スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game057 @ SEA W7-1

2010年06月05日 19:24

▼6/4 Game057 : LAA 7 @ SEA 1  Wrap >>>

#55 ″Reviving″

▼松井秀喜 × June : 4試合 14打数10安打 4打点 1HR (10打席連続出塁中)

この日も3安打の松井秀喜。安打した球は全て変化球と、昨日までの内容と比べても、一歩ずつ間違いなく復調へと向かっている気配を感じ取れた打席が多かった。先制となった1打席目の2ランホームランは不調時ならほとんどが自打球になる様な内角低めのスライダーを安定してきた下半身が鋭い腰の回転を生み、上手くボールすくい上げる事が出来たバッティング。6月初めてとなる左投げとの対戦だった5打席目も、カウント0-2からアベレージヒッターの様な二枚腰でセンター前に運ぶなど体のキレの良さを伺える打席だった。

チームはこの勝利で貯金1、チームも松井もファンとしては、これがほんの束の間の気まぐれでない事を祈るばかり。

※Video : Matsui's two-run blast (6/4 LAA@SEA)
※Video :Matsui's RBI single (6/4 LAA@SEA)
※SANSPO.COM : 松井秀3安打 「芯でとらえることが大事」
※K.モラレス不在の6試合⇒38得点(5勝1敗)

▼フランシスコ・ロドリゲス × 今季(5試合) : 6IP 1安打 8奪三振 無四球 無失点

ひ弱なリリーフ陣の中で着実に結果を残しているF.ロドリゲス。持ち球は90マイル中盤のストレートとカットボール、落差のあるカーブ、スライダーで球威、制球ともにここまでは申し分ない内容のピッチングが続いている。ストレートもカット気味の球筋で左のワンポイントが不在のリリーフ陣にとって対左対策も含め、大きく期待をしたい右投げのリリーフ。但し、力で押すタイプなだけに使い過ぎには注意が必要。

※angelsbaseball.com : Francisco Rodriguez / Stats

< External Link >
Recap: LAA 7, SEA 1
Angels Video Highlights

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/445-ee066db5
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。