スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHO IS YOUR HERO ? #55

2009年11月07日 19:47

松井秀喜がニューヨークを丸呑みにしたあの日から2日 ・・・ あの時の妙な胸騒ぎとその後の余韻は未だに鎮静されぬままコレを書いている。

松井自身は勿論、それを見つめるファンにとっても大きな目標が7年の歳月を経て達成された至極最高な日。
9回、すでに涙をしゃくりあげながらその瞬間を見ていたが、それと対象的に最後のアウト一つを取るまで顔を緩める事のない松井の真剣な眼差しが印象的だった。それは勝ち負けの世界で鎬を削る、まさに真剣勝負の怖さを知る男の眼差しだったのだろうか。その姿が見ている者の目頭を熱くさせ、私をさらに虜にさせる瞬間。涙でピンボケしたその後の満面な笑みも一生忘れないだろう。

  BASEBALL_000918--500x380.jpg 

▼ 大事なモノを “ 持ってる人 ” - Have Faith in One’s HERO -

ワールドチャンピオンを決めた翌日の各紙面では“持ってる人”なんていう表現も何紙かあった。
個人的にはそれについては全否定はしないが、その表現には多少の違和感もあった。
ゴロキングと揶揄される頃や、苦痛の表情でレフトに座りこんだあの瞬間も、杖をつきながら平静に努めるあの足取りも、時限装置の付いた膝で激走する松井を見ても決して万事がスムーズに行く7年ではなかった。特に近年は目の前の投手と戦うというよりも、いつ不具合を起こすか分からない自分の体と対峙していた印象のほうが遥かに強い。
これで“持っている人”なんて言われても正直ピンとはこなかった。
海を渡って初めてのシーズン、ホーム開幕戦での電撃的なグランドスラムデビュー。左手首の骨折からカムバックしたゲームでの4安打。そして一昨日の独り舞台など、全てを全否定出来ないのは事実だが本当に持っているとするならば幾度と眼前に立ちはだかる困難に立ち向かうブレない強い信念 彼の言う“不動心”だと思う 。それはどんな時だろうと松井に対し、信じてエールを送り続けたファンの我々にもある、一度も揺らぐ事のなかった共通の信念。

松井 : 「本当に何かの力が働いたんだと思います」

そんなファンの信念も彼をHEROへの舞台に上げた “何かの力” の一部であってほしい思っている。

▼ 忠誠  

“チームの為に” “勝利の為に” “来る出番の為に”… 松井ファンなら何度も聞き慣れたフレーズだろう。
ならばコチラの答えは至ってシンプルだ。あの笑顔を再び見る為に、同じ山を登る松井の為に、彼の選んだ道を支持し、再び “何かの力” の一部になれる様に応援するだけ。


          最後にどっちつかずのオタクから → 1本筋の通った真のヤンキースファンへ・・・。

                   //// Thank you for a Lovely Time ////

           再び松井秀喜がピンストライプに袖を通す時が来るならば、またその時は・・・。

                                                                     
余禄・・・チームが負けた日はヒゲを剃る、勝った日は剃らずにそのまま・・・1年続けてきた妙なゲン担ぎもこれにてしばしのお休み。そして今年のヤンキース関連の記事もたぶんこのエントリーが最後です。 ふぅ~ 皆さんお疲れ様でした。

[External Link ]
STATS : 松井秀喜 / Yankees.com
VIDEO : Pulse-cam: Yankees parade
VIDEO : 松井秀喜 ワールドチャンピオン & MVP vol 1 / Matsui's Space
VIDEO : 松井秀喜 ワールドチャンピオン & MVP vol 2 / Matsui's Space
ワールドチャンピオン 頂点をつかんだ松井秀喜 / 時事ドットコム
松井秀喜 MVPへの道 / NHK : 11/7 追跡 A to Z


コメント

  1. 樹里亜 | URL | DwhSMcr.

    二度目でした。

    あの警官がキャッチしたホームラン。
    ペドロからの一発と同じ内角低め。
    一瞬見間違えました。

    キャプテンとのニラメッコも多かったですね。

    終わってみればあっという間の7年でした。
    でも50歳までやるそうですから。

    まだまだ通過点だそうです。

  2. 432k@1 | URL | -

    Re: 二度目でした。

    こんにちは 。

    > あの警官がキャッチしたホームラン。
    > ペドロからの一発と同じ内角低め。
    > 一瞬見間違えました。

    たぶんレイズのコーミエ (スライダー) だったでしょうか。
    きのうのNHKで本人も言ってましたが、変化球に対しての対応が例年以上にスムーズだった様に思います。

    > キャプテンとのニラメッコも多かったですね。

    膝ともニラメッコのシーズンでしたが、そのシーンは私も大好きでした。

    > 終わってみればあっという間の7年でした。

    好きな人と過ごす時間はあっという間ですね。それだけ私たちを夢中にさせる人物なのです。 

    > まだまだ通過点だそうです。

    勿論です。ファンもその思いでいるでしょう。

  3. KMFIS | URL | -

    こんにちは

    ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、松井のリングとMVPおめでとうございます。
    本人だけではなく、ファンの想いも含めて最高の結果になりましたね。

    来年以降は敵視される側になるかも知れませんが、
    たとえそれがレッドソックスでも僕自身は変わりません。
    単にヤンキースが好きなだけで、ライバルは対戦する全てのチームだと思っているからです。

    ただそうなった場合、見守ることはできても同じ山は登れません。
    それが唯一残念なことです。

    僕も432k@1さんとのやりとりは楽しかったです。
    批判的なスタンスを維持するのはエネルギーのいることですが、
    できればこれからも続けて欲しいと思います。

    それではまた。

    P.S.どっちつけずの...というくだりの矛先は別にあります。誤解させてしまったならごめんなさい。

  4. 432k@1 | URL | -

    Re: こんにちは

    お久しぶりです。
    家を空けていたのでコメント認証に時間がかかってしまい申し訳ありません。

    > 僕も432k@1さんとのやりとりは楽しかったです。
    > 批判的なスタンスを維持するのはエネルギーのいることですが、
    > できればこれからも続けて欲しいと思います。

    ありがとうございます。批判の裏にあるモノを理解している人間は残念ながら多いとは
    言えませんがKMFISさんの様な一途な想いが伝わる様な叱咤を心がけながらいきたいと
    思っています。何しろ私の基本となるベースを作り上げたのはKMFISさんなのですから…。

    > P.S.どっちつけずの...というくだりの矛先は別にあります。誤解させてしまったならごめんなさい。

    私自身にそのフレーズに心当たりがあったのも事実です。こちらこそ不快な気持ちにさせてしまった事、お詫びいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/359-58595cf0
この記事へのトラックバック

ことしの言葉「集大成」

「多くのものを集めて、ひとつの纏まったものにすること。また、そのもの」 まさにことしはこの言葉どおり



Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。