない訳でもないが、長くハードなシーズンを戦い抜く事を考えれば、
「結果」に向かうまでのプロセスや方法が最も重要なファクターになる事は言うまでもないし、
気まぐれな「勢い」とやらだけならそうは長く続かないはず。


次戦はいよいよインターリーグ 去年のチャンピオン・フィリーズ[ PHI ] との3連戦。 ( )は順位

チーム防御率 4.01 (8) 先発の防御率 6.31 ( NL・最下位 ) リリーフの防御率 3.95 ( 5位 )

チーム打率 .258 (8) 得点224 (2) 打点214 (2) HR数 52 (1) 
得点圏打率 .292 (1) 得点179 (2) 打点169 (2) HR数17( 1)

ナショナルリーグ東地区首位のPHI。 先発の綻びを打撃でリカバリーしリリーフが踏ん張るという状態にあるチーム情勢。乱打戦上等です。


Game041 matsui HR no 5

      松井秀喜 5号ホームラン 動画はコチラ


「余録」

J ・チェンバレンのレントゲン結果はネガティブ ( 陰性 )だったようです。とりあえずは一安心と言ったところでしょうか。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/281-9a9d5611
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。