スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nonsensical Reflection × ウルフルズ / ええねん

2009年07月15日 21:35

▼ この唄の様な人物像に多少の憧れはある。ただ、そうなれない自信もそれ以上にある。

解釈の違いは様々。この唄を自分に対しての説法だと捉える人もいるだろう。
個人的にはその類の人間。誰かに言い聞かせると云うより自分自身に対して教え諭す感覚に限りなく近い。

〝信じていれば ええねん〟 これが単純の様で一番難しい。 

その余裕もなければ確証のない事を信じる程の根性も忍耐もない。この臆病が付き纏う限りは
〝信じる〟という事は私にとってまさに遊戯性のない苦行のギャンブルそのもの。
行動の前に事後のリスクが頭に先立つ周到さは、すでに賭場に立つ資格すらないその他大勢、
日雇い7500円を握りしめて帰るエキストラ。

〝何かを感じていれば ええねん〟 感受性は人並み以上。例えるなら栄養補給に近い。

乏しい消化機能の割に摂食過多が祟って支障を来す事もあるがそれ位でないと不安になる。
腹一杯で吐き気を誘発している位が丁度良い。それでこそ生きているという実感に繋がる。
例えそれが有毒であろうとも腹は満たされる。餓死して死ぬくらいなら迷わず毒を手に取る。

〝ええねん〟= 〝優しさ〟   「寸劇で迷演する日雇いエキストラ」

そんな都合の良い変換が許されるのなら一時的には演じる事が出来るがそれも時間の問題。
培ってきたモノが邪魔をしてそれを許す事はない・・・というのは便宜上、要は自分に余裕がないだけの話になる。


ウルフルズ / ええねん 15th Anniversary @日比谷野音





▲ この唄の様な人物像に多少の憧れはある。ただ、そうなれない自信もそれ以上にある。


結論 : それでいいやん。 ( 母国語 / 北九州弁 )






ウルフルズ活動休止 大切なお知らせ
NHK / SONGS vol.098 トータス松本 放送予定 




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/295-dc75b13e
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。