スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALCS / Game3 : Yankees 4 × Angels 5

2009年10月20日 19:58

October 19, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  R  H  E 
NY Yankees
1 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0  480
LA Angels
0 0 0 0 1 2 1 0 0 0 1  5130

ALCS / Game3 ヤンキース 4 × エンゼルス 5 [ NYY : 2勝1敗 ]

シリーズ2戦目同様に道中度外視で万歳なるかと淡い期待もあったが、伏兵にヤラれて今回ばかりは万事休す。相手先発のウィーバーよりもこちらのペティットのほうが奮闘していただけになんとも悔やまれる敗戦となった。

▼ [ NYY ] Game2 : 安打数13 / 得点圏 8-0 / 残塁12  Game3 : 安打数8 / 得点圏 8-0 / 残塁10 
この日もヤンキースは1発攻勢での得点。貧打時のHRは確かに効率としては良いが、ここ2戦の安打数から見てもその効率性は見ての通り。打順の巡り合わせもあるんだろうけど、適時打はおろかランナーを還せなかった2回.4回の拙攻はあまりに大きかった。その他、意図の感じない代打の起用法と無策で終わった9回表などその采配に冴え感じられなかった。
※ Game3の得点はすべてソロHR  ※ NYY : 21イニング適時打ナシ
※ 2回表・1死1.3塁 : スウィッシャー → 浅いレフトフライ ※ 4回表・1死1.3塁 : スウィッシャー → 三振

▼ [ LAA ] Game2 : 安打数8 / 得点圏 15-3 / 残塁16  Game3 : 安打数13 / 得点圏 5-0 / 残塁7

一方のエンゼルスもヤンキースに低調に乗じてかご覧の通り。特にこのゲームは4度の先頭出塁も進塁打すらない2度の併殺打とアブレイユのボーンヘッド ( ※VIDEO参照 ) 極めつけは10回裏の絶好機も得点ならずとイマイチ、エンゼルスらしくない拙攻っぷり。守乱で落とした1.2戦、拙攻で落としかけた3戦目といいヤンキースにとっては息の根の仕留め損なった程の敗戦と言ってもいいのかもしれない。

※VIDEO:Yanks catch Abreu センターがカブレラであって成立するアウト。ガードナーならどうなっていたか分からない。2塁のベースカバーに当たり前の様に入るテシェイラの判断も言う事ナシ。

※10回裏 : マシスの2BHで → 無死2塁
                 ↓
        アイバーの送りバントをリベラが3Bに悪送球 → 無死1.3塁
                 ↓
        フィギンズのファーストゴロをテシェイラ好捕 → 1死2.3塁
                 ↓ 
        アブレイユを敬遠 → 1死満塁
                 ↓
        ハンターのファーストゴロで本塁封殺 → 2死満塁
                 ↓
        ゲレーロがファーストゴロ → 無得点で終了

※VIDEO: ALCS Gm 3: Bottom 10th analysis ビデオを見ての通り、リベラの悪送球がさらにピンチを広げたとはいえ彼のカッターとテシェイラの好捕がなければ間違いなくここで終わってたと思う。ハンターとゲレーロが右打者だった事もありテシェイラのポジショニングが2塁ベース寄りだった事も大きかった。
それともう一つ、サードランナーにいたマシスのリードの小ささはエンゼルス的にはOK だったのか。この辺りを見てもレギュラーシーズンでのLAAのイメージとのズレは否めない。

▼ 10回裏1死 : リベラ → 11回裏 : ロバートソン → 11回裏2死 : アセべス

2死からアセべスへの継投は少ないサンプル数での対戦成績を考慮しての継投と判断するのが妥当だと思う。しかし、このイニングの2死の内容から見ると継投は不可解に見えても仕方ない。
ケンドリックを出塁させた時点での継投なら理解出来るが2死後にあっさり継投に至るあたりは今日のケンドリックの成績 × ロバートソンへの信頼度の問題だと思う。※ケンドリック : 5打数3安打1HR

※ 対ケンドリック / 対マシス
ロバートソン : 2打数1安打 / 前ゲーム2BH    アセべス: 対戦成績なし / 2打数0安打

それにしても途中からナポリに替わってマスクを被ったマシスの殊勲打・・・。 ヤラれたとしか言い様がない。
マシス : 今季 / 打率.211 / 対右 .203   ※8回表 ガードナー盗塁阻止。  


余禄・・・延長戦には不在の松井秀喜。勝利の為の選択と分かっていながらも、肉のないバーベキューを喰ってる様でなんとも味気なく感じる。私は一生、真のヤンキースファンにはなれないらしい。


[ External Link ]
VIDEO / Daily Recap: NYY 4, LAA 5
VIDEO / TV, radio call Mathis' winner



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/348-ef6ff90d
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。