スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game109 BOS@NYY [ W 2 - 0 ] WALK-OFF

2009年08月08日 21:45

August 7, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  R  H  E 
Boston
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  040
NY Yankees
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2  291

Game109 ヤンキース 2 × レッドソックス 0 [ NYY 67勝42敗 ]

内容はご覧の通り、延長14回まで両軍仲良くゼロが28コ並ぶスコアレスの展開。
15回裏にA.ロドリゲスの73打席( たぶん )ぶりとなるHRで5時間33分を費やした消耗戦を何とか辛勝し、
BOSシリーズを2連勝。チームとしては5連勝で2位BOSとの差を4.5Gとした。

▼ 毎度お馴染みになるが打てない事は対峙する投手の状態も加味するので仕方がないと割り切る
事も出来るが、せめて好機を演出するくらいの姿勢が見たかったというのが本音。
ましては相手がベケットともなればその重要性はそのゲームの結末を左右し兼ねない程のファクターといえる。

3回裏:無死1.2塁 → 打者:カブレラ → セカンドゴロ併殺
5回裏:無死1.2塁 → 打者:カノー → ライトフライ ( 2Bランナー松井も進塁出来ず )

バントをすれば確実に得点出来るとは言わないがその確率は言うまでもなく上がる。
いくらバットが振れてる好調時の打線も素材(投手)が変われば話は別で結局はこのゲーム、ベケット
に対してチャンスと呼べるモノはこの2イニングと7回裏の松井の先頭安打したケースだけ。
その挙句、進塁打すら併殺崩れを除けば延長10回裏のカブレラのファーストゴロだけで、
やっとバントしたかと思えば延長15回裏のデーモンの送りバントがファーストフライになる始末・・・。
序盤の楽なケース or 延長の緊迫したケース ・・・どちらがよりやり易いのかは一目瞭然。その他、
代走ぺ-ニャの起用タイミングなども書きたかったが勝ったという事で省略・・・キーワードはバリテックの盗塁阻止率.114

▼ 先発A,Jバーネットは相変わらず四球は多いもののBOS打陣を1安打ピッチングの快投。
その後のブルペンもAクラスの4人衆( ブルーニーを除く )が7.1IPをスコアレスピッチ。特にアセべスと
ブルーニーの貢献度はかなり高かった。ただ昨日書いた様にあんな展開でコークを起用したばかりに
これで3日連続の登板となり明日の登板はほぼゼロ。今日3イニングを投げたアセべスもこのシリーズでは
使えない。16連戦のまだ5ゲーム目という事も含めて明日のサバシアがどれだけ踏ん張ってくれるか。
マッチアップ的にはBOS陣のブルペンの消耗を含めて明後日よりも明日をモノに出来れば
シリーズ最終日は目を瞑れるといってもよいくらい明日は重要だと思う。

Recap: BOS 0, NYY 2 F/15
A-Rod's walk-off homer
Burnett's scoreless start
Aceves' scoreless relief

A-Rod &A.J

「余録」

パイ職人・・・マウンド外でも良い仕事してます。

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/305-c7ee4a8f
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。