スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game060 NYY@BOS [ L 4 - 3 ]

2009年06月13日 23:30

June 11, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 3 0 0  3101
Boston
0 1 0 0 0 0 0 3 X  480

7回終了時点で2点リードのNYY。今日だけはすんなりと帰路につけると思ったのですが、
そこからまたもやBOSのプロモーションビデオ様な展開に・・・・。
それも昨日、今日と1点差での敗戦。結果は同じでも特に後者の今日は指揮官の頑迷が祟っての
自滅パターン → 呪縛拭えずに勧善懲悪シリーズ8連敗。

まずはそのジラルディーの凡策から。

8回のマウンドに上がった時点で投球数100球のサバシア。前イニングの内容と球数から考えても
この回の続投に異論はない。( 今季1試合平均110球 )

そのサバシアは先頭グリーンに左安打 → 次打者ペドロイアに10球を要して結果は四球 → 無死1,2塁
→ そのまま続投でドリューに中安タイムリー。

前2打者に対しての投球を見ても変化球のキレが落ちたのは明らかでグリーンに打たれた球も
ほぼ変化のないチェンジアップ。それを感じたセルベリがペドロイアに投じた10球のうち7球も
ストレートを要求している事がなによりの異変のサイン。
その後マウンドに駆け寄るP・コーチも何の確認をしていたのか・・・これに気づいていて続投とは相当盲目的としか言いようがない。 ( ドリューを迎えた時点で球数は121球 )
( ちなみにこの8回の空模様はゲーム始って以来の一番の大雨・・・この辺のケアも皆無 )

そしてその後の継投も何とも彼らしい迷采配。 [ サバシア → アセべス → コーク ]

右のユーキリスを迎えたところで右投げのアセべスの投入 [ アセべス被安打率 : 対右打者283 対左打者.135 ]
すでに今季11Gの登板でロングリリーフの役割をしているアセべスだけに知らない訳がないこの辺のスタッツも黙殺。
( 因みにアセべスの武器は左打者へのチェンジアップ。逆に課題は球威と右打者へキメ球不足 )

後に出てくるコーク( 左投げ ) の被安打率は 対左右の何れも.205
松井に対しての処遇を見ても分かる様に[ 左打者= 左投げ ] [ 右打者=右投げ ] という刷り込みは
未だにご健在のジラルディー大先生。 この野球観はたぶん一生続いていくのだろう。


トドメはお馴染みのジラルディー流の守備固め ・・・ いつもケースでの常套手段。

現外野陣でまともなのがカブレラだけというのも致命的だがあのアタリで犠牲フライが成立するガードナーがセンターというのも同じく致命的。
いつかやるとは思っていただけに然程驚きもないがよりによってこの相手とこの場面でやらかすとは・・・。

散々だったスウィッシャーに関しては・・・特に言う事はありません。( 要は感覚の問題 )


home_sports.jpg
明日は彼にとってどんな誕生日になるのでしょうか・・・ベンチバースデーだけは勘弁。( 現地12日 )


「余録」

NBAファイナルGame 4 これから録画視聴。
こちらは散々な事になっていませんように。






コメント

  1. KMFIS | URL | -

    Re: Game060 NYY@BOS [ L 4 - 3 ]

    >松井に対しての処遇を見ても分かる様に

    「松井は左を苦にしない」

    ジラルディは試合後のインタビューで思いっきり逆のことを言ってました。
    今さら強調することでもないんですが、一応報告しておきます。

  2. 432k@1 | URL | -

    Re: Re: Game060 NYY@BOS [ L 4 - 3 ]


    > ジラルディは試合後のインタビューで思いっきり逆のことを言ってました。

    ご報告有難う御座います。

    それは松井ファンにとっては喜ばしい事ですね。

    あと気になるのは敵地でのインターリーグでの起用法です。
    そこそこ調子は上向きなので・・・過度な期待はしないでおきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/286-659d79dc
この記事へのトラックバック


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。