スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game125 TEX@NYY [ L 10 - 9 ]

2009年08月26日 21:43

August 25, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
Texas
0 2 0 5 1 0 2 0 0  10160
NY Yankees
4 0 0 1 0 0 0 0 4  9120

Game125 ヤンキース 9 × レンジャーズ 10 [ NYY 78勝47敗 ]

9回裏の遅すぎた猛追及ばず・・・TEXシリーズ初戦は当然の敗戦 → 悔やまれる敗戦に。

▼まずはだらしのなかったNYYの投手陣から。 J・チェンバレン & T・ゴーダン
先発のチェンバレンは本来の球威に戻りつつあるものの、TEX打陣にボールが高く浮いたところを
狙われ痛打されるパターン。それでもいつものスライダーを決め球に三振はとれたが今日は2死から
何故かピリッとせず失点は全て四球+2死からの7失点。 因みに何故か今年はHOMEを苦にしている模様。

HOME [ 試合数13 / ERA 4.73 / 3勝2敗 / AVG .254 / BB40 ]
AWAY [ 試合数10 / ERA 3.15 / 5勝1敗 / AVG .260 / BB22 ]

そのチェンバレンの後にマウンドに上がったのはT・ゴーダン。こちらもクルーズのHR以外は
四球絡みの2死から失点。印象的だったのはその後のクルーズに対しカウント2ストライクから
あっさりと四球だしたりと・・・内容から見ても所詮は穴埋め要因のBクラスの投手といった印象。
勿論、先発とリリーフの両面をカバーするイレギュラーな形態だけになかなかリズムを掴みづらいとは思うが
それに近い境遇であったヒューズ程のポテンシャルは素人目には見出せなかったというのが本音。


▼ラストは「当然の敗戦」から「悔やまれる敗戦」となった9回裏 空騒ぎの猛攻劇 ( 撃 )

9回裏 [ TEX 10 × NYY 5 ] 5点を追う敗戦濃厚のNYYの攻撃

安打→四球→四球→適時打→適時打→適時打( 2点 ) = 一挙4得点で1点差。

無死1.2塁 / 打席:8番スウイッシャー → 犠牲バント → 失敗 ( サードフライ )
1死1.2塁 / 打席:9番カブレラ → ショートライナー ( ランナー戻れず ) 併殺 → ゲームセット
 
結果的には最悪の併殺打でゲームは落としたが、あくまで個人的な意見を言わせて頂くと
犠牲バントの選択に異論はない。前BOSシリーズで15打数5安打のスウィッシャーだが
今日ここまでの成績は [ 三振・左飛・中飛・二ゴロ ] とヒットはおろか内容も良くない。
ただこれだけのスタッツなら強攻策に及ぶかもしれないが気になるのは下記の数字 

スウィッシャー : 今季の三振数はチームトップの100. / キャリア7つの犠牲バントのうち3つが今季によるもの。

そして個人的に一番に頭をチラついたのは今季ヤンスタでのサヨナラ劇6回のうち3回の主役が
次打者のカブレラの一撃だったという浅はかな想念と幻影・・・。
何れにしても最低限を選択した事が結果的に最低の結末を誘発してしまった事は事実。この辺の緻密さと精度の
向上が10月への課題になった気がする。

「余禄」

ショートライナー併殺・・・・1死1.2塁のあの内野シフトなら不可抗力な気がしますが・・・ また明日です。



Recap: TEX 10, NYY 9
Yankees' four-run ninth




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/311-2cc61ec5
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。