スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angels : Weekly Report (July 8, 2010)

2010年07月09日 20:01

▼7月の得点数 : 2○→1X→2X→11○→2X→1X→2X→0X (7/1~8) ※○=勝ち X=負け

打撃好調だったチームも7月からは一転、打線は沈黙モードに突入。松井秀喜やアブレイユのスランプに加え走塁ミスやサインミス・バント失敗など、やるべき事を怠った挙句、逸機するという悪循環がもろに結果に反映した恰好だ。それはモラレス不在によるの影響や6月の反動などと言った尤もらしい理由も通用しない明らかな拙攻だったという事も付け加えておくと同時に、今日のサンタナの完投を含め先発陣の好投を見殺しにした敗戦だったという事も強調しておきたい。

※Video : Kendall tags out Hunter (KC@LAA)
※Video : Pierzynski's strong throw (LAA@CWS)
※6敗のうちの4ゲームがQS(クオリティースタート)勝ちゲームを含めれば計6ゲームのQS

▼P.マクナルティー(1塁手) & C.オルドリッジ(外野手) ⇔ R.クィンラン(1塁手) & S.オサリヴァン(リリーフ)

マイナーから2人の野手をコールアップ。リベラの視覚障害や、低調した打線の事も考慮しての昇格だとは思うが、ハッキリ言ってここまでは参加賞クラスの能力といった印象しかない。特にマクナルティーに関しては昇格後の三振数が示す通り、基本的には変化球で50%、それに加え左投げであればほぼ確実に打ち取れる様な印象のスイング。出塁率の乏しく、軟投派に苦戦するチームが求める様なタイプの打者にはとても見えなかった。               

そんな苦肉とも言えるコールアップをせざるを得ないチーム状況。6月は効果覿面だったソーシアの日替わりオーダーも拙攻続きとハンターとケンドリック頼みの打線ではさすがにその効果も望めそうにない。
オールスター・ブレイクまで残る3戦。今年は家主がサブで1名と少し寂しいオールスターだが、それが各選手にとって良き休養になってくれればそれはそれで良い。

浮上のきっかけを掴めずにいる松井秀喜に関しては後日改めて書く予定。

※Angelsbaseball.com : Paul McAnulty / Stats
※Angelsbaseball.com : Cory Aldridge / Stats
※マクナルティー : 4試合(11打数1安打 9三振)
※関連記事 : Game066 @ LAD W6-5

< External Link >
Twitter : ura432ka1 on Twitter
Baseball Blog : MLB×BLOG



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/461-df0d772c
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。