スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Game075 vs LAD L10-6

2010年06月25日 21:27

▼6/25 Game075 : LAD 10 @ LAA 6 Wrap >>>

″乱ners High ″

走塁において最も大事なのは技術や足の速さよりも、その状況において最も的確で有効的な判断が瞬時に出来るかの能力に尽きるだろう。どんな大打者や俊足が売りのプレーヤーもその判断能力が無ければ相手や運まかせの走塁になり、好機はおろかゲーム全体のリズムを失い、戦犯になってしまうケースもよくある。もちろん走力においては″経験″や所謂″センス″の有無も否定できないが、このシリーズでのキーとなった走塁はそのレベルでの話しではなかった。今回はそんな″乱ner″達を振り返って見る事にする。

▼6/24 Game074 : Video Rivera's heads-up defense 

2死とはいえ流石にあの当たりで3塁挑戦は間違いなく暴走塁。ビデオで確認は出来ないが、おそらくレフト前への打球を考えるとランナーコーチの指示はノーサイン。仮にそのまま駆け抜けたとして2.3塁間で挟まれる形なら本塁に向かうジョンソンは生還出来ていたはずだが、いずれにしても勝敗を左右する無謀な走塁だった。ただ一つだけどうにもならなかったのはその判定が誤審だった事だが、そもそもこの暴走がなければこんな劇的な結末(誤審)を迎える事もなかっただろう。

▼6/25 Game075 : 1回裏 2死2塁(打者・松井秀喜) 2塁走者・ハンター⇒ 3塁盗塁失敗。

今季度々見られるこの3盗失敗のシーン。相手がナックルボーラーだという事や0-2というカウントがその盗塁の理由であったとしてもこのケースで2塁にランナーがいる事と3塁とではどれくらいの優位性の変化があるのだろう? 
因みに今季のハンターは3盗塁失敗はこれで3度目。

※T.ハンター(盗塁数/失敗/SB%)(6/8/43%)

▼6/25 Game075 : Video Dodgers get a rundown

すでに理解不能。アウトになった直後、ランナーコーチがウッドに駆け寄るところ見るとおそらくウッドのサインミスではないかと思うが、ウッドの足を考えてもやっぱりはっきりとした真意は分からない。正直これについては状況判断云々のレベルじゃない。


< External Link >
Video : Recap: LAD 10, LAA 6
Video : Matsui's RBI single

< External Link 2 >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/451-4f6f1192
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。