スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game030 @ BOS L11-6

2010年05月07日 19:58

▼5/6 Game030 : LA Angels 6 @ Boston Redsox 11  Wrap >>>

4試合ぶりとなる先制点(4点)も報われる事なく今日も敗戦。浮上のきっかけすら掴めず、チームは9年ぶりの7連敗 (2001年以来)

▼ここ7試合 : 防御率 7.83 被安打率.344 WHIP 2.11 四球数 32 合計54失点
                                             
上記のスタッツは全てA.Lのワーストの14位。連敗の全てが投手陣だけの責任とは言えないまでも、流石にここまで崩れるとゲームはおろかチームの立て直しも容易ではないのも事実。ましては打線も芳しくない今のエンジェルスにとっては、とてもワンチャンスだけでは全てを清算、またそれ以上の上積みは期待できない。今は先発の好投が勝利の条件・・・こんな事言ってる時点で勝利はおろか選手までも否定してるようで堪らなくなるが、ウィーバー、ピネイロ、サンタナのこの3人だけは何としても立て直してほしい。

※angelsbaseball.com : Pitching Stats,2010
※angelsbaseball.com : Hitting Stats, Last 7 Days 2010 (7連敗中の打撃スタッツ)

▼ここ7試合 : 失策10

負の連鎖はディフェンスにまで及び、その失策が尽く失点に繋がる悪循環。特に走者を背負った際にミスが多発する傾向が強く、それが四球絡みの走者だったりするからなおタチが悪い。
このシリーズも3戦目、ベルトレイの先制打となった3塁線の当たりだが、記録上は失策にはならなかったものの、ウッドは正三塁手で起用されている以上はせめて体で止めるくらいの姿勢は見せてほしかったというのが本音。

Video : Beltre's RBI single (5/5 LAA@BOS)
※B.ウッド : 失策数 5 (チーム最多)

▼NOTE : Team Headlines

M.イズトゥリスが肩の故障により近いうちにDL入り(15日間)する模様。(現地月曜のBOS戦での守備の際に再発) 前述したようにウッドの守備が安定しない中での、このイズトゥリスの離脱。その堅実な守備だけではなく今季はチャンスに強い打撃でも貢献度が高かっただけにチームとしては大きな穴が開くのは避けられそうもない。個人的には今のチーム状態からしてウッドよりも正三塁手が適任だと思っているプレーヤー。

※The OCR : Injury to Izturis hampering Scioscia
※angelsbaseball.com : Maicer Izturis / Stats
※得点圏打率.500 (12打数6安打) 得点圏2死の打率.800 (5打数4安打)

▼5/6 : Today's note

流石に敗戦のムードが漂うと毎度の様に静かになる Twitter のタイムライン。そんな中でつぶやいてるのは解説気取りのお気楽な外野さん達…楽勝ムードで羨ましい限りです。エンジェルスファンも負けずにこんな時こそどんどんPOSTしていきましょう。

< External Link >
Video : Recap: LAA 6, BOS 11

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/431-b2684999
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。