スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game003 vs MIN L4-2

2010年04月08日 18:45

▼4/7 Game003 : Minnesota Twins 4 @ LA Angels 2 Boxscore>>>

結果、安打数ではツインズ打陣を上回りながらも2戦目同様に序盤の好機をモノに出来ずにツインズ相手に痛い連敗。このゲームもリリーフ陣が奮起していただけに尚更その序盤が悔やまれる敗戦となった。早速、今日のゲームで気になった点をいくつか挙げてみる。

▼E.サンタナ : 6回 105球 被安打5 三振4 四球1 自責点4 HR2 (W0-L1)

先発としては何とか役割を果たした恰好だが、やはり残念だったのは4回表の3番J.マウアーに対し、ほぼ勝負を避ける様な形で四球出塁させた場面。その後の4番モウノーに被弾されたのは仕方ないとしても1死ランナーなしの場面で例え相性が悪い事がその理由だとしても簡単に勝負を避けるようでは何とも情けないとしか言うほかない。ましてはホームランを打たれた4番モウノーに対しての過去の対戦成績を見れば尚更その四球の理由が分からない。

※対 J.マウアーの対戦成績 : 17打数10安打 打率.588
※対 J.モウノーの対戦成績 : 15打数5安打 (その安打数うち2本がホームラン)
※Video : Morneau's two-run blast (4/7 MIN@LAA)

▼4/6 : Team RISP(1-for-7) LOB(7) 4/7 : Team RISP(2-for-7) LOB(7)

4番松井秀喜の3安打もエンジェルス打陣は相手C.パバーノの多彩な変化球を前にここ一番の場面で1本が出ずに敗戦。今日は特にその1本は愚か所謂″最低限の仕事″すら2回、8回の好機の場面に出来なかったのはチームとしてはやはり痛かった。
まだシーズンは始まったばかりとは云え、機動力と確率の高い野球を売りとしたエンジェルス野球だけに明日は何とか持ち味を発揮し、開幕カードをタイで〆たいところ。

▼NOTE

松井秀喜は明日のゲーム、公式戦としては2008年6月15日以来となる左翼手として先発する予定。エンジェルス先発がゴロアウトピッチャーのJ.ピネイロというのもその理由とのこと。

同カード2戦目にリリーフとして2イニングを登板したM.パーマーは当初の予定通り4/9のvsOAKでカズミアの代わりに先発登板する予定。

※The OCR : Matsui OF experiment goes live Thursday
※関連記事 : Angels : Starting Pitcher Rotation 2/2


< External Link >
Video : Recap: MIN 4, LAA 2 (4/7 MIN@LAA)
Video : Rivera's RBI single (4/7 MIN@LAA)
Video : Napoli's RBI single (4/7 MIN@LAA)
angelsbaseball.com : Nothing doing for Angels' offense

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/409-812fc9a3
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。