スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Look back on ALCS : Yankees × Angels

2009年10月26日 22:07

yankees_win_home030619--650x180.jpg

October 25, 2009
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  R  H  E 
LA Angels
0 0 1 0 0 0 0 1 0  292
NY Yankees
0 0 0 3 0 0 0 2 X  590

ALCS / Game6 ヤンキース 5 × エンゼルス 2 [ NYY : 4勝2敗 → 2003年以来のワールドシリーズへ ]
互いに持ち味を発揮出来たとは言い難いALCSは第6戦目まで縺れたが、ヤンキースが何とか踏ん張り、6年ぶりとなる球団40回目のリーグ優勝とワールドシリーズへの出場を決めた。

シリーズを振り返ってみるとLAAは1戦、2戦、そして今日の第6戦目と失策絡みの自滅パターン。お得意の機動力野球も全快とはいかず、意外と少なかった盗塁数に加え、其の上らしくない走塁ミスもあり、自らが“持ち味”をかき消す様なシリーズとなってしまった。
そんな中、両軍にとっても予想外の働きを見せたマシスの活躍や、もう後がないGame5で先発のウィーバーをセットアップで投入したりと勝利への意地を見せるもW.Sに一歩及ばずのALCSとなった。

※ALCS : LAA 6G合計 / 失策数 7 / 盗塁数 4 / Game2 : 13回裏 TV, radio calls of Yanks' win
※走塁ミス : Game3 : 8回裏 Yanks catch Abreu   Game6 : 2回表 Swisher doubles off Vlad
※マシス : P.S 7試合 15打数8安打 打率 .583 長打率 .846 / R.S : 打率.211 HR5 出塁率.288 長打率.308 ※Game5 : 8回裏 Weaver's scoreless relief

一方、そんなLAAを下してワールドシリーズの切符を手にしたNYYも致命的となった継投ミスや、ヒューズ、スウィッシャーの不調、好機での度重なる打陣の凡退とこちらも指揮官もろもろ、盤石とは程遠い内容のALCS。特に根性と執念なき継投にはココに来て改めてほとほと感服せざるを得なかった印象が強い。

※ALCS : NYY 6G合計 / 得点圏 64打数12安打 / 残塁64 / P.S : 9G合計 / 得点圏打率 .222  
※N.スウィッシャー : P.S 9試合 32打数4安打 打率.125 出塁率.222 / 三振11 ALCS : 残塁17 
※P.ヒューズ : P.S 6試合 4.2ip 防御率.579 被安打9 自責点3 四球数2

得点圏で打てない事はレギュラーシーズンでも多々あったが、何より問題なのは打てない事よりも強攻策一辺倒でエンドランなどの工夫と策が少なかった事。特に代走を起用した場面や、2死1塁 : 打席には長打の可能性の低い非力な打者に対して攻撃手順など、動けば全てが実るとは言えないがそのまま何もしないより明らかに得点の可能性としては上がるはずで、そこで動けない理由は何一つなかった。この辺りの精度と打開策はワールドシリーズに向け再考の余地があると思う。

投手陣はズバリ太く短く。

ALCS MVP : CC サバシア Yankees Extra: CC wins MVP  間違いないです。異論ナシ。
ペティット : 2試合 / 1勝 / 12.2IP 防御率.284 / P.S通算16勝目 Yankees Extra: Pettitte's record
リベラ : 5試合 / 2sv / 7.0IP 防御率1.29 / 敗戦したがGame3の 10.19.09: Yankees Extra はホントにシビれた。



          

                                     映像提供 : Matsui's Space


何はともあれ、11月まで野球が見れるなんて … 松井ファンの皆さま、確かとその生き様とその勇姿を見届けましょう。狙う頂まであと4つ。


[ External Link ]
VIDEO : Recap LAA 2, NYY 5
VIDEO : Pettitte's strong start
VIDEO : Damon's two-run single
VIDEO : Teixeira's diving stop



コメント

  1. 樹里亜 | URL | sw2Z.TAw

    振り返れば紙一重

    あの八回の二点がなければホントにどうなってたか
    分からない試合でしたね。

    確かにらしくない天使軍団。
    ブロンクスボンバーズも瞬間はいい結果もそれまでが長すぎ。

    でも勝ってる、ってことが汁の評価に繋がるのが悔しいところ。

    彼のせいで松井が出る、っていうのも納得がいかないし。。

    なんとかしてワールドチャンピオン決定の場面は
    この目で生で見たいです。

  2. 432k@1 | URL | -

    Re: 振り返れば紙一重

    こんにちは。

    > あの八回の二点がなければホントにどうなってたか

    今日の8回の両軍の攻防は確かにこのゲームのキーポイントでしたね。

    8回表はテシェイラの好捕とカノーのポジショニングがなければビックイニングになっていた可能性
    大でした。そういう意味ではツキもあったのかも知れません。
    その裏のNYYとしてはバントの出来る打順の巡り合わせと滅多にはないカノーの四球からというのも
    大きかった様な気がします。後は言うに及ばないLAAの考えられないミス…完全に天使の心が
    ポキっと折れた音が聞こえた様な気がしました。 ホントにあれがなければ…。


    > なんとかしてワールドチャンピオン決定の場面は
    > この目で生で見たいです。

    もろに同意です。会社勤めの方はツライですよね。
    LIVEと録画じゃ全てにおいて雲泥の差ですもんね。特にLIVEはその歴史に自分が少し加担した
    様な感覚になれるのも大きな魅力ですからね。私は何があっても今年は見る覚悟でいますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/352-e3eb7a77
この記事へのトラックバック


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。