スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game023 vs CLE W4-3

2010年04月29日 14:06

▼4/28 Game023 : Cleveland Indians 3 @ LA Angels 4 Boxscore >>>

シリーズの勝ち越しを決めたのはH.ケンドリックによる、まさかの ″Walk-Off Bunt″

▼9回裏 - 2死1.3塁 → 7番ケンドリック : セーフティースクイズ(プッシュバント) ※次打者は8番ウッド

相手の2塁手の深い守備位置やピッチャーが右投げのC.ペレスだった事がポイントとだったとはいえ、このケースでケンドリックが自発的にセーフティースクイズを選択するのは考えづらく、おそらくベンチの指示によるものだと思うが、何れにしても全く考えすら及ばなかった、まさに奇襲劇。ましてはソーシア不在のベンチワークだっただけにその驚きはなお一層に大きかった。
一方、インディアンズのベンチは打率.188の8番ウッドではなく打率3割を超える7番ケンドリックでの勝負が裏目に出た恰好となったがウッドはこのシリーズだけで6安打、今日は無安打ながらも2割を切るウッドの存在が大きく加味したサヨナラ劇だったのかもしれない。

追記(4/30) SweetSpot Blog : Is walk-off bunt a breach of etiquette?
                      (昨日のサヨナラバントはエチケット違反(不作法) か?)

Twitterでも書いたけど、実に仕様もなく残念な議論。ノーヒッター阻止のバントでもあるまいし、ただ単に相手の準備不足が祟った結果に過ぎない。バントを処理して事なきを得たらきっと″ナイスアイデアだったよ″とか言ってるに違いない。

※Video : Kendrick's walk-off bunt (4/28 CLE@LAA)
※angelsbaseball : Howard Kendrick / Stats
※H.ケンドリック : 通算バントヒット数 4 (キャリア5年目)
※Wikipedia : スクイズプレイ

″余禄″ 今日はまさに質の低い審判に左右されるゲームでした。9回のハンターの2BHの2塁審判のジャッジ…走る方も走る方だけど、これが逆の立場だと考えるだけでゾッとするような判定。因みにソーシアの退場はこれでキャリア25度目らしいです。

※Video : Scioscia's ejection (4/28 CLE@LAA)
※Video : Hunter's double (4/28 CLE@LAA)

< External Link >
Recap: CLE 3, LAA 4 (4/28 CLE@LAA)
Hunter's three-run shot (4/28 CLE@LAA)

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/426-acb28778
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。