スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤和義 : 歌うたいのバラッド

2008年09月05日 23:00


悪事を働けば、その倍となって自分に災難が反って来る様に・・・・。

愛する人が無意識のうちに夢の障害になっていると気づいた夢追い人の様に・・・。

夏になるとアナタの町に稲川淳二がやって来る様に・・・・。


それは偶然を装った必然的な事情。そんな心理が働きかけたかは別として、
私にも、12ヵ月、365日中に必ず、単発的ではあるものの、聴きたくなる歌がある。



斉藤和義 : 歌うたいのバラッド



私には例え愛する人でさえも、「愛してる」なんて恥ずかしくて口には到底出せない性分だ。

だから、この歌に出てくるフレーズの一つ一つが羨ましく思える。


               本当のことは歌の中にある
            いつもなら照れくさくて言えないことも

         今日だってあなたを思いながら歌うたいは唄うよ
       ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれ

                    「愛してる」


時として「歌」は自分の性質と裏腹な代弁者となって、相手の心に届く伝達手段となる。

今の自分を投影しているかは別として、間違いなく私の中の「勝負ソング」だ。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kkk1231zenhitei.blog53.fc2.com/tb.php/56-8725d7e9
    この記事へのトラックバック


    Latest articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。