スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Athletics : Game009 @ MIN W5-3

2011年04月11日 20:26

▼Athletics 5 @ Twins 3 (April 11, 2011) Wrap >>>

A's 今季初の勝ち越し

▼B.マカーシー: 2試合 (15.1IP) 四球 1 ゴロアウト数 22 フライアウト数 4

不安視されていたマカーシーが予想に反し、内容のある好投を続けている。前登板時は味方の失策と救援失敗で勝ち星を逃したが、先発としては十分に役割を果たした内容だった。今季初勝利となったこの日も低めを意識した丁寧なピッチングで安定感のある制球力を披露(無四球)。ビデオを見てもらえれば分かる様に、長身から投げ下ろされるスライダーのキレがとにかく抜群。今季初のスタメンマスクとなったパウエルのリードもコーナーを上手く使った配球が印象的だった。個人的にはゴロレートの安定(維持)が彼の好不調のポイントなのではないかと思っている。

※マカーシーは09年9/8以来となる勝利
※2試合: 被安打数17 被安打率.288

▼4番 松井秀喜 今季第1号HR
G009.jpg

ここ最近の松井の状態を見ても、当分ホームランは出ないと思っていた。右ひじ(脇)が開き、ヘッドが下がる。バットの軌道は波を打ち、インパクトの瞬間はバットがボールを下から迎えにいく、不振時によく見る光景が続いた。甘い絶好球も捕えられなかった事も多かった。これでは長打はおろか強く伸びのある打球は期待できない。そんな最中の第1号…意表を突かれた松井ファンも少なくないと思う。その内容はヘッドを利かせたどちらかというとコンパクトなスイング。それでも飛距離は121M(推定)と申し分ない。ただ、その後の4.5打席目(5打席目は記録ナシ)のスイング(振り遅れ)を見ても、それほど何が変わった様には思えなかった。

ここまでのゲームを見ても、先発は予想以上に優秀なのが分かる。あとは打線が奮起するのみ。意表を突かれようがなんだろうが主役(松井)のバットが勝敗に与える影響はかなり大きい。

※松井秀喜: ターゲットフィールドでのHRはキャリア初。
※9試合: チーム打率.233(9) 得点数 29(11) 先発陣の防御率 2.47(1)  ( )はA.Lランク

▼Up Next for Athletics (4/12 @ CWS)
明日はブレイデン×バーリーの完全試合達成者同士のマッチアップ。相手先発が左腕という事もあり、ゲレンはジャクソン&ラローシュの起用を示唆。松井秀喜の出場が気になるところ。

▼Video
Recap: OAK 5, MIN 3
McCarthy's strong start
Matsui's solo home run
Willingham's solo home run

▼松井秀喜
nikkansports.com: 松井とびきりの笑顔で「いい打球だった」
Sponichi Annex: 松井 繰り上がり 初の4番で1号「ラッキーだった」
Sportsnavi: (4/11 @ MIN) 松井秀喜 全打席詳細

▼External Link
Twitter: 裏432ka1(ura432ka1)on Twitter
Baseball Blog: MLB×BLOG



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/490-f7bd37fb
この記事へのトラックバック


Latest articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。